【モラージュ菖蒲】真夏に最高のかき氷、そしてタピオカミルクティーをいただく

モラージュ菖蒲の存在は5年以上前から知っていたものの、羽生市のイオンモールや越谷のレイクタウンなど、イオン系のモールに行くことが多く、これまであまり行くことのなかったモラージュ菖蒲に行ってまいりましたので、ちょこっとスィーツのレポートをいたします。

訪問日:2019年8月4日

目次

  • モラージュ菖蒲は車で40分で行ける距離だった
  • 最初に頂くのはタピオカミルクティーで決まり
  • 夏らしいスィーツと言えば、これしかない!
  • むすび

モラージュ菖蒲は車で40分で行ける距離だった

羽生イオンまでは1時間という距離で、軽くいくにはちょっと遠い、越谷レイクタウンは近いけど渋滞で車で30分から40分という立地。そんな中で、今回はモラージュ菖蒲に行ってきたわけですが、高速道路でいくと、なんとたったの40分で行くことができたのです!!

10時過ぎを想定したのが、9時には到着してしまって、見てください、この、ほとんど車が無い状態を!

早く着きすぎたのでした。

最初に頂くのはタピオカミルクティーで決まり

朝の9時についてしまったので、開店の10時まで待つこと1時間。この日は8月の日曜日。梅雨も終わり、かなり晴れた日でしたので、外は暑い。どうにかクーラーが効いた場所に入ることができたので、どうにか過ごし入店しました。

最初に行ったのは、おもちゃ売り場。

こどものためのお出かけとなってしまいますが、おもちゃを買うためにお店にいくようなものでした。

ということで、用事がすみ、遂に私の楽しみである、フードコートの時間がやってまいりました。

たこ焼き、うどんを食べて、遂にスィーツの時間がやってまいりました。この日の最初のスィーツはなんと!!

タピオカミルクティーでしたヾ(≧▽≦)ノ

うーん 定番 だけど、昔から私は飲んでるよー

このお店、ヨゴリーノ カフェはヨーグルトが専門のようですが、タピオカミルクティーも扱っているということで飲んでみました。

味の方なのですが、一番のびっくりは、味ではなくタピオカの柔らかさ・・・

いつも食べてるタピオカ、コンビニのタピオカ、どれとくらべても柔らかい、おもちみたいな食感のタピオカがそこにはありました。

お店の名前

ヨゴリーノ カフェ

注文したモノ

タピオカミルクティー

お店のホームページ

http://www.mallage.com/shobu/gourmet_shopDetail.php?id=233

夏らしいスィーツと言えば、これしかない!

そんなタピオカミルクティーを昼食にのみ、お店をぶらぶらして、スィーツの時間である、午後3時を迎えました。

この日は8月という夏のど真ん中ですから、とりあえずカフェということで、比較的空いているお店を探しました。

するとあまり見たことのない「 倉式珈琲店 」というのが目に留まりました。こちら、よくよく調べてみるとサンマルクカフェの系列店ということで、モール定番のお店に感じたのですが、ちょっと違いました。

メニューを見たのですが、どれもこれも、美味しそうでしかたがありません・・・

そんな中、私が厳選して選んだのは、かき氷!!

8月の今しか、本当の意味で楽しむことのできないスィーツかき氷を頼んだのでした!!

見てください、このブルベーリーの数、ストローベリーの数、そして、ベリーのシャーベット!!

このためにモラージュ菖蒲に来たと言っても過言ではない時間です。

かき氷と言えば、あたまにキーンとくるものですが、この日はそんなことはありませんでしたね。

お店の名前

倉式珈琲店

注文したモノ

ダブルベリーのかき氷

お店のホームページ

http://www.mallage.com/shobu/gourmet_shopDetail.php?id=82

むすび

イオン系ではない、モラージュというモールに入ったのは、モラージュ柏以来で、1年以上だったわけですが、イオン系とあまり変わらず、違和感なく過ごすことができました。

今回のスィーツを食べた倉式珈琲店は、他の場所にもあるかはわかりませんが、思ったよりも印象がよくて、また来たいと感じさせるお店でした。

他のモールにあるなら、その時に。他のモールにないなら、また来よう!

そう思ったお店となりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です