WordPress ver.5以降で導入されたブロックエディタ「Gutenberg」ですが、別のサイトにある記事データを移動させたところ、下記の表示がでるようになりました。

このようなエラーが起きた場合の対処の方法をメモします。

復旧を試みる

復旧を試みるボタンを押下すると下記のように一時的に、復帰するのですが、再度編集しようとすると、またエラーになるエラーでした。

接続状態などの一時的な問題であれば、復旧を試みるで解決される可能性もあるかもしれませんが、本文にエラーが含まれているような場合は、いくら復旧を試みようとしても復旧できません。

投稿内容をコピー

投稿内容をコピーを押せば、記事の内容をコピーできますので、書いた記事を無駄にすることはありません。

下記のようにメモ帳などを開き、Ctrl+Vなどでペーストすることで、記事の内容を保存することが可能になります。

エラー文をコピー

Gutenbergにより発生した、予期しないエラーの原因を調べたい場合は、このエラー文をコピーをつかいます。

投稿内容をコピーと同様に、メモ帳などにペーストすることで、エラーの内容を確認することができます。

今回は、エラーの内容からプラグイン(Japanese Font for WordPress
)の問題ということがわかります。

Classic Editorを利用する

使用したいプラグインがあるのに、Gutenbergが原因で利用できないのでは、記事が書けません。

今回は、Classic Editorに戻すことで回避することにしました。

メニューを閉じる