「Tackle」カテゴリーアーカイブ

確実に釣果に差がでるルアーフィッシングの基本【特別公開】

ここ連日荒川リバーフィッシングをやってみての思い込みではなく、これまで様々なルアーフィッシングをやってきて自画自賛で恐縮ですが、人よりも数多くの魚をとってきた自負があります。

そうなれた理由は数多くやってきたからでもあるし、経験という部分もあるわけですが、それが無くても「確実に釣果に差が出るルアーフィッシングの基本」があると思っています。

初心者でもすぐにできる、その基本をお伝えしたく、今回は記事にしたいと思います。

釣果に差がでるルアーフィッシングの基本とは?

これから私が伝えようとしていること「釣果に差が出るルアーフィッシングの基本」ですが、これは当たり前のことなのですが、できていない人が実は多いです。

連日ルアーフィッシングをやっていて釣れていない人の様子をうかがっていると、確実にそれが当てはまるなと思って私は見ています。

その基本が、どんなものなのか少し考えてみてください。

どんなものだと思われますか?

おそらく釣れている人にとっては、あたりまえの常識なので、面白い話ではありません。しかし「釣れない、ルアーは釣れないのでは?」と考えている人には、ぜひとも知っておいてもらいたいと思っています。

釣果に差がでるルアーフィッシングの基本を特別公開

私はルアーフィッシングを始めたばかりの10代では、釣果に差が出てしまうので、この基本を誰かに教える気にもなりませんでしたが、今やたくさんの魚をルアーで釣ってきたこともあり、むしろ皆さんに釣ってもらいたいと思っています。

それでは、特別に基本をお伝えしましょう。

それは、これです。

アー製作者が意図したとおりのルアーの使い方を実践する

です。たいしたことはありません。たったこれだけのことなのです。

できてますか!?、できてる?、それとも意味がわからない!?

なぜ、こんなことを書くかというと、ルアーを投げて同じスピードでリールを巻くだけの人が、あまりにも多すぎるからです。

パッケージの裏側や説明をよく読み、ルアー製作者がどんな意図をもってルアーをデザインしたか確認していますか?

ルアーチェンジをしても、同じ場所にルアーを投げ、同じルアーの動かし方を続けるという人がたくさんいます。これは、ルアーが持っている特徴を殺してしまっているのと同じだと私は感じています。

どんなルアーでも同じ動かし方では、釣れないに決まっています。同じようなパターンで釣れる魚を狙うことになるのですから・・・

ルアーチェンジ行ったのに、ちがうパターンで釣れる魚を逃してしまいます。

しかし、この基本が、できていない人があまりにも多いのです。おそらくわかっていない人ほど、この話がピンとこないだろうと思っています。

ミノーのリトリーブスピード

ミノーは表層を狙っている魚を釣るためのルアーです。そのため、泳いでいる魚たちのスピード、あるいは弱った魚を演出するスピードが、一番よいのです。

しかし、これだけではありません。その製作者が、どんなターゲットの釣ることを目指し、そのルアーをデザインしたかが重要なポイントになります。

ミノーにはもれなくリップがついています。これは若干水面下に潜るための効果も生み出しますが、水の抵抗を受けて、バイブレーションのように振えるアクションも合わせて行っています。このリップの大きさは、メーカーによって異なります。また、ルアーの形状も様々あります。

そのため、ルアーのスピードを製作者の意図にあわせるなら、この水の中での振えが適度にかかるスピードがベストになります。

制作者が意図したスピードにマッチしたスピードでミノーが動かせると、その振動はラインを伝わって、ロッドの先端に伝わってきます。それを感じることができるはずです。

バイブレーションのリトリーブスピード

バイブレーションほど振動がロッドに伝わるハードルアーはありませんが、適切なルアースピードというのを学ぶのには、最適なルアーでもあります。

バイブレーションプラグの振動はスピードによって変わってきます。リトリーブスピードが早いと、振動も早くなり、より小刻みに振るえます。一方、リトリーブスピードが早すぎると、この振動の安定感がなくなってきたり、遅すぎると今度はうまく振動しなかったりということがでてきます。

リトリーブスピードが釣果に確実に影響します

釣れてる人と釣れていない人の差は、どのコースで、どのように魚を誘惑したのかがポイントになります。

魚の目の前で、より魅力的な演出ができたルアーには、間違いなく魚は飛びついてくることでしょう!

もしも、釣れないという悩みを持っている方がおりましたら、リトリーブスピードを考え直してみてください。

よいリトリーブスピードでは、ロッドに伝わる情報が、よりよいことが多いです。

タックル

タックルのカテゴリーではルアーフィッシングに必要なロッドか・リールからタオルといった日用品まで、ルアーフィッシングに必要なものからあると便利な道具の話題を扱います。

ルアーフィッシングに必要なタックル

ソルトウォータールアーフィッシングで絶対に必要となるタックルを掲載します。エサ釣りで言うところの「釣竿、糸、釣り針、ウキ、エサ」があれば成立します。

  • ロッド(釣竿)
  • リール
  • ライン(糸)
  • ルアー (釣り針、エサ)
  • フロート(ウキ)

ロッド

初めての方向けに、ロッドの選び方の記事を書いています。予算と長さと対応ルアーウェイトを中心に記載しています。

ロッドの選び方

リール

同じく初めての方向けにリールの種類について記事を書いています。リールはスピニングリール一択で、スプールのサイズ、ドラグ力、巻ルアーを巻くスピードで選びます。

ルアーフィッシングのリール

ルアー

ルアーの種類別に紹介しています。

ルアー

おすすめタックル
予算別におすすめのロッドとリールのセットを紹介しているので、参考にしてください。

予算別おすすめルアーフィッシングセット

ルアーフィッシング必須ツール

ルアーフィッシングをする際に、ほぼ必ずと言ってもいいほど必要となるツール類を紹介します。

  • ハサミ
  • フックリリーサー
  • プライヤー

ハサミ・ラインカッター

ルアーをセッティングする際には、ルアーを結んだときに余ったラインを切るためのハサミは必須になります。

ラインカッター

ハサミに関して
※ルアーフィッシングにおいて、余分な糸はライントラブルの原因となりますの必ず切り除きましょう

※PEラインは専用のハサミが必要となります

フックリリーサー(針はずし)

魚に針を飲まれたり、はりがはずしずらいところに刺さっていたとしても、てこの原理の働きで、比較的簡単に針をはずすための道具です。

フックリムーバー(針はずし)

魚のトゲに注意
釣った後の魚の針を外すのに、常にフックリリーサーはいらないかもしれませんが、海の魚にはとげが多く、素手で触ると手を傷つけることも多いので、フックリリーサープライヤーは必須としたいところです。

※毒を持っている魚を釣ってしまうこともあるので、余裕があれば対処するグローブやツールも持っておきたいです。

プライヤー

スプリットショット(おもり)をつけたり、針の曲がりを直したり、外しにくいはりをはずしたり、何かと使う道具がプライヤーやペンチです。

ルアーフィッシング便利ツール

手で直接魚を触るとどうしても魚のヌメりが手につき、ベタついてしまうので、釣った魚はできればフィッシュグリップ等でつかみたいです。

堤防で釣りをするときは、義務付けられてはいませんが、海に落ちることを想定するなら、ライフジャケットもできればするようにしましょう。乗船する際は必須です。

  • フィッシュグリップ
  • グローブ(手袋)
  • ライフジャケット
夜釣りをする場合は
夜釣りになるためヘッドライトがあったほうが良いです。

懐中電灯でもいいのですが、手がフリーになったほうがルアー交換も素早くできるなど多くのメリットがあります。岸からのショアゲームの場合、足場がよい場所ではライフジャケットはいらないと思われるかもしれませんが、不注意による海への転落、津浪などを考えると、ライフジャケットは身につけて損はありません。

魚をお持ち帰りするときに必要な道具

魚を持ち帰る人は、次のようなものが必要となります。

  • クーラーボックス/クーラーバッグ
  • 保冷剤(氷)
  • ビニル袋
  • バケツ
  • ナイフ(万能ばさみ)

釣った魚を冷やして持ち帰るための、クーラーボックス保冷剤。魚を分別して持ち帰るためのビニル袋。鮮度を保った状態で魚を持ち帰りたいなら、魚を締めるためのナイフバケツも必須です。

釣りに慣れ、数が釣れるようになったら保冷能力の高いクーラーボックスを持っていきたいですが、荷物が重くなるので、歩き回ることの多いルアーフィッシング向きではありません。

車で釣りにいかない方は、魚が釣れた時にだけ使える、折り畳み式のクーラーバッグなどが、重宝すると思います。

その他日用品

  • タオル
  • カバン

エサを使わないルアーフィッシングであっても、 釣れた魚を触ると海水や魚体のぬめりに触れることになり、何かと手がよごれるのでタオルは必ず持っていきたいです。

また、道具類を入れるカバンも必要ですね。便利なタックルボックスなど、多種ありますので、釣りのスタイルに合わせて選択したいです。