かっこいいにこだわる

かっこいい道具にこだわってはいるが、ルアーの使い方がそもそも間違っていて釣れない

ルアーフィッシングの道具はどれもかっこいいです。

しかし、良い道具を使ったとしても、釣れている人と釣れない人の差が歴然とあるのも、ルアーフィッシングのおもしろいところです。

私が中学生のころにバス釣りにハマったのには、実はルアーフィッシング=かっこいいという憧れがあったからだったので、道具にこだわってカッコよく釣りを決めたい、その気持ちはわかります。

かっこよくルアーキャストし、リトリーブを繰り返す。
自分のキャストのフォームや、リールを巻く音に惚れ惚れし、ルアーを引きまくる。
鮮やかに魚をヒットさせ、手元に魚を寄せる

しかし、そんなかっこいい感じのイメージでルアーを投げているのに、実際は、釣れないルアーマンをよく見かけます。

あまりかっこよくはないですよね。

その隣で、私は地味ですが、ルアーで着実に魚を釣っていたりします。そこに、どんな違いがあるんでしょうか。

このページでは、ルアーで魚を釣るためのエッセンスを少しばかり紹介したいと思います。あなたは、一回のキャストで、どれだけの情報を集められていますか?

かけだしルアーマンのよくある勘違い

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト