「ドラム」カテゴリーアーカイブ

注文していた、ハイハットが届く!

IMG_20160130_014636

先週MAXTONEのジュニアドラムを買ったことをお伝えしました。

子供用で1万円台ですから、馬鹿にしていたのですが、これが馬鹿に出来ないドラムセットだったので、奥さんも練習したいということで、最初の写真に写っているとおり大人用のドラムスティックを買ったんですね。

ただ、ハイハットについてはMAXTONEのジュニアドラムセットに純正でのハイハットがないので、ジュニアドラムを馬鹿にしていたこともあり、本気で大人が練習するとかありえなかったのですが、想定外に良い音がでたので、これはハイハットが欲しい!!となって、追加でジュニアようのハイハットを注文していたんですね。

さて、本日開封して、びっくり!。今回はPerlのものですから、もう本物です。実際にライブで使えるだろうという商品が届きました。金額は合計で8000円台ですが、かなり使えます。かなりいい音がでました!!いえーい!!

私がバンド活動をしていたころは、ドラムを叩ける人を探すのがものすごく大変で、かつやっていたとしても、高校生からあるいは大学生から始めるというドラマーが多かったんですね。

我が家の次男は、どこまで興味を持つかはわかりませんが。8歳からドラムを叩くことになります!!

これで私の部屋にはピアノ、ギター、ドラムと揃いました。ベースがそろったら、もうスタジオです。

ですが、残念なことがひとつあります!?

それは難でしょう?

わかりますか?

スタジオとして機能させるには、

防音室化

必要なのです。本気でセッションし始めたら、マンションは厳しいでしょうね。

ということで、グランドピアノを買って、防音室にしてしまっても、バンドとして使うならもうちょっと長く使えるのでは!?とかいう皮算用で、どこまでいくんでしょうね・・・我が家

アマ音楽一家になるんだろうかぁ!?という淡い期待もこめて、本日のブログとさせていただきました。

それではまた明日!!

あー、次の日曜日は仕事になってしまいました。

「Chigyo Piano」改め「Chigyo Drum」!?

次男用のMAXTONEのジュニアドラムを買って、誰が一番使ってるかと言えば、それは、奥さんと私。

「教えるためには親がある程度できるようにならなきゃ」(?)

という口実で、ドラムをやっちゃう奥さん。お気に入りのドラムの先生をYouTubeで見つけてきました。

確かに、わかりやすくて、いい感じの先生ですね!!

スティック小さくて使いづらいとまで言う始末。。。当たり前ジャン、ジュニア用なんですよ。

私も自分のギターをとってきて、軽くセッションしちゃいました。意外と使えるんですよこのドラム。

久々のドラムとのセッションに、始めたころ学生時代を思い出しました。

しばらくして、奥さんが飽きて叩くなったら、今度は私が練習をしてました。

ひどい話があって、わたしが叩くと近所迷惑だってね、怒られるわけで、、、

客観的に聴けばそうだな・・・ということで、消音対策をしてみた。

これがひどーい!

IMG_20160123_142132

生活観でまくり!!

でも、こんなんで、かなり消音できるんですね。

しかし、ここまでやっちゃうと、もうこのページじゃなくて、「Chigyo Drum」を作らなければとなってしまいますね。

まぁ、次男が上手くなったら「Chigyo Drum」も始まるかもしれません。

長男はピアノ、これは変わらないので、まだ「Chigyo Piano」は続きます。

今日は「10才のありがとう」を練習中。まさに今、指番号決め中だとか。

3日目で、もう歌いながら練習してるって。。。まだ、全部ひけてないけどね。

私が欲しかった昔ほしかった才能

・絶対音感

・歌いながらの伴奏

・ピアノ演奏能力

全部もってるやん。。それだけでうらやましいのであーる。

結局ハイハットも買うことに・・・!!

さて、部品が足りなかったMAXTONEのジュニアドラムセットですが、今日タムのヘッドも届き、敏速対応いただけて、ホッと安心しています。

それと今日実際に次男と長男の千本桜セッションがあり、どうやら長男と奥さんで、次男君がドラマーになるように、おだて中らしい。

まだ、リズムは刻めないけど、それっぽい感じが出てるので、どうにかなるのでは!?という奥さん判断で、ハイハットも買っておこうということになってしまいました。

ところが、ところが、このMAXTONEのジュニアドラムセットには純正のハイハットが存在しないんですな。上に紹介しているのは、あわせて別の会社が作ってくれてるものです。

で、他にないかと探すと、Perlからジュニア向けのハイハットがあるんですね。

これに、ZENNの10インチのシンバルを挟んだほうがコストパフォーマンス的にはよいというんですけど、悩むところですね。

最初っからセットのものを買っていれば、2万円でおつりがくるくらいだったのに、送料とか何やらで数千円は超えちゃいますからね。。。

だったら、Perlのジュニア用がいいんじゃないかと思うんですが、シンバルもまともにすると1万円超えです。

もういっぺん次男の意見を明日の朝でも聞いてからきめまする。

ジュニアドラムの開封&セッティング

昨日欠品のあったMAXTONEのジュニアドラムですが、梱包不良につき、白タムのヘッドは別途配送ということで、現品戻し対応でないことが決まりました。

ということで、開封しセッティングしました。

これが、なかなかでしたね。

はっきりいって簡単ですが、なかなかという、なかなかは音と操作についてです。

本物のドラムセットは、体重の重い大人が使うように設計されていますから頑丈なわけですが、こちらはジュニア用でちゃっちぃわけですが、音はそれっぽいんです。

1万4千円程度で、かなりそれっぽい値段で売ってくれていて、ちょっと驚きです。

まぁ、部品が入っていないという、致命的な問題もありますが、対応してくれるそうなので、であればまぁ我慢できる範囲だと思います。

ちなみに、このドラムセットのメイン利用者と想定される、我が家の弟くんは、まだ触っていません。

いまかいまかと楽しみにしてそうですが、今日は早く寝てもらいました。

ということで、久々に、私の方でドラムを叩いてみましたが、使えますコレ。大人は無理ですが、ダンボール叩くよりは意味あります。確実に。

こんなにしっかりしてるなら、子供が5歳からこのドラムを触らせてもいいなぁと思いました。

ちなみに、どうせ買うなら、ハイハット付が、よかったみたいです。私は、ハイハット無しを買いましたが、なかなか使えるドラムセットなので、あったほうがよいと思います。