釣り人七不思議-魚を食べない釣り人-

私は釣りをするし魚も食べますし、日本人なら大好きな寿司も食べます。

しかし、釣りをするのに魚は苦手、生は絶対食べないし、火を通してもおいしくない。肉が好き。

という人がいます。

釣り人なのに魚を釣っても食べない人がいるんだぁと思ったのは、今に始まったことではなく、昔からで、意外と魚を食べない釣り人がいることに驚かされます。

今回は彼らの言い分と、なぜそうなったのかの私なりの解釈を書いてみたいと思います。

魚は臭い、ぬめりがあって汚いから嫌だ

魚を釣っているのに、「臭い、ぬめりがあるから嫌」なんて、釣り人が言うはずないと、私は思うのですが、皆さんはどうですか?

そう思うなら釣りもやらなければいいのにと、私は思うのですが、そんな人が釣り歴20年を超えているとかって意外といます。

ただし、釣りが好きでも、魚を捌いたり、するのは嫌いなのです。

また、普段釣りをしている場所の、シーバスや魚の生息地を知っているだけに、その環境の悪さも知っているので、食べたいと思わなく理由もあると思います。

東京という都会の排水状況を知っていたら、スズキを食べるきにはならないでしょうね。人間が汚していることは棚上げしてますが・・・

釣りはやっても料理はしない

彼らは、釣るということが遊びの一環で、食べるために釣っていません。なので、魚が嫌いでも、釣りをやります。

今では男女差別になってしまいますが、男は料理はしないものと決めつけている人がいて、釣りはやっても料理は奥さんがやるものという人がいます。

しかし、奥さんが魚を料理するのが嫌な人もいて、切り身になっていれば料理をするけど、一からは嫌という人もいます、そうなると釣っても料理をする人がいないので、食べない、持ち帰らないとなってしまうようです

シェフという男の仕事もあるというのに、やらないのはもったいないと私は感じてしまいますが。。。

持って帰るのが面倒

魚を持ち帰るためには、クーラーボックスが必要です、そして氷も必要です。

魚を入れると魚のにおいがクーラーボックスにつきますし、その匂いのあるクーラーボックスを車に積むことになります。

綺麗な車に、汚いクーラーは載せたくないんだというわけです。

少し注意をすれば、それほど嫌がるものではないのですが、これが嫌で、魚は持ち帰らないという人がいます。

持って帰ってもどうせ食べないし。

単純に釣るのが楽しいのであって、食べたくはないそうです。

確かにルアーフィッシングは、道具の遊びで、魚相手なのに、手をあまり汚さず、手軽に楽しめるのではないかという、印象を抱かせるようなCMが行われていますから、そのように錯覚する人がいてもおかしくないと私は思っています。

どんな人がいてもいい

私は釣り人にはどんな人がいてもいいとは思っていますが、ルールと魚への尊厳は持っていてはもらいたいなと願っています。

どうせ殺して食べるんだから同じでしょ、という意見もあるとは思いますが、心からどう思っているかが大事ではないかと思います。

自分が食べる分だけは釣る、食べないのに釣る場合は、あまりダメージがないようにバーブレスフックを使って楽しむ。魚にあまり触れずにリリースできるように、針はずしや、フィッシュグリップで手早くリリースする。

そのような可能な限りの対応で、釣りを楽しみたいと考えています。

ゴミは持ち帰る
釣り場は汚さない
私有地には入り込まない

ルールや魚への尊厳を忘れずに楽しめれば、魚が嫌いでもいいかなとは思っております。

よろしければシェアをお願いします!m(__)m