ボッチでも幸せな冬を楽しむための高級カニ4選

お取り寄せグルメ

11月下旬そして12月となり冬のシーズンになると急に食べたくなるのがカニです。伊勢エビや車エビなどおいしいエビもありますが、大きなカニは格別の贅沢さがあります。真っ赤な甲羅に真っ赤な足。茹でてもいいし、焼いてもいいし、オナベにしても旨いカニ。誰かと食べるカニももちろんおいしいですが、ボッチグルメともちんは、自宅で一人で贅沢にカニをいただきたいときがあります。

カニと日本酒はマジ最高だと思います。そんな贅沢な冬の楽しみであるカニを厳選してご紹介したいと思います

PR 当ページはアフィリエイトリンクを含みます

毛ガニ

毛ガニはカニの中でも特にカニミソが美味しいと評判です。カニミソは甲羅の内側についている濃厚でクリーミーな部分で、カニのコクとうま味が凝縮されています。カニミソの食べ方は簡単で、甲羅をパカッとはがすだけです

カニミソ以外にも、毛ガニには美味しい部位がたくさんあります。カニ脚はタラバガニやズワイガニと違って柔らかく、食べやすいです。筋肉質で繊維がみっちり詰まっており、噛めば噛むほど毛ガニのうま味が出てきます。

カニ脚の付け根や抱き身のある方にも、柔らかくて甘い身が入っています。また、甲羅の中央にある三角の部分は「フンドシ」と呼ばれ、カニ身とは違った弾力があります。フンドシの中を破ると、あっさりしつつ旨味のある身が見つかります。

毛ガニは茹でがおすすめ

毛ガニは茹でをおすすめします。新鮮な毛ガニの場合の茹で方です。

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、2リットルに対し100グラムぐらいの塩を加えます。
毛ガニを輪ゴムが付いたまま甲羅を下にして入れ、煮立ったら落としぶたをして15~16分茹でます。
茹で上がったら氷水に浸けて粗熱を取ります

湯で時間は甲羅のサイズによって長さを長くしますが、氷水を付けて甲羅を割った後、生だったので茹で直しはやりにくいので、やや長めに茹でる方が安全です。もしも生の部分があった場合は、焼くのがおススメです。

お取り寄せおすすめはカニのマルマサ

私がおススメするのはかにのマルマサさんです。10年以上リピート購入しています。かにのマルマサは、北海道の蟹専門店です。活きた毛ガニやボイル毛ガニなど、新鮮で美味しいカニを販売しています。お歳暮やギフトにも最適です。口コミレビューでは、発送が早くて活きの良いカニが届いたという声や、身が詰まっててカニミソが最高という声など、高い評価を得ています。かにのマルマサは、カニ好きにはたまらないお店ですね。🦀

かにのマルマサ 北海道産 活毛ガニ 生 450g 1尾 チルド 冷蔵品
かにのマルマサ
¥9,900(2024/02/22 07:29時点)
内容量 北海道産 活毛蟹 450g 1尾 冷蔵品
ブランド‎かにのマルマサ
産地(地方)‎北海道地方
産地(都道府県)‎北海道
保存方法‎要冷蔵(10℃以下)
メーカーマルマサ物産(株)
原産国名日本

タラバガニ

タラバガニはカニの王様と呼ばれるほど大きくて美味しいカニです。タラバガニのおいしい部位と食べ方についてご紹介しますね。😊

タラバガニのおいしい部位は、爪と脚です。爪は肉厚でジューシーで、脚は繊維が詰まってプリプリしています。爪と脚の中でも、特におすすめなのは、爪の付け根と脚の抱き身の部分です。これらの部分は身が柔らかくて甘みが強く、タラバガニの旨味を堪能できます。

タラバガニの食べ方は、茹でるのが一番シンプルで美味しいです。茹でたタラバガニはそのまま食べても美味しいですが、蟹酢やポン酢などの酢をつけて食べると、さっぱりとした味わいになります。また、タラバガニは刺身やしゃぶしゃぶなどの生食も可能ですが、鮮度が良いものを選ぶことが大切です。

タラバガニのむき方やさばき方をマスターすれば、自宅でタラバガニを楽しむことができますよ。🦀

タラバガニのおいしい部位と食べ方を知って、ぜひタラバガニを堪能してくださいね。👍

タラバガニは焼きがおすすめ

タラバガニは焼をおすすめします。茹でよりも焼くことで殻の香ばしさが強くなり風味を強く味わえます。

お取り寄せする際のタラバガニは生のものや半むきのものがおすすめです。生のものは半解凍してから、半むきのものはそのままで、殻を下にしてグリルやホットプレートで焼きます。焼き過ぎないように注意してください。焼きあがったら、レモンや醤油、ポン酢などをつけて食べます

お取り寄せおすすめは笑顔の食卓 匠

笑顔の食卓 匠は、北海道のカニ専門店です。新鮮で美味しいカニをお得な価格で販売しています。かに福袋やおせちなどの企画も人気があります。レビューでは、高い評価を得ており、発送が早くて活きの良いカニが届いたという声や、身が詰まってて最高という声などが見られます。笑顔の食卓 匠は、カニ好きにはたまらないお店ですね。🦀

笑顔の食卓 匠|生 タラバガニ|特大6L生たらば肩脚1肩(約1.2kg)
スカイネット
¥9,800 (¥8 / g)(2024/02/23 02:37時点)
●お届けについて 【通常2~4営業日後の出荷、出荷後1~2日後のお届けとなります】 ---------------------------------------------------------------- ※Amazonのシステムの都合上、ご注文確認画面やメールで表示される「お届け予定日」や「お届け日」が正しくない場合がございますのでご注意ください。 ---------------------------------------------------------------- ※ 出荷までに土日祝などの非営業日を挟む場合はその日数分出荷が遅れます。 ※ 北海道、沖縄、九州の一部、離島へは出荷後配送に2日以上かかります。 ※ お届け予定日は注文後1~2営業日前後にお送りする「出荷手配完了通知メール」に記載しておりますので、そちらをご確認下さい。
ブランドスカイネット
メーカー‎笑顔の食卓 匠

ズワイガニ

ズワイガニは脚、爪、胴体とそれぞれで味わいが異なりますが、一般的には脚が一番美味しいとされています。脚は肉厚でジューシーで、繊維が詰まってプリプリしています。脚の中でも、上からの2本が身が太くて甘みが強く、おすすめです。

爪は繊維が短くて食べにくいですが、カニがよく動かす部分なので、コクと旨味があります。爪の付け根やボンボリと呼ばれる部分は特に美味しいです。

胴体は脚と同じくらい美味しいですが、むしるのが面倒くさいです。胴体の身はカニミソと一緒に甲羅に詰めて食べると絶品です。

ズワイガニのおいしい部位を知って、ぜひズワイガニを堪能してくださいね。🦀

ズワイガニは鍋がおすすめ

ズワイガニの下ごしらえをします。冷凍のズワイガニは冷蔵庫でゆっくり解凍します。解凍したら、ハサミで足の付け根を切ります。脚の太い部分は包丁で切れ目を入れておきます。身が取り出しやすくなります。

鍋に水と昆布を入れて沸騰させます。昆布は煮立つ直前で取り出します。その後、ズワイガニを入れます。ズワイガニはダシが煮立ったら取り出しますずっと入れたままにすると旨味が逃げてしまいます

他の具材を入れます。白菜やネギ、肉など、鍋に入れる他の具材を入れます。火が通ったら、どんどん食べて大丈夫です。

鍋を〆ます。鍋の醍醐味と言えば、やはり〆の雑炊です。肉や野菜からとれたダシを余すことなく最後まで楽しむことができます。鍋をひと通り食べ終わったら、まずは残っている具材を全て取り出します。塩をサッと振って、味を整えます。その後、ご飯を人数分入れます。煮立ったら、火を止めます。蓋を閉めて、2分を目安に蒸らします。蓋を開けたら、風味の良い雑炊の出来上がりです。刻みネギや三つ葉を散らして、彩りを添えると、更に美味しくなります。お好みで、ポン酢をかけるのもおすすめです。

