ビットコインを使う

ビットコインが使えるお店の探し方

ビットコインは、現時点でNo.1の仮想通貨となりましたが、まだまだ普通のお店で使われる状況にはなっていません。このページを読んでいる読者の皆様でも、実際にビットコインで支払いをしようという方は、まだまだ少ないと思います。

しかし、既にいくつかのお店では、ビットコインを使った決済が可能になっていますので、ここでは、使えるお店の探し方を紹介します。

コインマップ

言語が英語のサイトとなりますが、地図から探すことができ、お店のホームページまでのリンクまでナビゲートしてくれるすぐれたWEBサイトになっています。

http://coinmap.org/

実際に使ってみよう

サイトにアクセスすると次の画面が出てきますので、「GO TO MAP」をクリックします。

位置情報が取得できないと、ディフォルトの地域が表示されているので、日本の首都である東京にマップを移動します。右下の虫メガネアイコンをクリックしましょう。

すると、次のような検索ボックスが表示されるので、背景の色が黒いところに検索文字を打ち込みましょう。

例えば、「Tokyo」と打ち込んでみると、次のような検索結果が出現します。今回は、「GEO RESULTS」の2番目の「東京」をクリックしました。

すると東京にマップが遷移します。何やら、数字やアイコンが表れました。アイコンは、お店を表しています。丸に囲まれた数字は、地図の縮尺上だと、同じ場所に複数のお店があるので、数字で囲まれた丸のアイコンで表示されています。

アイコンをクリックするとお店の詳細な情報が出てきます。

このように「コインマップ」を使うことで、実際には英語圏の方々がマップを頼りに日本に来て、ビットコインで決済をするということは、ビットコインの普及とともに増えていくことは間違いないと思います。

外国人旅行客を相手にしたお店の方であれば、「コインキャップ」に自分のお店をいち早く登録しておくと、今後のビジネスのチャンスが増えると思います。