絶対損しないピアノの売り方

有名なタケ〇トピアノさんやヤ〇ハさんは、中古のピアノ買取をするために、バカ高い広告宣伝費を使ってまで買取を行っています。これができるのは、利益がきちんと出るビジネスだからです。

しかし、よく考えてみてください、中古のアップライトピアノの販売価格は、30万円から50万円程度です。

それでいて利益が出ると言うことは、中古のピアノをいくらで買い取っているんでしょうか?

ピアノの調律代金は、1万円~です。そして、ピアノの修理代金は最低でも10万円~が相場です。さらには、ピアノの移動には、移動だけで3万円~のお金が掛かります。取りに行くときにも、運ぶときにもです。

中古業者の利益を考えて逆算してみましょう。

例えば40万円で販売されているピアノは、修理代10万円、輸送代6万円、調律代金1万円を引いたら、23万円です。ここに宣伝広告費がのり利益がのっけるとしたら、いくらで買い取っているとおもいますか?

売値が40万円の中古ピアノを販売して利益を上げようとすると、少なくとも買取価格は15万円程度か、それ以下にしているということになります。

ピアノ買取ナンバーワンさんの調査でも、数万円から高くても10万円程度となっていました。

参考:ピアノ買取ナンバーワンさんの買取相場

また、ピアノ買取業者はピアノをやっている家庭について、次のように見ています

  • ピアノのやってきた家庭はお金に困っていない
  • お金についてけちけちしないプライドがある

そのため、交渉はなく、業者の言い値で売るだろうと思っている業者がいるくらいです。さらには、何か不都合をあげ、無料で引き取りしますというところもあるそうです。

1社だけの見積もりでは、だまされてしまう可能性があります。

そこで、私が、おすすめするピアノの売却方法は、引っ越しと同じように、複数の業者に見積をとることです。

しかし、一社一社、別々に依頼するのは面倒ですよね。

そこで、お勧めするのは、

ズバットピアノ買取比較

です。面倒な電話営業がないことが、このサービスの魅力だと思います。

愛着のあるピアノを売るのはとても大変なことですが、できればよい価格で売りたいものです。