ルアーの種類

目次

ハードルアー
ソフトルアー

ソフトルアー用フック

ルアーの種類について

ルアーフィッシングで使うルアーは、ルアーフィッシングのブームに伴って、新しい種類が年々増えており、多種多様にわたっています。

エサに似せるもの、泳ぎを似せるもの、攻撃させて引っ掛けるためのものなど、魚に口を使わせることができれば、ヒットの可能性があります。

特に魚に攻撃させるような普通の発想では思いつかないルアーは、まだまだ、未知の領域があるのではと私は感じています。

ここでは、一般に使われているルアーの種類を解説していきたいと思います。

ハードルアー

ミノー

水面近くの魚を狙うルアー。リップがついた小魚の動きに似せて動くハードルアー。リップがあることが特徴で、リトリーブするたびに水流を受けて小刻みに動いたり、潜る方向に舵を切ることができる。

メタルジグ

遠投もしくは、深いところの魚を釣るために使う金属ルアー。重いので飛距離がでる。

価格が、リーズナブルなのでガンガン攻められます。

ペンシルベイト

ペンシル=鉛筆の由来のとおり、リップのないハードルアーです。ミノーと異なり、リップがないので、直線に近い動きをする。

ソフトルアー

ワーム

小型の小魚を演出する、ルアー。安価なため、経済効果が高いが、使い切りのルアー。

ソフトルアー用フック

ジグヘッド

ワームとジグヘッドでセットで使う、おもり+針の道具。

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト