ChigyoLifeも一歩先に進みます

当サイトは、何かテーマがあってやっているよりも、ただ単純に毎日の生活で起きたことの記録をとっておこうと始めたものでした。

しかし、仕事に時間がとられすぎて、あまり良い投稿が今日までもできずにいます。

本来であれば、どこかに出かけた、どこかでこんなものを見つけた、こんなびっくりおもしろいがあったよーというサイトにしたかったのです。

そんなダメダメな状態から脱皮すべく、今日は一つの絵をつくりました。

それが冒頭の写真です。これから、一歩一歩着実に、サイトを成長させよう。そう思って、これを書いています。

アイデアが浮かぶ日、まったく浮かばない日がありますが、それでも、毎日一歩一歩なにかしらを改善していこう、そう思っていますので、読んでいただける皆様には、何かしらお伝えできるように今後とも頑張っていきます。

よろしくお願いします。

大企業は働くべき場所ではなくなっている

しい子供達にどんな生き方をさせたいか?

と問われたとき、やりたいことがしっかりある子供たちに、大企業で働かせることは、私はまったくおすすめしない。

やりたいことはないけれど、人と比較して給与の良い仕事が欲しいという場合だけ、おすすめする。

そんな状況であるので、そのことを今回は書いてみたくなった。

私は、ITの仕事の都合で、大手企業ばかりに特化して、様々な大企業の現場を見てきたが、共通していえることは、大手企業の仕事は、どれも、仕事ではないということである。

手も動かさない、管理だけが、求められる。それが、大企業である。

新しい技術や、新しい取り組みは、自分たちがやるわけではなく、成熟した段階で、買うのが、大企業であって、先取りで、自分たちが、やるということは、ないのである。

だから、新しい仕事は、大企業にはないのでる。

また、大企業というのは、失敗ができないがために、新しいことができないのである。チャレンジをしないのが、大企業なのである。

チャレンジをしているのは新しい企業であり、その企業を買うことで、新しいことをしていると、言っているのが大企業なのである。

確かに、創業当時は、チェレンジしかなかったのが、今の大企業であっただろう。

しかし、それは創業当時の、ベンチャー企業のときの話である。ベンチャー時代、創業時代が終わり、大企業になった大企業に残されているのは、保守やメンテ、人の管理、外部業者の管理。そんな、仕事しか残っていない。

それが大企業という場所である。

お金のために働く、それが大企業の仕事である。

大学、大学院で先進の技術を学んだとしても、それを使う場所は、大企業ではないのである。それが、現在のこの国の問題でもある。

危険、危険と先進の技術を学ぶことすらも、できなくなっている日本。どこに向かっているのか、日々、疑問しかない。

間違った日本の教育を、今すぐ見直す必要がある「勉強してもどうにもならない」

後の偏差値編重主義、学力主義、は事実上完全に終わっているのですが、生まれてから大企業に入社するまでの、学力主義は、今も終わっておりません。変っております。

優秀な人間が、付加価値を生み出す。これは、もう時代遅れになりつつあります。なっています。日本が没落していく様を見ていれば明らかです。

人間と比較し優秀なのは、コンピュータであり、文句も言わず働き続けるのは、コンピュータであることが、確定した今。

勉強して付加価値が生まれるのでしょうか?

私の答えはノーです。

同じことを繰り返すこと、すでに認められた技術や学術に従った最適解を得るのには、人間が実行するのではなく、コンピュータが実行することが精度が高いことは、だれが考えても、認めざるを得ないでしょう。

しかしながら、繰り返し作業である勉強による、優劣の判断は、誤っているとしか言いようがありません。手元にスマホがあれば、計算はスマホに任せた方が正しい結果が得られます。スマホ片手に試験を受ければ、100点が採れる状況がうまれている。

それなのに、なぜにスマホを使わず生きる、勉強をするのか?私は今、理解できません。

それよりも、すでにスマホというコンピュータが手元にあるのだから、スマホがあることを前提とした勉強をすべきだと思うのです。

学校でのスマホ利用は禁止だと、学校が言うことがありますが、これは完全に未来に対応できない子供を育てることになってしまいます。

むしろ、どんどん先端技術を活用し、いろいろな実験を試みるということが、学校ではなされるべきだと私は感じます。そうでなければ、国際社会、真のグローバル社会では勝てません。

自ら、未来を否定しているのですから。

というところで、愚痴になってしまいましたが、勉強したって意味ありません。やりたいことがあるから、学ぶ。知りたいことがあるから、学ぶ。そこに価値があります。

やりたいことのない人間は、何も学べないのが人生です。やりたくないのに勉強をしているのであれば、まずはやりたいことを探すのが先です。

探しに行きましょう!

早朝から出社

今日は新幹線で名古屋にいかないといけないので、朝5時に起きて既に電車に乗っています。

で、こんな朝なのだから座れる?って知らないと思うところなんだけど、全然座れません。

ちなみに乗車駅は北千住です。

乗客は年齢層が幅広く20代から定年すぎの方まで、別に普段の時間帯と変わらない。

自宅が遠く通勤に時間がかかる人、仕事の始業時間が早い人、いろいろだと思うけど、みなさんお仕事です。

平均的な時間以外に働く人がいるおかげで、日本では、いろいろ便利なサービスが受けられるわけだから、私の今日の名古屋移動も不平、不満をいうようなものではないと考える。

早朝から働かれてる皆様、お疲れ様です。

40歳になったけど、かなり元気だね

このブログを書いてる中の人の話ですが、40歳になってます。(笑)

別に隠すことはないのですが、知りたい人もいないだろうと思って、あえて書いてきませんでしたが、なぜ、今日はそれを書いたかというと。

40歳になると、けっこう体が動かないとか、衰えるとかいうので、ダメなんじゃないかと思っていたんです。いろいろ40代になるとできなくなることが多いんじゃないか、記憶力がなくなるんじゃないか。

昔、親が、「最近は記憶力がなくなって、歳だ」とか言っていたので、なんとなく歳を重ねるとやばいのかなぁって、ぼんやり思っていたんですね。

ですが、そうじゃない。結局、20代の頃から感覚的にはそれほど変わっていないですね。

昨年まで、ちょっとした病気を持っていて、うつ病になっていた時期があったのですが、それを私は今乗り越えていて、むしろ30代より元気だし、まだまだ、これからやっていけそうだという感覚がある。

[the_ad id=”1942″]

よく40代になると体力が衰えるという言葉がありますが、それは運動量と飲酒、食べ物が影響していると私は考えますね。

20代の頃は、学生時代に近く、毎日のように運動したり走ったりしていた時期から近いですから、筋力も残っている。いっぽうで40代になるころには、ほとんど定期的な運動はしなくなっていて、仕事が生活の中心になっているから、付き合いのお酒などで、体力面を鍛えることもなく、むしろ体力を減らす努力(笑)をした30代のせいで、40代でそのつけがまわってくるだけの気がします。

頭の回転速度に関しても、今や、googleがありますので、サポートもばっちりです。というか40代だと、記憶力が衰えるわけじゃないですよね。子供に負けるといいますが、まったくそんなことはない、10歳くらいの子供の方が、いろんなことを覚えてませんw

興味のあることは覚えられるけど、興味のないことは覚えられないのは、年齢を関係なく、脳の働きの基本なのだと思います。

また、私は、記憶力の問題は、40代くらいまでになると、コンピュータのデータベースのように記憶容量が多くなって、検索に時間がかかるんじゃないかと思っています。SQLでいえば、SELECT分をインデックスなしで検索にいっている状態なので、おそいんだと思ってます(笑)

ということで、何を書きたいかというと、50代になることもやはり、不安があるわけですが、自分の親、親戚のことを考えてみると、50代もやはり、全然元気になれる気がしてきましたってところですね。

年齢を重ねた時に、歳の問題があるとすれば、個別の問題や生活習慣のせいで、体力や記憶力に差が生まれる傾向があるとは思いますが、20代と変わらない生活をしていたら、結局かなりの年齢まで、変わらない気がしています。

というところで、気が若いということが、一番な気がしますね!40代も頑張りますよー すでに頑張ってるけどね

今月はやたらと交尾を目撃する・・・

キャンプ場ではないような場所なんだけど、今月はやたらと昆虫の交尾を見るんですよ

こんな年いままでなかったなぁと思うんだけど

最初は、とあるお店の駐車場でみつけたカナブンの交尾

DSC_2488 (1)

人生で初めて見たかもしれないと思ったので、念のため写真をとっていたんだけどね

そしたら、今日はアブラゼミの交尾ですよ

まさか月に2回とは、それもただ、歩いているだけですよ

DSC_0281

場所は、日比谷公園です。

写真は死んだかのように見えるかもしれませんが、近づくと、来るなーって感じで、羽をバタバタして、遠ざかるとおとなしく、なにやら続けています

このままいくと、いつか他人の屋外セックスというやつですか?

見てしまうんじゃないかと思えるような、波動にいたりするんでしょうか?

わたし?

いやはや。。

みせつけてくれますね。。昼間から。。

こそこそ、やる人間のほうが、あさましいのかね(笑

個人情報を守るなら申し込みしていないのに使ったら違法とすべきじゃない

個人情報が漏れてしまっても、拾った人が使いたい放題だから

永遠に守れないので

拾った人が、使ったら罰せられるにすれば

誰も売りもしないんだよね

おまけにDMだってこなくなる

個人情報を利用して商売をしている企業が多いから、今のところそうはなっていない現実があるだけで

きっぱり使ったら罰せられるにしたら、かなり郵便物が減ってスマートな社会になるんじゃないかな

でも、そしたら郵便もメール便も止まるから、彼らも減収しちゃうね

あーあ、やっぱやめられないんかね

 

ウェルキャンプ西丹沢の事故について雑感

ウェルキャンプ西丹沢の起きた事故について、いろいろ思うことはありますね。

私はこのキャンプ場を利用したことはありませんでしたが、いつかは利用したい場所として考えていました。

あさましくも使っていたテントがブラウンだったので、まずはそこに目がいってしまいました。

使っていたテントは小川キャンパルでしょう。事故にあった方は、初心者っぽくはないですが(お金を出せば、丈夫な道具は買えるので、キャンプ経験については、それだけでは判断できないですが)、そもそも川のそばでのキャンプといえば、危険な場所として、まず設営してはいけない場所と、どんな本にも書いてあったとおもいます。

わたしが子供の頃に読んだ本でも、川の危険について書かれてあったと記憶しています。

最近のアウトドアブームにのせられて、いいことしか書かない雑誌やブログの情報だけで、キャンプをやっていたとしたら、川の危険について、もしかしたら思いもよらなかったかもしれない。

ただ、今回のウェルキャンプの事故については、この人口の中州をキャンプサイトとして指定していたらしいので、キャンパーは人口の中州を指定されたけど「きっと安全」と認識していた気もします。

自然の中で行うキャンプについて、焚き火をすればやけどはつきものだし、ナイフを使えば指を切る可能性もあるし、川で泳いだら、どんなに少ない水の量だとしても、死ぬ可能性はある。

100%の安全を求めるなら、キャンプ場に来ないでくださいというのは、まぁわかる。

ただ、今回は人口の中州というところが、微妙なんだと思う。

原子力は安全と主張してきた電力会社だって、地震と津波という自然が引き起したと思われる事故に、どこまで保証するか明確な線がひけないような状況なんで、人口だからなんでも保証するかというと、それも無理な気もする。

大企業がやれないことを、小さな個人経営ができるわけないので、責めればこのキャンプ場は閉鎖だろう。

最後に自分の命を守れるのは、自分しかない。

家族を守るのは自分とし、正しい知識を常に求め、自然からは常に学ばせてもらう謙虚な心を持って、私を含めキャンパーはキャンプをしていく必要があることを、再認識する機会になったと思う。

この尊い犠牲は、今後も増えるオートキャンパーへの警鐘として、肝に銘じて楽しんで行きたいところである。

話は変わるが、私は渡船を使い、海の堤防で釣りをすることもあるが、地震が起き津波が起きれば必ず海に投げ出され、死亡する可能性はある。常に、地震がおきませんようにと、心の中で念じているところもあるし、ライフジャケット(浮き輪)は必ず装着するようにしている。しかしながら、ライフジャケットを持たず釣りする人もいるのである。

自然と共に暮らすことは、自然の脅威を思い出させてくれる良い機会でもある。

今回の事件がどのような結果に落ち着くか、見ておくくらいしかできないが、この結果を受けて死亡事故が減るかと言えば、どちらとも言えない。

規制を守らない、キャンプ場がどんどん閉鎖されていくとかそういったことがおこるのだろうか?

 

極論を言うと夏休みと言えば、海で溺れる子も多い時期なので、自然と遊ぶのだから仕方が無いと言えば、仕方が無いと思う。

海の事故だって、保証を誰かがしてくれるわけではない。

登山の遭難だって、同じである。

 

キャンプは安全な遊び、という認識を今一度見直す機会になったと思う。

 

 

荒川の散歩と夜のスカイツリー

DSC04497

夜の荒川散歩が三日坊主に終わらず、続けられるようになったので、カメラ片手に東京スカイツリーをきれいにとれないかなぁということで、撮影。

スマホだと、ズーム機能がなく、すごくちっちゃくしか写らないので、今日はデジカメを持参してみました。

5倍くらいで、この大きさです。

ただ、三脚はいらないだろうということで持って行かなかったのですが、手ぶれしてしまうので、土手の手すりなど固定できそうなところで、スマホを台にしてみたりして、がんばって固定させて撮影してどうにか見れる写真になったのは、この一枚です。

DSC04503

 

上の写真のように橋の手すりのでっぱりにカメラ置いて、固定させて撮っていますが、風が吹くだけでも動いてしまうので、やはり限界はあるなぁと感じます。

DSC04499

 

これはサンシャイン60ですが、もうなんだかぁ。失敗的な写真ですね。

次回は、三脚をもってトライしますね。夜の散歩が楽しみになってきちゃいました。

グッジョブなタープがあれば、梅雨も雨のキャンプもOKだよね・・・

先週から何日も雨が続いてしまって、いかにも梅雨なのですが、心配ごとが募ってきてます。

今月末のキャンプ、雨が降ったらどうしよう。。。どうしよう。。。

キャンプ場は、台風や暴風でないかぎり、水はけは大丈夫なように作られていることはわかったのですが、装備がちょっと心配。

でもって、しらべると、やっぱりヘキサタープが大事らしい。

“グッジョブなタープがあれば、梅雨も雨のキャンプもOKだよね・・・” の続きを読む