「シーバス」カテゴリーアーカイブ

【シーバス】荒川での勝負は1時間以内でケリをつける「なんで!?どうして!?」

私が荒川で釣りをするときは1時間以内で釣りの決着をつけるようにしています。もちろん海まで遠征して釣りをするときは、1時間どころか、夕方から翌朝まで釣りをすることがあるわけですが、なぜ、荒川で勝負をするときは1時間と決めているのか、その理由を書いてみたいと思います。

続きを読む 【シーバス】荒川での勝負は1時間以内でケリをつける「なんで!?どうして!?」

【シーバス】休日限定 日中干潮時間の荒川「釣りに行くべきか・行かざるべきか」

2019年9月28日の本日。夏から秋になり、日中の釣りもできるシーズンになってきたところなのですが、 干潮が10時頃ということで、週末ルアーマンが 釣りをするのはちょっと微妙な時間帯ということで、この10時ごろの荒川シーバスの様子を偵察にいってまいりました(*’ω’*)

続きを読む 【シーバス】休日限定 日中干潮時間の荒川「釣りに行くべきか・行かざるべきか」

これまでシーバスをルアーで釣って一番おいしかったシーバスはどこの海のシーバスか?【知らないと損する味の違い】

シーバスという魚は海でも河川でも釣れる生息域が幅広い魚ですが、だからこそ釣った場所によって味が違うっていうのを食べている人はわかっていると思います。いつも同じ場所で同じ魚を釣って食べていたら気づかないのですが、異なる海で釣った魚をくらべると全然味が違う。そんな話を今回は書いてみたいと思います。

続きを読む これまでシーバスをルアーで釣って一番おいしかったシーバスはどこの海のシーバスか?【知らないと損する味の違い】

【シーバス】日曜日の満潮の荒川でシーバス釣りをしてわかったこと…

この日、日曜日の朝の6時30分が満潮の時刻になっていました。暑い日中だと釣りにならない夏本番。こんな時間に満潮があるなんて奇跡ではないか!!ということで、すぐさま釣りの準備をして、自宅を出て荒川に釣りに行ってきました!満潮時の荒川の釣りがどんなものだったかを今回はレポートします。

釣行日:2019年8月4日

続きを読む 【シーバス】日曜日の満潮の荒川でシーバス釣りをしてわかったこと…

荒川の夜釣りで「ガサゴソ音」・・・もしや!?その正体は

荒川で夕マズメを狙って釣りをしていたときのことです、だんだん暗くなり、風も出てきて、少し肌寒くなり、ちょっとすると暗闇が広がります。そんなときに、あたりでガサゴソ音がするんです!夜の遅くに、ガサゴソ音・・・そして、遠くで人の叫び声・・・もちろん実際に人がいるんだと思うんですが・・・夜ですから、すごく気になります。そんなお話です。

夕マズメは真剣でやれます

夕マズメの時間帯は釣り人も多く、ぜんぜん明るいですから、釣りに集中することができているものです。

空をながめていてもきれいです

リトリーブしながら、時たま見る空は、なんて美しいことだろうかと、たとえ釣れなくても、時間を楽しめます。

ところが・・・・

音が聞こえるんです

夕方が過ぎて、だんだんあたりが暗くなり、闇夜の気配が近づいてくると・・・少し冷たい風が吹いてくる

さらには、人の叫び声が聞こえたりするのです・・・

って、釣りをしていると、ガサゴソ!

ガサゴソ!

ガサガサ!

!?!?

(。´・ω・)?

って音がし始めます。

誰か近づいてきてるの!?ってなるわけです・・・

猫!?にしては、数が多いよね!!

と思いながら、その場所にいくと・・・

気になって近づくと・・・

何が動いているのかわかりました・・・

そう、そこには無数のカニがいたのです。明るい時には全然いなかったのに・・・

こいつらです

正体は、ベンケイガニ

荒川の下流部には、このベンケイガニがたくさん生息しており、こいつらが音の正体でした。

ちなみに、ベンケイガニは食べるという習慣がなく、食べても美味しいものではないので、採取されることなく、たくさん住み続けているんだと思います。

時々見る、地面に空いた穴なども、実はこいつらの穴だったりするということに、最近気づきました・・・

荒川には、まだまだ、知らない生き物がいるんだという気がしますね

荒川のシーバスはどんな味か!?「荒川のセイゴを干物にして食べる」

荒川で釣れた20センチ程度のシーバス=セイゴと呼ばれるサイズですが、これを生きたまま持ち帰り食べることにしました。いろいろ食べ方を考えましたが、今回は干物にして食べてみました。どんな味だったのかレポートします。

続きを読む 荒川のシーバスはどんな味か!?「荒川のセイゴを干物にして食べる」

【いまさら!?】荒川でルアーを使いシーバスを釣るための3つのポイント

荒川でシーバスを釣ることはやや難しいとされていますが、私は最近約4回の釣行でシーバスを2本釣り上げることができました。これはこれまでのルアー釣りの経験ラッキーもあるとは思いますが、いくつか釣るためのポイントがあると感じました。

そのポイントを今回は特別に掲載したいと思います。

荒川でシーバスを釣るためのポイント

  • 潮位が高い時間を攻める
  • 魚が通りそうな場所を攻める
  • 粘ってダメなら移動する

これら3つの簡単なポイントについて解説をしていきましょう!

潮位が高い時間を攻める

もっとも大事なことは、潮位が高い時間を攻めるです。これは魚がショア(岸)に近づいてくることが可能だからです。

荒川は、潮の満ち引きにより2メートルから3メートルの水位の差があります。水がないと魚が岸によらず、ヒット確率が大幅に下がり釣れないです。

ロングキャストをしても、なかなかヒットしなくなります。

魚が通りそうな場所を攻める

荒川の中心に向かってルアーを投げルアーをひいてくるというルアーマンは非常に多いし、みんなが同じようにやっているので、同じようにやるのが一番いいんじゃないかと思っている人は多いと思います。

しかし、潮位が高い時間帯は、護岸にも十分な水量があるので、岸の護岸を泳げるのです。そして、沿岸には護岸という壁があるのです。そうすると、壁に沿って泳ぐという魚の通り道ができるのです。

荒川の中心に向かって投げ、中心を回遊している魚を狙うのもいいのですが、水位が高い時には、足元の護岸を泳ぐ魚を狙った方が、ヒット率が上がります

ルアーを投げるのは中心ばかりではなく、足元の護岸を通すということもやってみましょう!

粘ってダメなら移動する

荒川は水位変化がある川です。そうなってくると居付きの魚ではなく、回遊している魚が多いことは、誰もが想像できるところだと思います。

シーバスは、セイゴやフッコサイズのころは単独で泳いでいるよりも、複数が集団で泳いでいるということが多いと感じています。

同じ場所で何度もルアーを投げても反応がない場合は、ルアーを通すコース、棚(レンジ)を変えてトライし、それでもだめなら、魚がいないと割り切って、移動するのが一番です。

魚がいる場所に移動しましょう。

まとめ

荒川でシーバスを釣るためのポイントは、次の3点であると説明させていただきました。

  • 潮位が高い時間を攻める
  • 魚が通りそうな場所を攻める
  • 粘ってダメなら移動する

魚との出会いは簡単ではありませんが、ポイントを押さえて続けていけば、必ず釣果につながるはずです。

今回のポイントを参考にされ、皆さまに釣果があることを応援しております。

荒川リバーサイドシーバスフィッシングの魅力とシーズンについて

普段あまり川で釣りをしていない方は、海で釣れるシーバスを海ではなく「なぜ川でシーバス釣りをするの?」という疑問を持たれたり、「川で釣りをするってどういうことなの?」という漠然としたどんなもの?という興味がある方もいるかと思います。そこで、この記事では、荒川リバーサイドのルアーフィッシング。シーバスのルアーフィッシングの魅力について書いてみたいと思います。

続きを読む 荒川リバーサイドシーバスフィッシングの魅力とシーズンについて

荒川のシーバスの状況を知るためにルアーを投げてきました

最近、このサイト「ChigyoFishing」では荒川の釣り場の紹介ページに力を入れたくさん増やしています。時間があると、荒川に行っては状況を調査をしていたのですが、私的にこれまでの季節は釣れる気がしなかったので、タックルは持って行っていませんでした。

ところが、昨日5/26の日曜日などは、たくさんのルアーマンがルアーを投げていましたので、私もついにツアーを投げてみる気になりました。

久しぶりに荒川でルアーを投げてきましたので、そのご報告をいたします。さて、どんな結果になったんでしょうか!?

今回行った場所

新荒川大橋の周辺

昨日も橋の様子を見に行っていたのですが、非常に足場の良い場所でしたので、まずはここ「新荒川大橋」を試そうと向かったのでした。

荒川 新荒川橋の釣り場紹介

今回の潮位

行ってた時間は、満潮の午前10時に近い時間でした。

今回のポイント

今回は新荒川大橋から少し数百メートル程下流に下った、野球のグランドが次々と続き、しっかりと護岸が整備されている場所を選択しました。

釣り場に着いたタイミングがほぼ満潮のためか、今日の水質はいつもよりも透明度が高かったです。

また、風が吹いていたのですが、そんな中でもたくさんの魚の稚魚が護岸を泳いでいる姿をみれました。

特に目立つストラクチャーはありません。遠投して誘うか、護岸を攻めるか、そんな感じになります。

護岸は整備されているので、他の岸辺よりは水深がありますので、攻める意味があると思います。

今回投げたルアー

5月は、ものすごい数の稚魚が護岸を泳いでいるシーズンです。サイズは2センチから5センチくらいまでととても小さいのですが、これらのベイトを捕食しているシーバスを探すために、小さめのメジャークラフトのジグパラを投げてきました。

アマゾンで商品詳細を見る

ジグパラは、遠投も可能であることも、今日選んだ理由です。

さて釣果は?

皆さんは、で、釣れたの!?というところがありますよね・・・

はい・・・

ですが・・・

いつものように、やはり釣れませんでした

問題は、反応もなかったところでしょうか。

ルアーを追いかけてくるのは、小さな護岸の稚魚たちだけでした♪

水流ができるとそれを追いかける魚の習性を確認して終わりました。

荒川シーバスは難しいですね!

5月の今、昼間は厳しそうなので、日焼けも気になりますから、今度は夜に行きたいと思います。

GW荒川シーバスチャレンジ!結果はどうなったでしょうか?

2019/5/5こどもの日に、荒川の河口から足立区のあたりまで自転車で行ったり来たりしてシーバスにトライしました。全部の場所を入念にチェックしたわけではありませんが、シーバストライをやってきましたので、記録のブログ記事でございます。結果はいかに!?

釣行日:2019/5/5

続きを読む GW荒川シーバスチャレンジ!結果はどうなったでしょうか?