【台風】2019年台風19号通過後の荒川・千住新橋付近はとんでもない増水「サイクリングロードへ水が氾濫していた」

台風19号の各地の被害状況はとんでもなく、河川の決壊が発生し、ものすごい状況でしたが、私の住んでいる足立区の荒川も負けずに増水が酷く、サイクリングロードに水が流れる出るという氾濫がありました。普段は絶対に起こりえない荒川の氾濫の状況をレポートいたします。

レポート日:2019年10月13日

目次

  • 台風19号の降水量はどの程度で・どんな被害が起きたのか
  • では、荒川の氾濫状況を確認してみましょう
  • 氾濫を防ぐため整備してきた人々に感動すら覚えた
  • 次に備えて何をしようか?

台風19号の降水量はどの程度で・どんな被害が起きたのか

▽神奈川県箱根町では48時間の雨量は1001ミリ、年間降水量のおよそ3割

▽静岡県伊豆市市山でも48時間の雨量が760ミリ、年間降水量のおよそ3割

▽埼玉県秩父市の浦山では48時間の雨量は687ミリ 、年間降水量のおよそ4割

▽東京 檜原村でも48時間の雨量が649ミリ、年間降水量のおよそ4割

これにより起こったことは、風の被害よりも、洪水と河川の氾濫という被害でした。私も台風19号は風の被害が酷いんだろうなと思っていたのですが、ふたを開けてみると、風よりも雨の被害が酷かったのです。なんといっても警戒レベル5が発令されていたのですから・・・

では、荒川の氾濫状況を確認してみましょう

荒川のグラウンドがなくなっていたことに非常にショックを覚えました。サッカーや野球が行われる、当たり前のグラウンドがなくなっていました。

木のあたりまでは、水没することなんてありません・・・

トイレが床上浸水してました!

サイクリングロードが水路になり、完全浸水。看板が、看板ではなくなってました。

ブルーシートハウスも孤島になってました。

氾濫を防ぐため整備してきた人々に感動すら覚えた

今回の震災でいろいろなツイート発言を読みましたが、氾濫がこの程度で収まったのには、それなりに先人の努力の歴史があったからこそだというのを、私は実感しました。

次に備えて何をしようか?

今回の台風は私の人生においてあり得ないほど、ひどい水害をもたらしたものであり、教科書に載ってもおかしくないくらいの台風となりました。その教訓を受け、次にスーパー台風がやってきたときに、どのような情報を利用するのがよいか掲載しておきたいと思います。

荒川の氾濫情報の収集には

川の氾濫が起きるかどうかを確認するのは、Yahoo!が一番よかったです。

Yahoo!荒川の水位情報

警報を知るには

足立区の情報を知るのには、足立区の公式ツイッターが一番でした。

水位に大きな影響を与える潮位を知るには

気象庁の潮位表が一番でした。何時に満潮になるのかが大事です。その時間は、水位があがるので、水が氾濫しやすくなっていましたね。

潮位 気象庁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です