本日リリースされた話題のGMOマイナーツール『Cryptknocker』を試し始めました GTX 1080Ti

Zcash

2018年9月28日(金) 本日にリリースされた、GMOのマイニングツール、Cryptknockerを試してみましたので、ご報告いたします。

私は、マイニングツールは、10以上試しているし、ASICマイニングもやっているので、すんなり実行できるか?と思いきや、いろいろとつまづいてしまったので、同じような間違いをしないでもらいたいがために、この記録を公開しております。

まずは、本家のサイトにいって、ツールをダウロードします。任意のフォルダにダウンロードしてください。

GMOグローバルサインのマイニングソフトウェア【Cryptknocker】
マイニングソフトウェア【Cryptknocker】(クリプトノッカー)byGMOは、Equihash《200,9》《144,5》対応で最速のハッシュレートに最適化。最先端の高速暗号化のロジックは、GTX1070にて465sol/sを実現、従来ソフトウェアより最大約10%の効率化を行うことができます。

約2パーセントの効率化をうたっていますが、

*マイニング報酬から2%を、利用料(開発者報酬)として徴収いたします。

とあるので、結果的には、±ゼロではないかという突っ込みは置いておいて、作業に入ろう。

で、Zcashを掘り始めようとマイニングプールをあちこち試してみたのですが、結果的には、下記のBitFlyしか上手くいっていません。

https://zcash.flypool.org/

ただ、これには、うそが書いてあって。ポートを変えないとエラーになってしまいます。上記のページに記載されている3333ポートではなく、GMOのサイトに載っている3443ポートでないと動きませんでした。

ということで、次のコマンドで実行させると上手く動くようになりました。

cryptknocker.exe mine -l asia1-zcash.flypool.org:3443 -u txxxxxxxxxxxxxxx

GTX1080Tiを丸一日動かしてみて、どのくらい稼げるか結果は後程お伝えしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました