温泉で裸の状態で、階段ですべって背中から落ちました…

先日とある温泉に行っていたのですが、露天風呂までの道に階段がありまして、慎重にいこうと思ったわけですが、思いのほかすべって姿勢のバランスを崩し、なんと背中から階段にこけてしまいました。

“温泉で裸の状態で、階段ですべって背中から落ちました…” の続きを読む

川をのぼる魚の姿を見れる埼玉県にある「大堰自然の観察室」って知ってます!?

知る人ぞ知る埼玉県にある利根川の「利根大堰」そこには「大堰自然の観察室」という川をのぼっていく魚を自然の状態で観察できる場所があります。今回は、その「大堰自然の観察室」に行ってきましたので、レポートいたします。

訪問日:2019/6/21

“川をのぼる魚の姿を見れる埼玉県にある「大堰自然の観察室」って知ってます!?” の続きを読む

労働には搾取が伴う

労働には搾取が伴います。それが資本主義です。

だから、自分の生活を犠牲にしてまで働く必要はありません。

現金をもらえば、税金がとられます。

このようにある流れができると、そこから必ず奪われる仕組みが、網目のように張り巡らされているのが、資本主義です。

子供の目線に戻って気づいてください。

ー詳しい理由は後で書きますー

ゲーマーに多い自分のことを棚に上げる人たち

https://matome.naver.jp/odai/2150249406743697101

私は1999年頃から、オンラインゲームを続けていますが、ゲーム内で行うコミュニケーションに関しては、常に細心の注意を払って行ってきました。

それというのも、2chを始めとした掲示板文化に始まり、インターネットのコミュニケーションは特殊で、ツイッターを見てもわかる通り、一方通行の言葉の投げ合いの世界で、どちらもが歩み寄ることがないことが特徴であるからです。

私はある時から、口での攻撃のことを”口撃”と私は書くようになりましたが、ゲームをやっていると熱中するあまり他人への悪口が止まらなくなる人が多く、それをまともに受けとると大変です。

また、炎上という言葉がありますが、意図的に個人の意見を炎上させようとする人々や、面白がって炎上を煽る人もたくさんいて、まことにネットのコミュニケーションは難しいものです。

そんな中で、最近やっているゲームで起きた、自分達のことを棚に上げる人たちのことを今回は書いてみたいと思います。

・結局自分たちが勝つことが楽しいとしか言っていない

・何か問題があると、運営会社のせいにする

・相手の良いところは気づかないし、発信しない

・課金することをずるいという

・他人に対して意見をする、自分達は変わろうとしない

・あくまでも自分たちが正義のようにふるまう

結局自分たちが勝つことが楽しいとしか言っていない

スポーツにしろ、運動会にしろ、団体競技においては、勝ちか負けかの白黒がはっきりついて結果というのが、出ます。

その競技においては、このルールはどうだとか、ハンディがどうだとか、いろいろと議論をすることがありますが、ゲーム性について語ったところで、結局は、負けることが楽しくないので、問題提起をするのは、自分達が負けた時です。

戦力差があれば、ハンディをくれと言うし、余裕で勝つようになってもルールだからしかたないというし、負け続けると引退者が続出する言うし、結局負けたくない、勝つことが楽しいんだと主張だけします。

何か問題があると、運営会社のせいにする

プレイヤー数が少ないことが問題、不具合が多いのが問題、いろいろと負けた時の理由を言いますが、そんな問題が起きた時に、ユーザーが言うのは、運営会社が悪いです。

オセロ、囲碁将棋、ポーカーなどで、任天堂が悪いと言って何かが変わるんでしょうか?

相手の良いところは気づかないし、発信しない

ネットで発言されることは、基本的に批判です。ネガティブな言葉が乱発します。一方で、ポジティブな良いところというと、それが、なかなか出てこないものです。

相手のいいところは、見えていても、普通だと感じてしまって、悪いところだけが目に付く人が多いのです。

これがネットに批判ばかりがあふれている理由だと感じます。

課金することをずるいという

オンラインゲームの場合は、運営会社の収入源が強い武器や強い武器を手に入れるためのアイテムの販売だったりします。

しかし、そうやってお金を払って手に入れた武器を使うことがずるいことだという人が出てきます。

これは、スポーツで言えば、一流の道具を使うことをずるいと言っているようなものです。

普通のスニーカーではなく、長距離用のランニングシューズで大会に出場しただけで、ずるい。ランニングシューズがあるから、勝てるんだなんて言ったりします。

他人に対して意見をするが、自分達は変わろうとしない

運営会社についてはあーしろこーしろ、敵に対してもあーしろこーしろと文句を並べるのですが、自分達は正義だから何も変えるところがないと主張をする。

これってば、卑怯じゃないでしょうか?

本当にあなたたちは正義なんでしょうか?

そもそも正義なんて、勝ったものが言う主張でしかないと、歴史が証明していますよ。

あくまでも自分たちが正義のようにふるまう

勝負をする限り、勝ち負けは必ず発生するし、勝負は時の運というように、結果がでるまで分かりません。

相手を時にはリスペクトし、敬い、ゲーム全体としては仲間としてふるまうべきですが、自分達が正義であり、勝者であると、立ち振る舞うプレイヤーの多いこと多いこと。

承認欲求を満たすことが幸せであることは、認めますが、正義はあなたたちの中にはありません。

まとめ

勝負には、勝ち負けがあった方が、楽しみを増大させますが、勝ちだけを追い求めて、何かを失ってしまったら、とても悲しい世界しかないものです。

勝ち負けにはこだわりをもたず、たのしくワイワイとゲームはやりたいものですね。

『エアコンなし施設が古い』クチコミの「万座プリンスホテル」に行ってきたよ

楽天トラベルクチコミを読んでいると、「エアコンがない」、「設備が古い」、「ビュッフェがよくなーい」と書かれていた万座プリンスホテルに行ってまいりました。家庭都合ですが、お盆直前に家族で行けるタイミングができ、ネット予約で急遽1週間前にあわてて予約しため、予約後にいろんなクチコミを読んでしまって、大丈夫!?ってなってました。

ところが、どっこい、”クチコミは自分の評価じゃなーいよ”というところで、クチコミに反して、大満足の宿泊となりましたので、今回は万座プリンスホテルについてレポートしてみようと思います。

今回の訪問
部屋:206号室 和室 窓駐車場側
日時:2018/8/11
旅行者:大人3子供1
費用:約8万円

チェックイン

到着すると駐車場に車を止めることになるのですが、この日は、お盆休み直前の土日ということで、15時に到着したというのに駐車場が混んでいました。ホテルの入り口まで、やや距離のあるところに駐車し、重い荷物を持ち、歩いてホテルのエントランスに向かうと、重い荷物は若い女性スタッフが荷物を運んでくれました。とても助かりました。

さっそくフロントに入ってのエントランスの印象は、やはり歴史ある老舗のホテルという感じでしょうか。私の感覚では、バブルの頃に作られたホテルに分類されるフロントです。やや古めのホテルスタイルということですね。まぁ、それはさておき、楽天トラベル経由のチェックインなので、名前を書いたらチェックインは完了です。チェックインと同時に、ホテル・食事・温泉の案内をされたのですが、担当の方はかなりの早口でした。私は、まだ、若いので大丈夫ですが、年配のお客様のときには、心配になるスピードでしたね。

また、中居さんが部屋に案内するスタイルではないようで、部屋までは自分ていくことになりました。私的には、自分で行った方が気が楽なので、ウェルカムでした。

・よかったよー
 荷物を持ってもらって助かりました
・ちょっとねー
 ホテルスタッフが早口かも

お部屋

今回のお部屋は和室でした。

夕食の時間の予約をし、少し薄暗い感じ廊下を進み、エレベーターに乗ってすぐに到着できるところに206号室がありました。クチコミによると、お部屋によっては『窓を開けると硫黄のにおいがする』とか、情報があったので、あえて部屋番号を書いてみました。

こちらのお部屋は、窓が駐車場側ですので、窓をあけてもまったく硫黄のにおいはありませんでした

さて、ここのところ利用していたのはビジネスホテルばっかりだった私、狭いベットの部屋よりも畳のある和室に癒されます。また、畳みもおそらく交換して数年でしょうか。まだ青い状態で、とても気持ちいいです。

バスルームはありませんでしたが、ウォシュレット付きで換気扇のあるトイレ、ドリンク販売のない通常の冷蔵庫、扇風機、そして、いまどきは必須のWiFi、なにも困ることはありませんでした。

また、昔ながらの障子で仕切られた縁側のスペースがあり、ここも大満足ポイントでした。

なんで、縁側のスペースが必要かといいますと、家族が寝静まった後に、夜パソコンをするからです。

・よかったよー
 落ち着く和室で、Wifi OK
・ちょっとねー
 眺めは期待できない部屋でした 次は、お値段いいところにしよう

お庭・スキー場

食事が19時からだったので、少し時間がありましたので、ビュッフェ会場の下の出入口から外に出てみました。すると、そこは、紛れもない、スキー場がありました。

お庭というよりも、巨大なスキー場が庭のような感じでした。

少し時間があったので、散策してみました。標高1800メートルということで、霧というよりも、雲のなかに入っているようです。

翌日の写真
牛池だそうです
湯畑からひいている温泉 硫黄のにおいがしました

楽しかったビュッフェについては、次回更新していきます。

AntPoolからのBTM引き出し問題

Antminer B3を使って、AntPoolでマイニングを行い、稼いだBYTOMコインを外部アドレスに引き出そうとするが、引き出せずに困っているという話をあちらこちらで聞きますが、その問題についての回答が上記のようにAntPool側から出ています。

5/21付ですね。

>disable BTM ERC20 wallet address (beginning with 0x),

どうやら0xで始まるアドレスが、多くの取引所でNGになるようで、

>set BTM mainnet address (beginning with bm)

と書かれているように、bmで始まるアドレスに変更してくださいという回避策を提案されています。

仕様なのかバグなのか、非対応なのか、いずれにしても新しい技術、新しい概念、新しいソフトウェアには、先端に行けば行くほど、不具合や間違いはあるものですから、まぁそんなところかぁというのが私の感想です。

参考になれば幸いです。

mineに賭けてみる

正直ちょっと胡散臭い感じがするのだけれども、ここ数週間でマイニングしたビットコインがあったので、約3万円分をMINEのメインセールで購入代金として使用してきました。

有名ユーチューバーのラファエルを起用してCMをしていたりと、なかなか斬新なような、胡散臭いような雰囲気もあるので、10万円以上は出せる気分にはなりませんが、それでももし本気のプロジェクトだったら、あの時もっと出資していればと、後悔するのかもしれません。

とりあえずは、やってみる、という感じて、買ってみました。

以上 報告でした。

売り切れることあるのかな?

“分散化”の力で世界の不均衡を正していくパワー

“分散化”の力で世界の不均衡を正していくパワー

まさにこれ、王族が作ってしまった地球人類の束縛を取り除くための、民主活動が、

結局は、インターネットであり、仮想通貨である

どの活動も重要な目的はこれにつきる

ブロックチェーン=上書き禁止追記技術?

私のブロックチェーンの理解は

ブロックチェーン=上書き禁止追記技術?

ですが、これってあってるのかなぁ。

P2Pでつながったパソコン達の観測および承認を経てのファイル追記のことをブロックチェーンと呼んでいる?

もしそうだとるすと、ブロックチェーンとかいう、かっこいいネーミングを付けたやつが偉かったと思う。

クッキーとか、セッションとか、鯖とか、億り人とか、まぁ、おもしろいよね。

仮想通貨に価値はない、既存通貨に価値はある という思い込み

仮想通貨に価値はない、と人は言う

でも、既存通貨に価値はあると、人は言う

2018年時点

はたして、10年後、50年後、100年後、そこから先はどうなっているのだろうか?

価値とは何だろうか?

そもそも日本ができたのは、江戸時代以後である

それまで、日本円は、存在もしなければ、当然価値もなかったであろう

日本円を使う人がいるから、世間で流通しているから、使える=価値があると思い込んでいるのが実態である

仮想通貨に価値がないと、予想する、ノンホルダーは、仮想通貨に価値がないと思っている

だから、交換しない

仮想通貨に、価値があると、予想する、ノンホルダーは、仮想通貨に価値があると思い込む

だから、交換する

現時点で、仮想通貨に価値がある、価値がないという論争をするのは、点の話である

技術やアイデアは生まれ、実って、仮想通貨という概念ができた

後は、それを利用するか、しないかという話でしかないと、私は、感じている

仮想通貨は、誰もが作れる可能性があるだけに、使える仮想通貨は、徐々に少なくなっていくだろう

が、技術とメリットは、どこかで引き継がれ、新しい通貨が誕生するのかもしれないと思っている

けど、それがまた、既存の金融資本達であれば、この世はコントロールされ続ける