良い子はマネしちゃだめの草コイン投資:HOSTINKEY[XHK]

当サイトの管理者は、100種類ぐらいの仮想通貨にビットコインをばらまいていきましたが、その中の1つである「LinuxPay」に大きな動きがあったので、本日の記事にしたいと思います。

LinuxPayというのは、プレセールによる資金調達を行おうとしていましたが、プレセール期間中の2018年の6月12日にGRAVIEXに上場し、一週間で価格が急落したため、もはやまともな投資家から距離を置かれてしまっているという、微妙な草コインです。現在も継続中のプロジェクトです。

ちょっとLNPのチャートを見てみましょう

LinuxPayは、最高で1400satくらいまで上昇したことがありましたが、現在は、2.9satというとんでもないところまで下落しています。

約4か月でもはや、見ることができないほどまでに、評価額がちっちゃくなっちゃいました。

まぁ1400satの急上昇は、GRAVIEXの仕様である0.1satまである仕様において、140satで注文したかったところ、投資家が操作を誤って1400satで注文したことが、当時板を見ていた人は、わかっていたと思うのですが、LinuxPayは下落をつづけています。

開発元は諦めず同じコインで開発を続けるところですが、この団体は、LinuxPayコインを新しいプロジェクトの支払い手段にするということで、前向きに、違う通貨を作り始めました

それが、近日公開されていたので、掲載しておきます。

HOSTINKEYです。

HOSTINKEYのWEBサイト

https://www.hostinkey.com/

名前の由来はホストであることがHOSTというワードが入っていることから理解できると思います。ソリューションは、Linuxコマンドを知らなくても、誰でもGUIによりマスターノードホスティングができるというところにあるようです。

また、Discordの書き込みベースですが、通常1つのVPSでは1つのマスターノードしか設置できないところ、このHOSTINKEYが提供するサービスでは、1つのサーバで最大10のマスターノードを管理することが可能らしく、確かに興味がわくソリューションです。

LinuxPayは失敗プロジェクトと認めたのか?

オープンソースで、フォークなどによりいくらでも増えてしまう仮想通貨ビジネスですが、LinuxPayを推進していた人物が、新たに新しい仮想通貨を作り始めているということで、もう、LinuxPay諦めちゃったのではないか?と誰もが推測できるところですが、資金がないけど、活動はしないとやばいということで、苦肉の策として、新しいサービスを始めたというところがあるように私は感じています。

それでも、諦めたのではないかと、LinuxPayの失望売りは観測されているので、状況はよくありません。

LinuxPayは使うことができるのか?

支払いに本当にLNPを使うことができるかについてですが、WEBサイト上を見ると、確かにLNPの文字があるので、対応はされると思います。

が、BTC,LTC,ETHが対応可能となっている時点で、LNPの利便性は下がってしまいます。あえてLNPを買ってから買うなんてことを通常は行いませんよね。

ということで、LNPを既に持っている人であれば、使えることができるよ、程度の価値があります。ということで、私は、LNPをかなり持っているので、試してみたいところです。

HOSTINKEYもプレセールをやっています


HOSTINKEYのプレセールは既に開始されているようで、今だ1枚も売れてませんが、販売価格がでています。

1 XHK = 0.00005 BTC

つまり、10000コインあたり0.5BTCという値段です。

LinuxPayで一度失敗しているだけに、学習していれば急落は怒らないでしょうが、なんども作成を繰り返している感じだと、詐欺コインとみなされるのは、間違いありません。

売れるとはやはり思いませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか、新しいHOSTINKEYとう仮想通貨が生まれましたが、LinuxPayを平行稼働したまま、次のプロジェクトを立ち上げるというあたり、あまり期待が持てるプロジェクトとは言えない気がします。

短期間に、仮想通貨を作る、WEBサイトを作り上げることができるというスキルはあるようなので、今後どうなるのかは、実際のHOSTINKEYのサービスが使えるものかを判断してからとなると思います。

私も今回のHOSTINKEYは、このサービスを知るまでは、投資は避けたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です