ピアノでお金

ピアノでお金を得る、ピアノを仕事にするということは、従来はとても大変なことでした。

そもそもピアニストになりたいという人は、無限なほどにいますから、ピアニストを職にすることはとても大変です。そして、ピアニストになりたいという割には、音楽的才能のみならず技術力の鍛錬が不足している人が大半です。しかし、それをうまく利用することが仕事に繋がります。また、ユーチューバーなど、派生の仕事をうまく作り出すことで、稼いでいる人たちが確実に増えています。

ピアニスト

基本的になれません。理由はピアノは今や一般人が聴くものではないからです。すくなくともピアノ関係者ではないとピアノの演奏をお金を出してまで聴こうとは思いません。となるとピアノを習っている人たちの間でのトップではないと聴かれないということになります。当然、ピアノの腕前は超一流、世界の中で争えなければ仕事にはなれません。ピアニストになりたいのであれば、そういったアスリートなみに訓練をする覚悟および実践が必要になります。

ピアノの先生

ピアノの先生は、ピアニストになりたいという人にレッスンをしてあげることができます。ピアニストにさせたいという親御さんの意向をくみ取って、ピアニストになるために自分がやってきたステップを教えることが仕事に繋がります。

企業の教室に属すると手数料が抜かれ、そもそも習い事としてだと、一般家庭からいただく料金は少ない設定をせざるを得ないことになり、サラリーマンの平均所得の上下に応じて収入が変動します。

平均年収は少ない部類に入りますが、女性が多い仕事であこともあり平均は低く出ています。経営能力次第ですが、先生を雇用し、事業化することも可能です。

ピアノの調律師

バブル期には1日に8件こなし月100万円から200万円以上の稼ぎがあった方もいましたが、ピアノの人気の減少、電子ピアノの普及に伴いほとんど仕事はなくなりました。

技術力のみならず大学やコンクールでの経験・実績が多い、本物の調律師のみに仕事が集中する状況が生まれていますので、若いうちはほとんど稼げません。仕事もなかなかもらえないでしょう。しかし、確かな実績を積むことで、ライバルはいない状態になりえるので、本当にピアノが大好きであり、調律の仕事に高いプロ意識があるのであれば、今後ともお金になる仕事であり続けます。

また、中古取引の仲介営業を併用できますから、演奏家にはなれなくとも仕事としては定番となりえます。

伴奏の仕事

合唱の伴奏の仕事がないことはありません。合唱好きのサークルや別の楽器とのコラボレーション。自らはあくまでも伴奏として、裏方をやることになるわけですが、ピアニストになれなくとも、仕事にすることができます。

アイドルや何かしらの定期的な伴奏の担当に選ばれれば固定の職業になれますが、そうでなければ仕事というよりはアルバイトになります。

学校の先生、音楽教諭

中学校、高校などの音楽教師は安定した仕事の一つです。義務教育の中では、必須の授業ですから、国がなくならないかぎりは存続し続けます。ただし、枠が少ないだけではなく、後任を前任が選ぶなど、それなりのコネクションがないとなかなかなれないのが実態です。

保育士、幼稚園の先生

ピアノやオルガンを演奏することもありますが、やはり子供が大好きな人がなる職業です。ピアノを演奏する仕事ではありません。

ユーチューバー

現時点では、動画をアップロードすれば、だれもがある程度は小銭が稼げる仕事でしたが、参加者が増えてきており、競争は激しくなっています。それでも、伴奏の動画だったり、アイデアを絞り、だれもやっていない動画を作成することができれば、一気に人気になり、収入を得れるチャンスはまだまだ残っています。

ブロガー、サイト運営者

これは私がやっているこのサイトも含まれます、ネットで記事を書き、情報提供を仕事にすることになります。ただし、実際にピアノを弾くことはほとんどなく、知識だけに依存しやすいので、あまりピアニストを目指した方がやるべきことではありません。

[the_ad id=”1394″]

ピアノ教材の作成

従来は紙媒体であった書籍や採譜の仕事も、どんどんオンライン化されてきており、それに伴って、情報のオンライン化が進んでいます。ある楽曲が発表された後で、すぐに楽譜を採譜し販売するという仕事ができてきています。

作曲および楽譜の販売

これは昔の偉大な作曲達も通った道です。自ら曲を作曲し、楽譜を売り歩く。今では、オンラインで作曲した曲をユーチューブで配信し、楽譜も売るというスタイルが広まっています。これは、従来からの王道なので、今後も拡大していくでしょう。ただし、人気がでるまでは、無償で活動を続ける必要があります。