「ファンタジーアースジェネシス」タグアーカイブ

【ファンタジーアースジェネシス】初代iPAD MINIで遊ぶことはできるのか?

私はパソコンは10台以上扱ってきたし、スマホも5台は扱ったし、iPadも3台はあるという、電気機器大好きな端末持ちさんの一人ではあるのですが、最近はスマホだけで十分になってきているので、どれもスペック的に古いんですね。

そんななかで、比較的新しい初代iPad miniでファンタジーアースジェネシスを動かせないかと試したのですが、以前記事を書いた通り

https://chigyo.com/game/?p=1126

使えないことは確認済みでした、しかし最新のOSを使うことで使える場合がある(?)という情報を得て再挑戦を行いました

ということで記事にいたしました。今回は私はiPad miniで挑戦しているわけですが、このような端末への負荷を下げて起動を試みるという手法は、パソコンの世界では普通に行われてきたことですので、参考になればという思いで書いております。

ㇾ iOSのバージョンの最新状態の確認
ㇾ 不要なアプリケーションの削除
ㇾ 通知設定等のオフ
ㇾ 画面の明るさの調整
ㇾ 再起動後のリトライ
ㇾ おまじない
ㇾ 初代iPad mini起動トライアルの結果について

iOSのバージョンの最新状態の確認

前回の初代iPad mini トライでも最新化はしたと思っていましたが、再度確認したところ、前回の起動から時が過ぎていたので、アップデートが必要でしたので、アップデートを行いました。

不要なアプリケーションの削除

アプリケーションをたくさんインストールしている状態ではなかったのですが、可能な限りアプリケーションを削除することにしました。

通知設定等のオフ

バックグラウンド(ゲームアプリの後ろ)で、処理が動いているということは、それだけで端末のCPUやメモリを利用していることになるので、可能な限り切っていきます。Widowsパソコンならプロセスやサービスを落としていくところですが、iOSは簡単にはできないので、今回はこの程度にしました。

さらにネットでiPad miniの負荷を下げる設定を調べるも有効そうなのはありませんでした。

画面の明るさの調整

おまじない(パソコン野郎の昔からのキーワード)に近い気がしますが、画面の明るさを落とします。強い光を使うということになるので、それだけ電力を使うというわけですから、明るさは適度にしてみます。

再起動後のリトライ

上記のすべての対処を行った後で、リトライを試します。それまで起動していたアプリの無駄なメモリ消費などをクリアする意味があります。

おまじない

ゆっくり操作する。ログインした後すぐに街を移動したり、いろんな画面をいじったり、チャットをしたりというのは、端末にとっては負荷がかかるので、なるべく一つ一つの操作を行います。

⇒はっきりいって動かないことは確定しているので、どうにか動いてもらうようなおまじないです。

初代iPad mini起動トライアルの結果について

さて、いよいよ上記すべてのことをやった後での動作の結果のお話を記載させていただきます。

御覧のツイートのように動作することは可能になりました。チャットもキーボードの設定で、ほとんどの項目をオフにすることで、成功する可能性が高まりました。

しかし、ログイン時にクラッシュすることもあれば、戦略マップでも布告などの動作をすると確実にクラッシュしますし、装備の変更をしてもクラッシュしてしまいます。

このiPad miniで、できるようになったことと言えば、エイルのログイン状況を見るのと、チャットを覗くことくらいでしょうか。

また、ログインユーザーが増えるたびに、若干の負荷が増加していきますので、結果的には、人が多い時間帯には、使い物にならない状況です。

結論としては、がんばってもだめだったでした。

最後まで、読んでいただき誠にありがとうございました。また、何かしら突破口がありそうでしたら、記事にしたいと思います。

ありがとうございました。

葡萄畑問題は問題なのか?

ファンタシーアースジェネシスというゲームには、NPCの敵やモンスターが登場することはなく、戦争をする場合には、必ず対戦相手となるプレイヤーが必要になります。

そのため相手がゲームをやってくれないとゲームが成立しないということになります。

アデル視点に立つと、すべての領地を占領してしまい「紫一色=葡萄畑」になると布告する場所がない=ゲームができないとなり、問題だということになりますが、これは本当に問題なのか、誰の問題なのかを考えてみたいと思います。

運営が問題なのか?

まっさきに問題の原因とされるのは運営ですが、はたしてそうなのでしょうか?

