人生は今日終わってもおかしくない-今日もやりたいことをやらなくてはダメな理由-

  • 死は突然やってくる(やりたいことは今日やるべき)
  • やりたいことが今日できなくても、それに向けた今日できることがやりたいことになる
  • 人間はやりたいことしか最後は続かない
  • 明日があると思って生きていたら後悔する
  • お金と人生には相関関係がない
  • お金がなくてもたいていのことができる社会が既にあることを理解しよう

死は突然やってくる(やりたいことは今日やるべき)

あなたは何歳くらいで死ぬと思っていますか?

両親が生きてるから、そんなの考えたこともない。

死んだ人なんて聞いたことないし?

近所で葬式やってるの見たことないよ!?

本来は、赤ちゃんが生まれるように、日常的に見えてもいい人の死ですが、家族葬で規模が小さくなり、また、孤独死で淡々と処理される死が増えてることもあり、日常的に死が見えることが、だいぶ減った気がします。

テレビでも、死亡が確認されたという表現は既に過去の言葉となり、最近は心肺停止の状態で発見されたということが、通常使われる言葉になりました。

また、漫画やアニメ、ゲームの世界では、当たり前のようにキャラクターが復活しますから、死というのは、非日常であり、本当にあるかどうかもわからない状態で、多くの若い人は生きていると思います。

しかし、私は子供の頃から死というのは日常にあるものだというエピソードが少なからずあったことを覚えています。

  • 4歳で死ぬ人がいた
  • 小学校で弟の同級生がやけどで死んだ
  • 社会人で死ぬ人がいた
  • 30代の親戚が突然亡くなった
  • 母親は60代で死んだ

食べ物で人が死ぬ

親の車で祖母の家に送られてから小学校に通う生活をしていました。 私はテレビだったかラジオだったかで、ある日、パンを食べていて窒息して人が死んだニュースを聞きました。さらには、おもちをのどに詰まらせて死んでいく人のニュースを聞きました。

食べ物を食べるだけで人が死ぬという現象をニュースから聞いたのです。

食べ物で人が死ぬ。小学生の私にとっては衝撃的な話でした、安全に食べている食べ物で人が死ぬ。そんなのありえない、かんがえられないのに、そんなもので人が死ぬ。

それを始めて聞いた時、次の日から食べ物を飲み込むのが苦手になりました。

オフロに入っていて人が死ぬ

毎日のように入るオフロですが、ある日、弟の同級生がオフロに入っていて死んだという話を聞きました。

今のように湯沸かし器の設定温度が決まっている時代ではなかった昭和の話です。60度から80度のお湯に、小学生が入ってしまったのだろうと思います。

全身やけどで、その同級生は死にました。

昔のお風呂は、50度くらいまでは簡単に上昇していた気がします。寒い冬に気を使ったから起きた事件だったかもしれません。

このように事件・事故を見ようと思えば、たくさんある死。私たちは、自分の死が来るなんて考えることなく生活しています。

しかし、死は突然やってきます。

やりたいことが今日できなくても、それに向けた今日できることがやりたいことになる

やりたいことが、ハワイに行くということだったとします。でも、今日は仕事があり、スケジュールが詰まっていて、無理だとしても、心はハワイに行くこともできます。

仕事をできるだけ短時間で終わらせ、余った時間を、ハワイの情報を集めたり、ハワイの動画をみたり、ハワイの音楽を聴いたりすることができます。

もっと言うと、日本にあるハワイ風レストランやショップにいくことで、ハワイに行く気分を味わうことができます。

このようにやろうと思えば、既にやりたいことがどんどんできるようになる。それが今の社会のメリットです。

それでも、まだ、ハワイに行ってはいないわけですが、モチベーションが上がって、仕事もはかどるというものです。

やりたいことがあるけど、やらないというのなら、それはあなたが望んでいることではないでしょうか。

例えば50歳になったら、イタリアに行くという目標を立てたとして、あなたが30歳だとすると、いま、あなたは、イタリアには行きたくない。これが現実です。

今はやりたくないのです。だから、やらない。

つまり、行かないことをやりたいこととして、今日もやっているわけで、それがハッピーな日常につながっているとも言えます。

人間はやりたいことしか最後は続かない

※ここから先は、また別の機会にお話ししましょう。閲覧ありがとうございました。

人生を楽しむコツ ~お金より大切なもの~

2018年11月24日に、私の実の母は天国に旅立ちました。

そこから一週間、親戚だけではなく、生前の母を慕う人達の訪問があり、母の知らなかった一面・学生時代や職場のエピソードを聞く機会もあり、通夜があり、葬式があり、人生の先輩方とたくさんのお話をすることができました。

いろんなことを感じたり、考えたり、泣いたり、いろいろありました。大変有意義な時間が、そこにはありました。

そんな中、今一度、人生に関し、実感として、理解できたことがいくつかありました。

そのことを今回は、書いてみたいと思います。

人生というのは本当にあっけなく終わる
やはりお金に価値はない
大切なものはお金では買えないばかりか、お金で評価できない
どんな人もかけがえのない資産を既に持っている
毎日を楽しもう!

人生というのは本当にあっけなく終わる

人生は50年だとか、平均年齢は76歳だとか、いろいろ言われていますが、個々の人の寿命というのがいつかなんて、自分でも本当にわかりません。

平均寿命が70年超と言われていても、30代や40代で亡くなる人、100歳まで生きれる人、それどころか4歳で亡くなる子供もいて、自分の寿命がどれほどかなんて、実は、だれも知ることなんてできません。

テレビの保険のコマーシャルや年金の話が、食卓の話題にでることが多いので、私達は、平均寿命まで生きれるなんて、思い込んでいますが、果たしてそれが自分に当てはまるのでしょうか?

昨年の11月、多忙な仕事の合間でとれた休暇のつかの間に、私は母と近くの公園の池の周りを一緒に一周散策したのを覚えています(上の写真がその時撮影したものです)。

この写真は、たった1年前のことです。あの時は、私の方が体調が悪く、「CTを明日撮るんだ」なんて言っていたのに、その1年後、先に逝ったのは、母の方でした

本当に信じられません。

やはりお金に価値はない

私の母がガンだとわかり、それがステージ4だとわかったとき、医者にできることは何もありませんでした。いくらお金を積もうが、何もしてあげれることはありませんでした。

治療することができないので入院することすらできませんでした。医療機関は治る病気でなければ、利用することができません。

そんなときに、母の価値ってどれくらいだったのか?と私は野暮なことを考えました。これまでに自分の母親の価値をお金で計算するなんてことは、しようと思ったことすらもありませんでしたが、そんな不謹慎な発想をしていたとき、ふと思い出したことがあります。

それは、

「大事なもの、大切なものは、お金では買えない」

今回の状況は、まさに、その通りだ。母の死で、まさにそれを強く実感しました。

自分の面倒を見てくれる両親、学校で叱ってくれる先生、毎日遊んでくれる友人、何気なく友達になるフレンド、フォロワーさん。

たくさん、たくさん、いろんな人が地球にはいて、偶然の縁があって、毎日があって、何気なく生きている中で、お金に換算することはないのだけれど、とても大切なものが、大事なものが、私達の周りには、たくさん、たくさんあります。

そのことに、改めて気づくことができました。

あたりまえのことは、実は、あたりまえでない。

急にすべてが、奇跡なんだと思えてきました。

子供を産めば、子供には、お金がかかります。けれど、それ以上の価値が、お金で計算できないような、意味が、そこには生まれます。

そうなんです。

そのことを、なんでもお金で計算しようとする現代社会は忘れてしまっています。忘れさせようと洗脳するがごとくです。

やはり、価値があるものは、お金ではないんです。

お金に価値があるなら、母の病気を回復させる方法だってあったはずですが、それは、不可能なことでした。

結局、生命をどうにかすることを、お金ができるわけではありません。医療機関は、助かるものであれば、そもそも助かる命を、いくらかのお金で手厚くサポートができるだけです。

大切なものはお金では買えないばかりか、お金で評価もできない

自分の両親。自分の親戚。学校の先生。仲良く過ごせる仲間、友達。何気ない挨拶。何気ない会話。何気ない人生。

気づけばそこにあるのに、価値なんて考えない当たり前の現実に、存在価値なんて考えもしない。お金に換算しない。それが私達の生活にいつもあります。

仕事に、会社に、生活に、支払いに追われ、経済活動を無理やりにでも実行させられ、経済成長率を毎日のように計算している、現代社会は、どうでもいいお金に翻弄させられすぎています。

資本主義とは、何なのでしょうね?

人を幸福にすることも、不幸にすることもできると思い込んでいる「お金」は、実は、幸せとは異なるベクトルにあるのではないでしょうか?

お金があれば幸せ?

それって、誰があなたに教えたんでしょうか?

お金に、価値があるなんて、誰が、私達に教えたのでしょうか?

本当に大事なものは、お金では買えないのに、誰が、お金が大事だと教えているのでしょうか?

どんな人もかけがえのない資産を既に持っている

・人生
・健康
・両親
・元気、やる気
・家族

大事なのもは、お金では買えない。それが、わかったときに見えてくるのは、本当に大事な、資産です。

そして、それは、結局、最後は、家族なのです。

本当にそうなのです。

私の母は、生前、常に言っていました

・今の社会はおかしい。人を人だと思っていないと。

・女の人を働かせるのはおかしい、子供を親が育てなくてどうすると。働かせ税金をとり、何も教えなくて、社会が狂うのは当然だ。

・男女という区別があるのに、男女を平等なんてなるはずはない。そもそも役割が違うのだと。

人生で大事なものは何か、本当は私達自信が、もっとよく理解し、考えるべきなのです。世間に騙されて、社会の奴隷にはなってはいけないのです。

毎日を楽しもう!

人生はいつ終わるかわからない、そんなことみーんな知ってます。生まれた時から、死に向かって続くのが人生というものです。

何度も書きますが、そーんなこと、みんな知ってます。よね。

けれど、目の前にある、仕事、退屈な作業、つまらない現場、そんなことで、毎日を、どこか浪費しちゃいがちです。

でも、そんなの、やめちゃったっていいんです。人生今日終わるかもしれないなら、退屈なことはやめちゃいませんか?

つまんないことをやってるなぁって感じるなら、辞めちゃって他のことを探した方が、前向きなんです。

今は、いろんなことができる社会になりました。つまらな仕事は、つまらない仕事をロボットにまかせようと頑張っている人たちがいるから、いずれあなたがやる必要は、なくなっちゃいます。

つまらないこと、たいくつなこと、やりたくないことで、今日を過ごしているなら、そんなの、すぐに辞めてしまいましょう!

何でも可能性がある、それは、今だからではなく、人類がこの世に誕生したときから、可能性は常にあるんです。

空を飛べるようになったり、宇宙にいくことができるようになったり、インターネットで知らない人と友達になったり、出会ったり、結婚したり!

いろーんなことが、既にできるようになっているんです。

できないことなんて、ないんです!

あなたが変わろうと思えば、世界は一瞬にして変わります。

疑ってますか?

疑ってたら、何もできません。できることを知ってください。

やろうと思えば、なんでもできる。元気があれば、なんでもできる。

そして、何かを捨てれば、何かが手に入ることを知ってください。

これは楽しいと思ったこと、やりたいと思ったこと、絶対楽しいはずと思ったこと、それは絶対にやるべきです。

人生はお金にコントロールされるべきではありません。

やったらやったことに対する知識、経験が手に入ります。知識と経験が手に入れば、それを人に伝えることができる。そして、それを人に伝えることだって、仕事になるんです。

あなたが経験したこと、それが、人類にとって有意義であること、それをうまく伝えることが、人類にとって有意義であること、それを理解してください。

大学教授じゃなくたって、ジャーナリストじゃなくたって、ただの一般人だって、あなたにしか経験できないことはたくさんあります。

あなたしか楽しみをみいだせないことたくさんあります。

誰かの意見や教科書、先輩や世間に言われるがままの世界ではなく、あなたが創り上げた本当の世界に、足を進めてみましょう!

きっと、世界がどれだけ楽しい場所だったかを再認識できるはずです!

さぁ、心の扉を開いてください!

キラキラと光り輝く未来があるのではなく、既にキラキラ光っていることに気づきましょう

私は学生の頃だったでしょうか、「皆さんには、光り輝く未来があります」というようなことを、学校の先生に言われた記憶があります。

・将来はこうなりたい
・いつかはこうなりたい
・俺はこうなると思っている
・絶対こうなりたい

そんな、未来の夢のある話を、先生は言っていたかもしれません。

でも、キラキラ輝く未来っていつくるのでしょうか?

え!?もう、キラキラ輝く未来がきてますか?
すばらしいですね

・・・

私は、ずっと待っていたんですよね

もしかして、あなたも待っていませんか?

そんなキラキラ輝く夢のような将来を待ち続けている方に向けて、発信しようと思って、今回は記事を書いてみたいと思います。

実は常に今しかない
人の人生は人それぞれ、未来を夢見る必要はない
既に私たちはキラキラ輝いています

実は常に今しかない

キラキラ輝く未来を信じて頑張っている人こんにちわ!

どうですか、輝く未来までの進捗のほうは?

順調ですか?

え!、順調じゃない!?

私の話をさせてもらうと、キラキラ輝く未来。私も信じてました。学生時代も頑張り、社会人になっても、3年、5年、10年、15年と頑張っていました。

けれど、いつまでまってもキラキラ輝く未来がこないことに気づきました。

なんで!?

考えた末の結論は、こうです。

未来は常に未来だからです。今から未来に向かって進んでいきます、すると今が進みますから、未来も先に進んでいってしまうんです。だから、永遠にたどり着くことはないんです。

え!?ちょっと待って、そんな話聞きたくない。私は、未来を信じてます。だから、あなたの言うことなんて聞きたくありません。

でも、そうではないですか。未来は未来だから未来なんです、永遠にたどり着くことなんてないんです。

なに、屁理屈いってるんですか?と思われたと思います、でも、それが現実なんですよ。

そう思いませんか?少し図をみて考えてみてください。

上の図を見てもらうといいとは思いますが、今を視点に考えると、手に入っていない未来は常に先のことだということがわかります。

そして、上の図の1stというタイムラインから、2ndというタイムラインに移った時、今が未来になる代わりに、新しい輝かしい未来が生まれているのです。

上の図は、Futureが目に見えるものになっていますが、実際には、将来は目に見えません。どんなものになっているかは、気づいた時にわかります。そこに存在しているのが、過去の自分が考えたFutureの実態なのです。望んだ未来が来るかなんて誰もわかりません。

私達が感じれるのは、実は常に今だけなんです。明日のことを今日体験したいと思っても、体験できませんし、明日のことが今というタイミングになるまで、体験なんてできないんです。

だから、ほんの少し先のことだけを考えても、永遠に追いつけないんです。

人の人生は人それぞれ、未来を夢見る必要はない

未来と言うのは、手に入れていない現実のことであることは、わかりました。そして、永遠に手に入らないことも。

でも、将来を信じてはいけないとは私は言っておりません。

そうではなく、「今という現実をキラキラ輝かせてすばらしいものに、したいですね。」という提案をさせていただいています。

今が、実はすばらしいということに気づいて欲しいのです。

人生というのは、生まれた人それぞれで違います。顔や性別、生まれた地域、家庭環境、すべてのスペックが違います。

けれど、メディアや一般社会は、「平均」だとか「普通」という言葉で、実際に存在しない幻を作ってしまって、残念ながら、そのイメージを一人一人に埋め込んでしまっています。

一人一人の個性を混ぜ合わせて、すり身にして、そして塗りつぶして、示した現実を、「平均」だとか「普通」と言っていますが。

そんなものはありません。

現実には、人それぞれの個性と、それぞれの人生があります。

・4歳で突然亡くなってしまう人生もあります
・20歳で大成功するが40歳で破産して自殺する人生もあります
・一代で大企業を作り上げたのに、倒産して別の人に取られる人生もあります
・サラリーマンとして勤めあげる人生もあります
・サラリーマンから起業して新しいサービスを始める人もいます
・頑張ってサラリーマンを退職し、年金暮らしというところで大病にかかる人もいます

人生はいろいろなのです。全く同じものは、一つもありません。

平均や普通なんて存在しないんです。

私たちは既にキラキラ輝いています

私達は、既に輝いています。

今日も、生きています。

元気に、今日も頑張ってます。

それ以上も、それ以下も、平均もありません。

どうなるかわからない未来のことを考えて、今を無駄に消費しないでください。浪費しないでください。

今、既に、私達は、

まぶしいくらいにキラキラ輝いています!

今やるべきことをやりましょう。今やっていることが、自分を作っています。

今を作っています。

人生は、今の連続です。

永遠に手に入らない未来を待つのではなく、変えられる今を変えていきましょう。

だれもが、すばらしい今を作れるはずです。

そして、気づいたらそれが今をキラキラ輝かせるのです!!

今日もがんばっていきましょう!

卒業したら就職することがゴールではないことを知ってほしい

人生のゴールは、学校で学んだあとのゴールはどこでしょうか?

就職すること?

そうですよね、たいていの人はそう考えます。ですが、それって社会の都合で仕向けられていると思いませんか?

