ピアノを通信販売で買いますか?

ピアノの販売店は年々減っておりますが、最近ピアノのネット通販はやや増えているように感じます。

しかし、ピアノのネット販売はまだまだ一般的ではなく、不安もたくさんあります。長年練習することになるピアノですから、ピアノ選びで失敗はしたくありません。

ピアノは重量もあり、お金があっても簡単に交換できるものではないため、本当に通販で買えるのか?無駄な買い物にならないように慎重に検討したいものです。

ピアノのネット販売では、ピアノの動画付きで紹介する機会が増えてきました。しかし調律師さんに聞いてい見ると、あり得ないと言われてしまいました。いくつかその内容を書いておきます。

ピアノの音色は調律によって変わる

私がお願いしている調律師さんは、音楽大学やコンクールなどの調律を担当している経験豊富な調律師さんなのですが、調律である程度音色は変えられるとおっしゃられていました。

そのため、録音されているピアノの音でそのピアノがいいかどうかはわからないということです。ただし、その調律が良いか悪いかは、音で判断はできるそうです。

でも、音色でのピアノの調律の判断というのは、調律師さんだからできることですよね。素人には無理だと感じました。

ピアノの本体は塗装でいくらでも綺麗にできる

ピアノ本体の塗装に関してですが、調律師さんに言わせると表面は家具のようなもので、いくらでも加工ができるということです。そのため、外部に使われている木材の状態で、ピアノの状態をはかることはできないそうです。

ピアノの金属パーツは磨けば光る

ピアノの金属パーツに関しても同じことが言えるそうです。どんなに錆びていようが磨けば光りますし、交換パーツも大手のピアノ程見つかるので、見た目で判断はつかないと言われました。

ピアノの中身の状態は調律師さんでなければ判断できない

ピアノの調律師さんだからこそ、そう言っているのかもしれませんが、ピアノの響板やダンパー・チューニングピンなど、ピアノの中身のパーツは、見た目では判断できないそうです。

演奏に影響のある痛みなのか、あえてつけた加工なのか、素人にはわからないそうです。

実際、調律の現場に立ち会ってますが、今でもピアノの中を見て、良いか悪いか判断できるとは思えません。

ピアノの音は録音機材で変わる

これは私の体験談ですが、ピアノの音はマイクの性能や、マイクを置く位置でいくらでも変わるということを経験しています。

そのため、ネット動画での、音質が悪かったからと言って、悪いピアノとも言えないし、音質が良かったからと言って、いいピアノともいえないことは、確実に言えます。

ピアノを通信販売で買いますか?

ここまでの文章を読まれた方は、おそらくピアノの通販はやめた方がいいと思ったことでしょう。しかし、だからといってピアノの通販がまったくダメと言うことはありません。

次のポイントがしっかりしている通信販売業者であれば安心です。

  • 実際に楽器店の店舗を保有している

たった、これだけです。逃げられない状態にある楽器店であれば、間違ったものは販売できないですし、ネット時代ですから評判が悪くなったからと言って、新しくテンポを作ることはできません。

そういった意味では、楽天にある、創業100年のオワリヤ楽器さんのようなところは、通信販売はありだと思います。

参考になれば幸いです。