ピアノの才能がある子供の見分け方 続き

やはり自頭がいい

音大を卒業する人は楽器ばっかりやってきたから、学力は低いという人たちがいます。

確かに、音楽大学や音楽高校、音楽中学校の入試の偏差値が低いというのは最近の傾向ではあります。

しかし、本当にそうなのでしょうか。私は少し疑問があります。

10才未満で楽譜に触れる時に、割り算の考え方ができないと、きちんとした音符の符割が演奏できません。

4分音符の音符ひとつづつを、3連符にしたり、4連符にしたり、8分の6拍子を理解したり、音楽のソルフェージュを理解するには、子供のうちから算数ができないとうまくできない事実があると私は思います。

なので、ピアノの神童になる人は、たいてい、勉強の基礎学力も備わっています。

偏差値が低い理由は、社会や理科の記憶に依存するテストなどは、排除していることや、音楽科を選択する人がそもそも少ないことが理由としてあると感じています。

病的な人もいる

人嫌いで、人の中に溶け込めず、ふさぎ込みがちな人が、実は音楽の才能があるケースがあります。

これは、外部からの刺激に対して受ける影響が大きすぎるのではないかと、私は感じました。

1を言ったら100とは言いませんが、10以上の感情が瞬間的に生まれてしまうような、感情豊かというか、病的な繊細さを持つ人が、信じられない才能を出したケースは、過去のピアニストを見ているとあります。

ピアノの才能がある子供の見分け方



ピアノの才能を気にしている人にどうしても伝えたいこと

  1. 子供の頃から音楽に対する興味が異常
  2. ピアノの才能がある子供は、初めての人の前でも堂々と受け答えできる
  3. ピアノの才能のある子供は、異常に音楽が好き
  4. ピアノの才能のある子供は、絶対音感が身についている
  5. ピアノの才能にピアノ教室は関係ない
  6. ピアノの才能がある子供の見分け方 まとめ

ピアノの才能がある子供の見分け方 続き

無駄なレッスンでお金を失う前に才能があるか遺伝子検査をしてみませんか?

[PR]安心の国内検査でお子様の才能を開花【GIQ子ども能力遺伝子検査】

ピアノの才能があっても評価されないピアノ演奏