はじめての方へのおすすめ釣り道具-リール編-

私が初めて買ったリールを思い出すと、大手釣り具ショップである、上州屋さんが中国で生産した、格安の1500円程度のリールだったと思います。

スプールなどの今では金属パーツが当たり前のところも、プラスチックや樹脂で格安に作られた、100円均一ショップで売っていそうなリールを、中学生のお小遣いから捻出して買いました。

しかし、時代は大きく変わり、今現在2,000円も出せば、当時と比べるとかなり使いやすいリールが買えます。

しかしながら、ルアーフィッシングという趣味の釣りにおいて、安い道具というのは、長持ちしないし、メンテナンスにも耐えられない、所有する喜びもないという、3点セットで、喜びが半減するので、おすすめはしません。

さて、そんな中でどんなリールを選んだらいいのでしょうか?私の視点て、ご紹介したいと思います。

おすすめするリールの基準は錆びないこと軽さなのですが、海水で使用するリールだというのに、ほとんどのリールは安いものでれ、なかなか錆びなくなってきました。なので、錆びについては、あまり考えなくてもいい気がします。

しかし、軽さはまだまだ改善可能な分野です。リールの軽さがルアーフィッシングに大事な理由は、長時間ロッドを振っていても、疲れないことや、当たりがあったときの感覚が鋭くなることの2点だと思います。

リールに究極に軽さを求めると高額になってしまうので価格と性能のバランスをとると、このシマノのエアノス 1000くらいが最初のおすすめです。

このリールの重さは約200グラムで、安さと軽さを求めると、例えばプロックス社の製品で150グラムのリールもあるのですがやや作りが雑であったりします。

比較的安くて、長く安定して利用できるのは、最高グレードを求めなくてもシマノ製品もしくはダイワ製品であると私は考えています。

メバリングに使用するリールに、使用する標準的なラインの太さは3ld(ポンド)ですので、それが100メートル程巻けるこの1000サイズはメバリングにピッタリです。

ルアーフィッシングが楽しめるようになったらもっと高額のリールが、やはりいいのですが、性能的にはこのリールでも必要十分で長く使用できると思います。

選んだポイントは

  • ターゲット魚種は30センチ以下、数百グラムを想定
  • リールの重さが200グラム程度で、軽く・疲れないこと
  • 3ポンドのラインで100メートル以上のライン(糸)が巻ける
  • 価格がリーズナブル

アマゾンリンク

最高峰のリールは、シマノのステラ!

初めての方へのおすすめではありませんが、最高峰のリールについてお知らせしておきましょう。

リールの最高峰と言えば、シマノのリールステラシリーズです。

何度もモデルチェンジをしているリールであり、軽さ、見た目、メンテナンス不要性、どれをとってもピカイチで、所有欲をそそります。

何が違うのか?と言われれば、すべてなのですが、10万円を出してまでの価値があるかどうかは、買う方次第です。

私は、一時期3台のステラを持っていましたが、確かに最高のリールであることは間違いありませんでした。

思わぬ魚の動きで、ランディングを失敗するということもありますが、ステラであれば、そのような状況でも耐えうるドラグ性能が考慮されています。

ルアーフィッシングを頻繁にやるようになり、魚と戦うことが多くなるほどに、その性能がわかるリールですが、最初から数万もするリールに手を出すのは、よくないと思います。

いずれは手にすることもある程度で、認知していればいいかと思います。

アマゾンでリールを検索してみてください

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト