コウイカ

名前:

コウイカ(関東:スミイカ)

特徴:

大量の墨を吐くことからスミイカ(墨烏賊)と関東では呼ばれる 海底から1m以内の海底近くを泳いでいる アオリイカに比べ足が硬くて短い 体の中にカルシウムでできた「甲」という骨のようなものがある シャコを囓るようにカラストンビという歯が硬い 夜は明かりの下に集まる 産卵を終えると死ぬ

食味:

最高、高級食材です。1キロ数万円で取引される時期があるくらいです。 冷凍保存が利く

おかっぱりシーズン:

9月頃から1月までおよび4月、5月 ベスト 12月から1月

産卵シーズン:

4月~5月(春先から初夏) 産卵を終えると死ぬ

生息地域:

茨城以南から東南アジア

海の生息場所:

海底を基本として、砂泥地、かけあがり

先行者の釣果の合図:

大きなスミ跡

捕食しているもの:

甲殻類(シャコ、エビ) シャクるときのイメージはこれです!

釣り場所:

スッテ(港の堤防、護岸)、サーフ、砂浜(エギング)

夜釣の場所:

常夜灯下など

ベストな時間帯:

朝夕のマズメといわれているが、昼でも夜でも群れがいれば釣れます。

天候、潮にたいする影響:

臆病なので海が荒れていない状況が良い。海が荒れると釣れなくなります。 砂底に隠れながらのんびりと暮らしているので、底荒れすると怖いんでしょうね。

タックル:

エギング専用タックル(7ft~8ft) シーバスタックルやバスロッドで代用可能 ライン:PE1.5号 リーダー:5号のフロロ 1から1.5メートル

餌木

スッテ

取り込み:

大量の墨を取り込み時に吐くので注意する もし地面に墨をはかれ汚れたら海水をかけて流す、乾燥すると落ちにくい 小型は抜き上げでよいが、良型はタモを使うこと身切れする

[custom-twitter-feeds hashtag=”#エギング”]

YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト