16年のキャリアを持つコンサルティングについて触れていきます。また、フリーランスとしてお仕事のご依頼も受け付けておりますので、 依頼フォームより、ご相談ください。

目次

コンサルタントの役割

コンサルタントは、業務の専門家と言われますが、業界で活躍した人が転職したり、大手一流企業でも苦手な人の多い、会議の推進、リーダーシップのサポート、プロジェクトの推進、プロジェクトの管理サポートなど、実態として、管理業務のサポートをするのが主な仕事となります。

コンサルタントの仕事

業務改善、業務改革、システム刷新、システム構築、人員整理

ありとあらゆる企業の悩みを、外部の専門家としてサポートしていきます。

システムが当たり前になった今日では、システム導入による業務の効率化を行う企業が多いことから、システム導入をソリューションとする仕事も多いです。

コンサルタントの報酬

企業のお医者さんと呼ばれることもあり、不可能を可能にする提案をしたり、期限に収めるようにプロジェクトを管理したり、過酷な労働も多いため、その分費用も高額になっています。

銀行でのコンサルティング例

新規業務システム導入のプロジェクト支援

日本の銀行は、どの子会社もシステム子会社を所有しておりますが、実態として、システム運用が多く、新規のシステムを導入するときは、外部のシステム開発会社を使うことが多いのですが、規模が大きいシステムを作ることが多く、システムの品質および進捗管理が複雑化しがちです。

そのような状況で、問題を未然に防いだり、データから問題を洗い出し、プロジェクトの推進をサポートするのが、コンサルタントの仕事になってきます。

リース会社でのコンサルティング例

基幹システムのスクラッチ開発

日本独自の商習慣で行われるシステムは、SAPなど海外の業務パッケージを利用することができず、独自のシステムの開発を行う必要がありました。

業務にあったシステムを作り出すことがコンサルタントに求められ、コンサルタントが業務システムを作ることが仕事になっています。

システム会社でのコンサルティング例

プロジェクトの推進サポート

システム開発は時間をかければ、どの会社が行ったとしてもある程度は実施可能です。しかしながら、導入目的を明確にし、期限を守り、目的の達成度を測ることは、容易ではありません。

プロジェクトの管理や問題点の洗い出し、そして、問題解決の手助けをするのもコンサルタントの仕事になっています。

お受けできるコンサルティング業務

当面は小規模の仕事をお受けしたいと考えております。イメージとしては下記ののようなものを想定しています。

  • 集客力のあるホームページの提案・作成
  • スマホを使った勤怠管理システムの選定もしくは新規開発の提案
  • エクセルを使った業務支援ツールの提案および開発

メニューを閉じる