【バス・ギル】東京拘置所前の釣り禁止の水路付近でルアーを投げている人が( ゚Д゚)「魚いるの!?」

五反野親水緑道や五反野コミュニティ公園などコイが泳いでいる公園の先にある、東京拘置所の前の用水路。この用水路は小菅万葉公園まで続いています。明確に釣り禁止と書かれているところが多いのですが、小菅万葉公園あたりはグレーゾーンということもありなんとルアーを投げている人がいました。果たして釣れる魚がいるんでしょうか?

目次

  • 東京拘置所の周りには癒しの水路がある
  • あれ!?、この用水路コイしかいないはずでは?
  • グレーゾーンには釣り人がいたりする
  • ルアーで釣れる魚いるの??
  • バスが見えるとルアーを投げたい気持ちはわかるけど…
  • 荒川でシーバスを狙おう!

東京拘置所の周りには癒しの水路がある

東京拘置所と聞くとネガティブなイメージを持つ人も多いかと思いますが、実際に東京拘置所の前に行くと近くに用水路があり、また、五反野親水緑道五反野コミュニティ公園など、近くにはたくさんの公園があります。

東京拘置所、という場所にもかかわらず、水辺や植物の緑が、東京拘置所というネガティブなイメージをすごく緩和してくれており、思いのほかイメージが悪くない地域になっていたりします。

あれ!?、この用水路コイしかいないはずでは?

この用水路は、そこそこの透明度があり、以前からコイがいることを知っていました。

また、餌付けをしている人がいるのか、橋の上から下を覗いていると、あちらこちらからコイが集まってきたりします

ほとんどのコイは黒いコイなのですが、ときどき錦鯉っぽいオレンジ色の観賞用のコイなどがいて、東京拘置所得の前の水路だというのに、どこか癒しを感じてしまいます。

グレーゾーンには釣り人がいたりする

この用水路や、五反野親水緑道や五反野コミュニティ公園などには、つり禁止の文字があり、実際に釣り人が糸を垂れているところを見かけたことはほとんどなかったのですが、今回通っていると・・・小菅万葉公園の当たりで、ルアーを投げている人がいました

ルアーで釣れる魚いるの??

上の写真をご覧ください、小菅万葉公園あたりの水辺ですが、浅く、釣れる魚なんていない感じなのですが…

この写真では、水面の反射で残念ながら映っていないのですが、ブラックバスがおりました。

さらには、用水路側ではありますが

エサを求めて集まるコイの周辺にブルーギルだと思われる15センチくらいの魚が2匹もいました。

バスが見えるとルアーを投げたい気持ちはわかるけど…

ブラックバスやブルーギルがいるとなると、ちょっとしたワームなどを投げてみたくなる気持ちはわかりますが・・・

東京拘置所の前の水路は、先ほども出した通り

釣り禁止です。

小菅万葉公園のあたりは、すごく公園も狭いので、目立つような場所に「つり禁止」の看板は見当たらないのですが、つながっている水路となると・・・おのずと禁止のような気がするのですが

荒川でシーバスを狙おう!

東京拘置所のすぐ隣には、巨大な荒川があります。そして、ここは釣りが許可されています。

週末たくさんの釣り人が訪れます。

グレーゾーンで、見えるバスを狙いたい、気持ちもわからないこともないですが、荒川で、シーバスが狙えますから、釣り人に対するネガティブなイメージがつかないように、あまりグレーゾーンでの釣りはしたくないものです。

釣り人は、ルールを守らないからなぁ

なんて声を時々聞くと、守っている釣り人としては悲しくなるものです。

荒川で、シーバス釣れてますよ!

よろしければシェアをお願いします!m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です