お取り寄せおすすめは笑顔の食卓 匠

既に上で書いていますが、笑顔の食卓 匠は、北海道のカニ専門店です。新鮮で美味しいカニをお得な価格で販売しています。かに福袋やおせちなどの企画も人気があります。レビューでは、高い評価を得ており、発送が早くて活きの良いカニが届いたという声や、身が詰まってて最高という声などが見られます。笑顔の食卓 匠は、カニ好きにはたまらないお店ですね。🦀

笑顔の食卓 匠|生 ズワイガニ|大型4L 生ずわい蟹 肩脚 7~8肩 2.5kg超
スカイネット
¥11,800(2024/02/22 10:23時点)
●お届けについて 【通常2~4営業日後の出荷、出荷後1~2日後のお届けとなります】 ---------------------------------------------------------------- ※Amazonのシステムの都合上、ご注文確認画面やメールで表示される「お届け予定日」や「お届け日」が正しくない場合がございますのでご注意ください。 ---------------------------------------------------------------- ※ 出荷までに土日祝などの非営業日を挟む場合はその日数分出荷が遅れます。 ※ 北海道、沖縄、九州の一部、離島へは出荷後配送に2日以上かかります。 ※ お届け予定日は注文後1~2営業日前後にお送りする「出荷手配完了通知メール」に記載しておりますので、そちらをご確認下さい。
ブランドスカイネット
メーカー‎笑顔の食卓 匠

イバラガニモドキ

イバラガニモドキとは、イバラガニに似たカニの一種ですが、実はカニではなくヤドカリの仲間です。

イバラガニモドキは、イバラガニよりも棘が短くて茶褐色で、味は甘みが強いと言われています。イバラガニモドキは、ロシアから輸入されることも多く、日本では北海道だけでなく、四国や本州でも漁獲されます。イバラガニモドキは、タラバガニの半値程度で買えるので、お手頃な価格でカニを楽しみたい方におすすめです。

イバラガニモドキの食べ方は、茹でる、焼く、刺し身、煮るなど様々ですが、特に焼きガニは香ばしくて美味しいです。

イバラガニモドキは焼きがおすすめ

生冷凍のカニの場合、食べる分だけをビニールに入れて流水で半解凍してからじっくり焼きます。半解凍をし過ぎると旨味が流れ出てしまうので、注意してください。

ボイル済みのカニの場合、コンロや網であれば5~10分程度炙るように焼けば大丈夫です。ホットプレートの場合は、少し水を加えて蒸すような感じで焼けば美味しくいただけます。

焼きガニは焼き過ぎてしまうと、身が固くなり、ジューシーさやホクホク感がなくなってしまうので、注意してください。

焼きあがったら、レモンや醤油、ポン酢などをつけて食べます。カニ本来の持つ塩分や旨味で、そのままでも十分美味しくいただけます。

お取り寄せおすすめは満足良品館

楽天のお取り扱いもある安さを売りにしているお店です。

ブランドノーブランド品
メーカー‎‎(株)築地蟹商

カニは幸せな食卓を作ります

カニは高級食材であり、特別な日やお祝いの席に食べられることが多いです。カニを食べることは、普段とは違う非日常的な体験を提供してくれるので、幸せを感じやすいです。

カニは種類や食べ方が豊富であり、食べる楽しみが多いです。カニの身は甘みや旨味が強く、カニ味噌は風味やコクがあります。カニは茹でる、焼く、刺し身、鍋など様々な調理法で食べることができます。カニを食べることは、味覚や嗅覚を刺激してくれるので、幸せを感じやすいです。

カニは食べるのに手間がかかる食材であり、食べる過程が楽しいです。カニは殻を割ったり、身を取り出したりするのに時間がかかりますが、それがかえって食欲をそそります。

カニは家族や友人と一緒に食べることが多く、会話や笑顔が生まれます。カニを食べることは、コミュニケーションや心のつながりを深めてくれるので、幸せを感じやすいです。

ボッチで食べるときは、幸せな動画を見ながら食べるのがおすすめですね!!(笑)

タイトルとURLをコピーしました