会社の役員や経営者、さらには株主、そして資本家という人たちは、誰一人として就職という形で働いていません。お金を動かすだけで、人をコントロールしているだけです。

それが資本主義なのですが、

学校を卒業した皆さんは就職したし、学校を卒業するお子さん達も就職していく

のでしょうね。それが普通ですから。

それでは就職に関して私が感じることを今回は書いてみようと思います。

進学率が学校の評価である
就職率が学校の評価である
親もサラリーマンであるため子供に自立してもらいたい
学校を出たらやりたいことが見つかるわけではない
一度サラリーマンになってしまったら軌道修正が大変
家庭を持ってしまうと、動きづらくなる(結果的に支配される)

進学率が学校の評価である

私が社会に対して違和感を感じたのは、高校生の時でした、私は幸いにも成績がよく、とある県なかで、もっとも難しいとされる学校の一つに合格し、通うことになりました。

その時私は学校の先生からも褒められたし、塾にも褒められてうれしかったのですが、自分が学校や塾の評価に使われている感覚に襲われました。

ㇾ 〇×先生の指導のおかげで、進学することができました
ㇾ 〇×塾の指導のおかげで、進学することができました

ということを言うことが、何か当たり前のように行われていたのです。頑張ったのは自分だし、確かに指導してもらったけれど、同じような指導をしてもらったのは、私だけではなかったからです。

ㇾ 家族もすごい子が生まれた

と喜んでいたようですが、私はその後、さらに勉強することになりました。結果的に、勉強すれば、勉強するほど、もっと勉強させられるということを学びました。

就職率が学校の評価である

大学に行くともっと露骨に学校の評価が、生徒の就職率だということがわかってきました。

うちの学校の就職率は99%以上だ、それも大手企業に何人就職した。ということをアピールして、親達に学校のすばらしさを伝えていたのです。

明らかに、学校の人気を保つために、就職率というのが使われていたのです。

親もサラリーマンであるため子供に自立してもらいたい

確かに、就職すれば、収入になり、家庭からの自立となるのですが、会社というところで、使用人ということで、雇われの身となります。

人生は、働くためにあるのでしょうか?

仕事をすることが、自己実現ということを、会社はアピールしてきますが、就職したら、自己アピールしてくる新卒社員なんて望んでいません

会社の規範にのっとり、文句を言わずに一生懸命働く社員を求めています。

学校を出たらやりたいことが見つかるわけではない

学生時代は、成績が良いと、いい学校へ行こうと親も先生も進めてきます。偏差値が高い生徒の集まる学校に行けば、良い就職先が見つかりますよと言ってきます。

良い就職先が何かといえば、それは、収入だけが評価された良い就職先です。

その評価軸は、「お金」しかありません。

学生時代は、勉強すること。学生時代が終われば、収入の多い会社で働くこと。

これだけが望まれているのです。

あなたが、やりたいことなんて、望まれていません。

一度サラリーマンになってしまったら軌道修正が大変

学校の先生も、親も、サラリーマン以外の道を知らない人が、大半です。そのためわずかに知っているサラリーマンという働き方だけを、教えてきます。

しかし、サラリーマンというのは、何もやりたいことがない人がつく仕事です。

本当にやりたいことがある場合は、あなたのその意志も、一つの意見でしかなく、採用されることもあるかもしれませんが、やりたいことなど、基本的にできない場所です。

また、一度サラリーマンになり、収入が見え、その範囲で生活を始めていくと、その収入を前提とした生活が始まってしまいます。

たくさんの先輩、多くの友人が普通に就職していくことで、それが当たり前だと思っていますが、それは集団の心理であり。

本当にやりたいことが見えた人たちの動き方ではありません。

そして、その群れから出たいと思った頃には、がっちりと脇を固められて、身動きがとれない状態となっています。

家庭を持ってしまうと、動きづらくなる

家族を持ってしまったら、なおさら変更などできません。

学校に行くための資金、そして、子供をまた、社会のサラリーマンにするためのお金が必要になっていくのですから。

負のスパイラルから抜け出すには

よく考えて行動しましょう。

独りで考える時間を持ちましょう。

情報に流されず、自分の頭を使って考える時間を持ちましょう。

そして、その考えたことが、本当に自分の考えなのか、誰かの影響を受けていないかも考えましょう。

就職はゴールでありません、お金を手に入れることもゴールではありません。私はそう思いました。

あなたのゴールは何でしょうか?

就職してお金を得たら、そのお金を使って、やるべきことがあるかもしれません。少なくとも私には、それがありました。

皆さんは、就職がゴールですか?

出世がゴールですか?

社長がゴールですか?

いろんなゴールがあると思いますが、自分の意志をもって生きていきましょう。