GeekCashの値動きが面白くなってきた! 4日で3倍(300%)

新しすぎて草コインとも呼ばれないだろう仮想通貨「GeekCash8」ですが、最近変動が激しくなってきました。

一度は、3satまで落ちたのが、9satにフレたりするようになってきて、乱高下激しい状態になってます。

誰が買っているの?

でも、こんなマイナー通貨誰が買っているのって話です。需要は基本ないんですね。

価格を上げたいマイナー達が買っているとも予測できますが、もしかしたら、Aiodex基軸通貨の一つになることを見越して、買いが入っているような気もします。ただ、具体的な買い要素はこれくらいな気がしています。

通貨の発行(増加)量に変化はあるか

マイニングによる通貨の供給量は変わりありません。マスターノード設置に伴う報酬については、約2~3週間で、430から364まで激減しています。ただ、マスターノード数が増えているので、トータルでは、まだまだ、供給量は多いと思っています。ただ、思ったよりも値が付かなかったことで、マイナーが増えている感じもしません。

低位株のような動きになっている

株式投資をやったことがある人であれば、低位株というのをご存知かと思いますが、値段が一けたになっているGEEKは、そのような状況になっています。

1satが2satになるだけで、2倍です。100万が200万になります。これは極端な例ですが、10月2日に3satだったのが、10月5日には9satという流れがありましたから、4日で3倍という例が事実達成されています。

実は、私は、これ少額ですが、試しにやっていて、

3satで仕入れた約5000枚を9satで売りました。

0.00015BTCで買ったものを、0.00045BTCで売ったので、額にして、0.0003BTCの利益ですから約210円の利益。あまりにも少額すぎて、自慢など到底できない利益ですが、100万単位でやれば、200倍なので、4万2千円の利益だったということになるわけで、魅力が出てきますよね。

もちろん取引量が多いとそこまで簡単に取引が成立しないので、簡単ではありませんが。

取引所の成長

Aiodexは、無事に9月末にリリースされました。そして、続々と新しい仮想通貨のリスティングが成功しています。

AEG: 1 Oct 2018
META: 3 Oct 2018
LPC: 6 Oct 2018
MMO: 9 Oct 2018
TRTT: 10 Oct 2018
XSN: 11 Oct 2018
NORT: 12 Oct 2018
SCC: 13 Oct 2018

今日は、LPCの上場ですね。

まだまだ、何が起こるかわからない、新しい取引所のリスティング。大金を突っ込むと、ビビってしまって身動きとれませんが、少額で、投資するなら、結構面白いですよ。

もちろん自己責任ですが、興味のある方はお楽しみください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です