このゲームの仕様として、戦うのはプレイヤー同士ということは最初から決め込んでいたわけです。そのため、同盟間で大きな差がでるような設計はしていません。

各同盟を選択したランダムなユーザーが、それぞれの同盟に別れ戦うことになります。

つまり、ランダムに選択されたユーザーのそれぞれの行動の結果紫一色がおきているわけであり、運営がアデルが優勢になるように仕組んだはずはないのです。

結果的にそのようになっているだけです。

ただ、このような状況を生んでいる原因は、

戦争の成立条件となる、プレイヤー数が少ない

ということは言えますから、前提となるログインプレイヤーを集められなかったところが、問題とはいえるかもしれません。

また、同盟毎に盟主や街の風景は異なりますから、あるとすれば、そこに若干のログインプレイヤーのムラを生む原因があったかもしれません。

深夜~早朝プレイヤーが問題なのか?

アデルの葡萄一色問題なのですが、占有状態を見ていると、ゴールデンタイムにすべての領地を失ったアデルのはずが、朝起きてみると紫一色になっているという現象です。

つまり、アデルは夜は劣勢であり、負けているのです。しかし、深夜から朝方にかけて遊ぶプレイヤー達が、戦争をした結果、紫一色となります。

これについてどういう状況かを覗いてみたのですが、どうやらアデルだけにプレイヤーがいる3vs0の試合、アデルの数が多い戦争が多くなっており、結果的に紫一色になっているということのようです。

つまり、深夜から早朝にかけて遊ぶプレイヤーは、アデルにばかり人がいて、他同盟には、少ないという現実があり、このことから、紫一色になっている言えます。

では、彼らがプレイすることが問題なのでしょうか?

それは違うと思います。彼等はアビューズ行為を行っているわけではありません。ゲームの仕様内で遊んでいます。

それでは、相手がいないと戦争が成立しなければいいという発想もできるかもしれません。

戦争システムが問題なのか?

布告の成功条件は3。つまりプレイヤーが3人いれば戦争は開始できます。(もちろんプレイヤーといっても人である必要はなく、一人でアカウント3所持していれば、布告は成立してしまいます)

また、相手となる敵プレイヤーが不在でも布告は成立しますから、「3 vs 0」という戦争が成立してしまうシステムになっています。

それでは、これは問題でしょうか?

ここは問題かもしれません。

どう戦争システムを変えるのか?

必ず3人×3人の6人がいなければ、相手がいなければ戦争できないという仕様にすることができます。

しかし、これでは、戦争開始条件が厳しくなるという可能性が高いです。

回避するとしたら、常に同数でしか、戦争が成立しなくなる。あるいは、増援も同数でしか入場を許可しないということになるでしょう。

1 vs 1 で開始された戦争に、1 + 1 づつしか増援されないようにすれば、人数差はなくなるでしょう。

しかし、人数差0を目指すとなると、次には、プレイヤースキル+ステータスの低いプレイヤーを排除する動きがみられるはずです。

人数差がなくなったあとで、負けが続くとすれば、この問題の原因は、プレイヤーの問題が確定します。

装備のステータスの低いプレイヤーが混じれば、戦場では足をひっぱりますから、来るな!新規くるな!という問題が必ず起きるでしょう。

問題はどん詰まりである

私自身がこのように考察しても問題解決の糸口は見えませんでした。

問題をどこにするかで、対策は考えられますが、必ず次の問題が発生しそうです。

毎日プレイしているのでそのうちいいアイデアが浮かぶかもしれませんが、運営側もいい仕様を考えたけど、やはりうまくいかない何かを悩んでいるのではないでしょうか。

数多くあった不具合を解決した先に、今度はゲームシステムの問題が浮上しているのですから、かなり状況はよくないですね。

プレイヤーにも問題はある

一番は、この仕様を受け止めて、プレイヤーが各同盟にわかれ、それぞれの時間をゲームにつぎ込み、10分から20分を楽しめればいいのだと思います。

つまり、行動を変える必要があります。

FEGやろう!ログイン

ゲームが成立してないな!

ログアウト

ではなく。

FEGやろう!ログイン

ゲームが成立してないな!

10分待とう

ログインユーザー増えた

戦争成立させよう

戦争

ログアウト

のような循環が各同盟で起こればいいと思います。

しかし、ゲームにログインしても戦争がないと何もできない仕様のため、結局は、ユーザーがゲーム内で待たないという状況を生むことになり、戦争がよけいに成立しないということが起きていると思います。

人間という生き物は、誰かに問題をなすりつけたいという心理が働きますから、何事も問題にしがちですが、少し考えてみれば、道路の渋滞も、生活の問題も、うまく解決されるということがあるということを、常々私は感じております。

問題が本当に問題なのか、何がこの状況を生んでいるのか、自分ができることがないか、誰かに頼る前に自分にやるべきことがないかを考えるべきだと、私は生きてきているので、そのように考えるのですが、どうなんでしょうね。

参考になれば幸いです。