アナハゼ

ルアーフィッシングの対象魚として、メバルやアジは大人気のターゲットとなりました。

しかし、それ以外の魚はロックフィッシュとしてまとめられ、その中では比較的メジャーなカサゴを始めとしてソイなどもロックフィッシュとしてまとめられてしまうことが多いようです。

そんなロックフィッシュの中でもアナハゼは見た目からして異彩を放つお魚ですが、あまり狙って釣るということを聞いたことがない魚でもあります。人気がないということは釣りやすい魚ということもあり、当サイトでもアナハゼをターゲット魚種として紹介したいと思います。

アナハゼはどこに生息しているの?

東京湾でルアーフィッシングをしたことは、何度もありますが、東京の近くの東京湾でアナハゼが釣れたことはありませんでした。

ネットの情報によると、北海道より南の地域に生息はしているということですが、東京湾、横浜、千葉で釣れたことは一度もありません。

私が釣ったのは、千葉の銚子でした。アナハゼはカサゴ科に属し、浅い海で釣れるとあり、漁港にも入り込むので、漁港で釣りをする場合には、釣れる可能性が高まるということだと思います。

アナハゼを狙って釣りたい人は多くはいないとは思いますが、漁港でメバル、カサゴを狙うときの外道として、アナハゼは釣り上げられやすい魚ではあります。

私が、アナハゼに長い間出会わなかった理由は、穴に隠れていることがあるからかもしれません。アナハゼに見つかるよりも先に、他のロックフィッシュにルアーがとられていた可能性が高いです。

アナハゼのルアーフィッシング時のタックルは?

ロックフィッシュはロックフィッシュというカテゴリーでタックルが売られているように、基本的には、ソフトルアー(ワーム)とジグヘッドの組み合わせ、つまり、メバルやアジと同じルアーで釣ることができます。

水中の中の生き物を主食としているのは、メバルやアジと変わらないため、アナハゼだからこのタックルではないと釣れないということはありません。

アナハゼのルアーのアクションはどうする?

アナハゼは、群れではなく、単独で穴に入り込んで生息している魚のため、まずはテリトリーに入らなければいけません。

海の表層よりも底にいるため、岩場を意識してルアーを動かす必要があります。

しかし、岩場には、海藻類があり根がかりの危険がたかまります。

さて、そのような場所で、アクションが必要かといわれると、ほとんどいらないと私は考えています。

アクションを無駄に行って、海藻類にひっかかるようであれば、釣りが成立しません。海藻類にひっかからない程度の速さで、岩場を攻めていくことが必要です。

つまり、アクション以前に根がからないように流すことが大事になってきます。つまり、ズル引きでもよい気がします。

アナハゼを日中釣ることは可能か?

メバルはルアー釣りだと日中に釣ることが難しい釣りですが、カサゴ科に近いアナハゼは、日中も釣れました。

メバルも正確に言えば、日中も釣ることができますが、明らかに夜の方が釣りやすいので、メバルは夜の釣りになっているかと思います。

アナハゼに関しては、カサゴのように日中もベイトを追いかけていることになります。

アナハゼがヒットしたときの感覚は?

アナハゼは、カサゴに近いと書きました。口が大きく、一気に吸い込むようにルアーをとらえる感覚は、カサゴ同様です。

ルアーを動かしていて、根がかったように急に吸い込まれていくような当たりを私は感じます。

アナハゼのファイトは?

カサゴもそうですが、アナハゼも泳ぎ回るよりは、何か重いものにヒットした?という感覚で釣れることが多い気がします。

私はライトタックルで釣りをすることが多いので、ロッドもリールも軽いものになり、アナハゼがヒットした際は、大物かな?という感覚がありました。

アナハゼには毒はあるのか?掴んでOKか?

アナハゼは、見てみるとわかる通りびっくりするほど青い体光をしています。

私がはじめてアナハゼを釣り上げた瞬間は、あまりにも綺麗な色にびっくりして、オコゼのように毒があるのではないかと思い、体に触らないように丁寧に扱っていたのですが、アナハゼは毒がありません。

アナハゼは食べられるのか?

アナハゼは青い色をしており、とても食べられる気がしませんが、食べられるそうです。

刺身でもOKで、焼くと白身になるそうです。

私自身は、一度も料理をしたことがないので、味については語れません。

アナハゼは釣れない時に狙う魚?

アナハゼは体色が青く、お店で売られることもない、人気のない魚ですから、釣りの対象魚として扱われることは基本的にない気がします。

メインとなる魚が釣れない時の、遊び相手として、釣られることもあるようです。

カサゴもそうですが、海底にいる魚は、そこにいさえすれば釣れることが多いと思いますので、釣れない時に底を狙っていると、アナハゼ君がひょっこり顔を出すことがあると思います。

何も釣れずにボウズよりは、釣れた方が楽しいルアーフィッシングですから、アナハゼが釣れてもよしとしましょう。

YouTube

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト