なぜ!?男たちはテレビゲームにハマるのか?

ファミコン
スーパーファミコン
メガドライブ
セガサターン
プレイステーション
3DS
Nintendo Switch
・・・

昭和以降、数々のゲーム機が日本では販売されてきました。

ゲームが出来たばかりの時代、テレビゲームは、子供がターゲットの娯楽だったわけですが、その子供達が成長し大人になると、今度はその大人たちとその子供たちがゲームに夢中になり、さらには、おじいちゃん、お父さん、孫までと、家族全員が、テレビゲームをやるという時代が、まもなく来ようとしています。

日本全国どこの男の子も、大人も時間があればテレビゲームをやっているということは、今後少なくない現象にすでになっていると思います。

2000年以降は、オンラインゲームなどの発達もあり、ネット上で知り合った人が一緒にゲームをするということも増えました。

現代では、スマホでもできるゲームが爆発的に増えており、日本全国、否、世界的にゲームにハマる大人たちは増え続けています。

ではなぜ、これほどまでに、男たちはゲームを求めるのかを、今回は考えてみたいと思います。

 現代社会における男の役割とは
男女平等がもたらした男の悲劇
男にとってゲームとは
現実にはない疑似空間に夢とロマンを求めている

社会における男の役割とは?

・力仕事をする
・家庭の大黒柱になる
・家訓を伝える、守る
・暴力から女性を守る
・家族を守る、子供を育てる
・女性に精子を提供する

ざっと男の役割として挙げられるものを上げてみますが、これを見ると既に、現代社会では、不要となっている役割があることが見えてきます。

力仕事をする

既に力仕事は、機械やロボットのサポートにより女性でもできる仕事になりました。トラック運転手や大工など、昔は女性が就職することはありえなかった業種でも、女性が進出することができています。

家庭の大黒柱になる

これも昭和時代で終わってしまった、男の概念です。現代では、共働きは当たり前ですし、そもそも家庭を持たない人も増えてしまっています。男だから家族の大黒柱として、家を支えるという概念はもはやありません。

家訓を伝える・守る

先祖代々続く家庭では、ご先祖様から続く家訓なるものがあることもありましたが、それが機能している家庭というのは、ほぼなくなってしまったのではないでしょうか。社会が大きく変わり、これまでの時代では考えられなかったことが、可能になり、家訓などが時代遅れとなっていることもしばしばでしょう。

時には、家訓が通用しないことも増えているのではないでしょうか。

暴力から女性を守る

女性を暴力から守るのは男の役割とは言いますが、実は強い女性も多く、男性だからの役割ということもなくなっています。また、警察のような組織であったり、アルソックのような警備会社も発達したことで、暴力から女性を守るのは、男性というよりも、プロということになりつつあると感じます。

家族を守る、子供を育てる

既に、書いている通り、家族を守ることは男性ではなくともできます。また、子供を育てることは、女性の方が歴史があります。

そのため、これは男性だからという役割でなくなりつつあります。

女性に精子を提供する

これだけは絶対に女性に変わることのできない、男性の役割は、子種の提供です。さすがに、これだけが、男しかできないものというのが現代の社会です。

つまり、男性という立場での役割がこの世界からなくなってしまっているんです。

男女平等がもたらした男の悲劇

昭和の時代まではあった、先ほどの男性の役割というものは、平成も終わるという今となっては、ほとんどなくなっているのです。

これは急激に起きたということではなく、徐々にそうなったということになります。女性の権利を主張し、女性が社会進出することが当たり前になりました。

これは結果的に、社会における男の役割と女の役割を等しいものにするものとなりました。

その結果、男がそれまで培ってきた社会の役割も、失うことになりました。

女性が社会進出をするということは、家庭におけるしつけや、家族間の結びつきを同時に、薄いものにしたことも、結果から見えてきています。

男だから、どうこうということは、なくなってしまいました。

男にとってゲームとは

これまで述べてきたことを理解すれば、見えてくるかと思いますが、男性はこの世界での役割を失ってしまいました、筋肉、力、そして、戦い。

平和な時代では、本来男が担っていた役割というものは、まったく不要となります。

しかし、歴史を見ればわかる通り、人間の歴史には、戦争がつきものです。

男というものは、本来戦いを好む生き物でした。しかし、平和な世の中では、その力は無用な暴力として、去勢されてしまいます。

その結果、その平和な世界の暴力のはけ口として向かうのが、テレビゲームという姿が見えてきます。

女性から見たら、馬鹿げたことに熱くなってとなりますが、それは平和な時代だからこそです。今も戦場が残る地域では、必ず男は、勇敢に戦うことが女性から望まれているはずなのです。

現実にはない疑似空間に夢とロマンを求めている

戦争なんてやってはいけません。戦争が生み出すのは、憎しみと悲劇であり、その憎しみは、国家間の憎しみとなって、永遠に続くことになってしまいます。

そんなことは、100も男性は承知なのです。

しかし、それでは、男性というのは満たされないのです。歴的に見れば、争いをすることが当たり前だったし、スポーツをするのも、ギャンブルをするのも、仕事をするのも、つねに、勝負事に熱くなってしまうのは、男性の方です。

そんな遺伝子があるからこそ、国家の危機の時には、力を発揮し、国や家族を守るという行動に出れるのです。

しかし、それがない、平和な時代においては、その力は不要となってしまいます。そのため、多くの男性は、どこか満足せず、生きることになってしまうのでしょう。

だからこそ、ゲームなのです。

ゲームの中では、戦争をすることもできます。人を殺したとしても、それはゲームの中ですから、問題にはなりません。現実社会でそれをやってしまったら、極悪人として、メディアに登場する最悪の事態になってしまいますが、仮想現実であるゲームの中でそれを行っている限りは、問題になりません。

いかがでしたでしょうか。おそらく、男性にとっては、当たり前のこの認識は、女性からみると、へぇ~という感じになるのかもしれません。

男性は平和な社会では、子育てを女性と共にすることもできますが、戦乱の世では子育てなどする暇もありません。

どれだけ、今の平和がよいことなのだけれども、異常で、だからこそゲームをやるという姿。

見えてきたかと思います。

最後まで、読んでいただき誠にありがとうございました。

企画展「ポケモン研究所~キミにもできる!新たな発見~」に行ってきました

先日、日本科学未来観に行ってきました。

トリップアドバイザー様に、すでに投稿している通り、年間パスポートを購入しているので、今回は企画展のみの出費でした。

企画展というのは、下のポケモン企画です。

企画展「ポケモン研究所~キミにもできる!新たな発見~」

今年は、夏休みの子供達に、盆休みのないパパが週末貢献できる最低限の休日利用ということでの、訪問でした(泣)

さて、今回は夏休みの混雑を避けるために、朝9時に足立区の自宅を出ましたがこれが成功。高速道路は比較的空いていたので、9時40分にはお台場に到着していました。

企画展の入場券も5分ほどの並んで変えて、「開館~10:20」の入場整理券も直ぐにゲットして、ストレスなくポケモン企画に参加できました。

このポケモン企画、モンスターボールの中にいる、モンスターが何かを12種類の分析装置!?を選んで、当てるという、科学っぽい企画なのですが、難易度があって、普段ポケットモンスターを知らない私は、パパだからという理由で、一番難易度の高いものを選んで挑戦したのでした。

詳しく書いてしまうと、皆さんにネタバレしてしまうので、書きませんが、家族で競うということになってしまって、けっこう真剣にがんばったんですね。

こういうときに、パパは子供に威厳を見せたくなる門なんでねw

スマホの図鑑まで、見て、どれだー!?なんてやっていたわけです!!(苦笑

しっかし、当たったからといって何かがもらえるというわけではないということに気づいたは、本当に最後で、真剣にどれだ、どれだとやっていた自分が、ちょっと恥ずかしかったです。

結果的には、参加賞は誰でももらえたわけですが、それが、なんとゲームソフトで使えるコードなんですねー。

うちの子供は、3DSは持っていますが、ポケットモンスターは持っていませんでした。当然、ねだりがはじまりました。

ということで、ネットで探した、一番やすい、中古は、ポケットモンスターXのこれでした。

まぁ、1000円くらいの出費なら、まぁーいーかーとか思った次第です。しかし、アマゾンでも探していてもっとも安いものを買おうとしたら、それが売れ出したりして、同じようなことをしている「パパ」があちこちにいるんじゃないかと、思った次第です。

とまぁ、そんなこんなで、企画展を見終った後は、いつものように常設展です。アシモを見て、オトナロイドを見てと、すごしたわけですが、驚いたのは、施設の外の車の列

午後3時を過ぎても、駐車場の空きを待つ車が絶えませんでした。私が、帰った4時30分過ぎには解消されていたようですが、午後はずっと空き待ちがあったように思ったので、早くいって正解でした。

比較的空いている時間を楽しみたい方は、朝9時半までに到着するように行くことを、私はお勧めします。

トルネをPS4につなげたけど、ワイヤレスコントローラのヘッドフォンが使えない

PS4はワイヤレスコントローラーから音が出るという画期的な機能がある。

当然、トルネを接続しても同じことができると思っていた。

だけど、ダメだってことが判明

仕様らしい。

「torne™ PS4™」の音声が DUALSHOCK®4 につないだモノラルヘッドセットから聞こえない

非常に残念である。

Vaioを身売りしたように、いろいろと、縮小感高まるソニーだけど、こういうところからも、何か抜け落ちて行っている感がいなめない。

子供の頃の、あのソニーへの憧れ、そのイメージが我々の世代から抜け落ちると、

すべてアップルやグーグルに持って行かれることになりますよ。

まだ、今なら間に合います。

ソニーよ復活を願う。

PS VITAのオレンジ点滅が30分以上も続く・・・

DSC_1075 (1)

1ヶ月以上使っていなかったPS VITAを久しぶりに充電したところ、オレンジ点滅となりました

過去にオレンジ点滅の経験はあったので、10分もすれば電源が入るというのはわかっていたのだけど、30分以上経っても、本体の電源を入れることができません

これはもしや、壊れた??

不安になって、ちょっとしたパニックです!

これはヤバいと思って、「PS Vita オレンジ 点滅」のキーワードでググったけど、オレンジ点滅の対処方に関して、オレンジが点滅から点灯状態になれば起動できる以上の情報がない・・・

しかたがないので、放置・・・

待つしかないということで、1時間以上放置したところ、無事にオレンジ点灯になっていた

安心すること。。この上なしでした

1ヶ月以上も放置すると、点滅から点灯に回復するのにかなり時間がかかることが、今回で判明しました

あぁ、よかったぁ

困ったときのために、マニュアルをおさらいしておいた方がいいかもしれない

USBケーブル類について、ちょっいっと考える

DSC_0911USBを使って充電する機器が、どんどん増えてきてしまって探すのも一苦労な状況が我が家ではおきている

おそらく多くの家庭でもそうなのではないんでしょうかね?

  • ニンテンドーDS
  • 3DS
  • PS Vita
  • PS4のコントローラ
  • スマートフォン

そんな中で、最終的にこれ便利というアイテムに集約していったので、参考メモ程度に記載しておく

我が家のUSBケーブルの問題を、以外と解消してくれたのは、この短いUSB – Micro USB ケーブルである。

なぜ、短いのか、いや、短いから意味があるんですわ。

長いと、ぐちゃぐちゃになりやすい。そしてじゃま。ただでさえ暑苦しい黒い線があちらこちらにあると、それだけで、美観が失われるんだから、短いのがいい。

それに安い。安物はすぐ壊れる、けれども、安物はたくさん買えるのである。なんで、たくさん買う必要があるか?

この手のケーブルは必須アイテムなのだけれど、圧倒的になくしやすかったり、忘れたり、誰かが使っていて使えないとか、問題が多いのだ

  • 会社に忘れた
  • 学校に忘れた
  • 家に忘れた
  • 子供が使っている
  • 親が使っている
  • 誰かに貸したけど、どこにいったかわからない

日常的に使うものほど、使いたいと思ったときにないととくに充電問題については、大問題だ

なので、短いこれを3つくらい持っている方が、圧倒的に気が楽なのである。こわれるよりも、なくす方が早い、こういったものは、安いものをたくさんがいいというのが、私の結論である。

次に買ってよかったUSBケーブルはこのDSとPS Vita兼用ケーブルである。ゲーム機器の場合、子供とかなんか特にそうであるが、充電しながら使いたくなっちゃうくらい熱中してしまうので、ある。

そうなると、今度はある程度のケーブルの長さが必要になる。そしてなんといっても、DSとVitaの充電がどちらもできてしまうのもさらに良い。携帯ゲーム機を買う人なら、おそらくどちらかと言わず、3DSもPS Vitaも買っていると思う。となると、この組み合わせ、欲しかった組み合わせなのである。

キャンドルランプ ロウソクの「あかり」に癒される

DSC_1083

仕事で疲れて、家に帰って、夜パソコンをやっている

そんなときに、机の引き出しから見つかった、ケーキ型キャンドルに火をつけてみたんですね

なんだろこれ、癒されるなぁ〜

本物の熱のでる光りを見ると、やっぱり生きているんだ、っていう感じがして

すごくよいんですよ

本当に、こういう明かり、すごく癒されると思ったんですわ

けど、危ない、やっぱり燃えているですよね

そこで、よさそうなキャンドルを楽天で探し始めました

最初は本物のキャンドルを探していたんですけど、本格的なキャンドルは、飽きちゃったら使い道なくなっちゃうよなぁ

って思って、

そうだ!!キャンプでも使えるヤツにしようということでキャンプ用のやつを探してたわけです。

いろいろな人のレビューを見て、行き着いたのはこれ。

フォレストヒルキャンドルランタン

お値段も良いだけでなく、すごくシンプルなシルバーカラーの方にすごくひかれました。

ということで、これを購入しました。

キャンプグッズでランタンというと、キャンドルっていう選択肢が実は最初に出てこないのですが、人間が昔から使ってきたあかりであり、なんとも、魂が懐かしいといっているような気がするあかりなんですね。

ひかり、というより、あかりですね。

MacBook Air 2013 メモリ4G でも、PSO2もFF14も動いたぜ!

screenshot

日本語、英語問わずインターネットで、MacBook AirでPSO2を動かした記事やブログがないかググって調べてみましたが、MacBook AirでPSO2を動かしたという実績はありませんでした。

スペックから判断すると、動作は無理っぽいのでは?という意見記事しかみつからず、実際にやってみたという報告がかったので、それなら自分でやってやろうじゃないか、ということで自分のMacBook Airでやってみました。

ちなみにスペックは一番低いもので、メモリもハードディスクも少ないです。

  • Processor 1.3 GHz Intel Core i5
  • Memory 4GB
  • Graphics Intel HD Graphics 5000
  • Software OS X 10.9.4
  • Macintosh HD 121GB

その結果、MacBook Air(2013)に仮想ソフトParallels Desktop 9をインストールした環境で無事にPSO2とFF14が動作し、緊急クエストもクリアできたので、報告いたします。

ネットではMacにWindowsを入れる場合、ブートキャンプによるWindowsの導入報告が多いですが、Parallels Desktopのようなソフトウェア的な解決アプローチの方が、安全だと思います。

PSO2についてのみ具体的に報告していきます。安定動作させるため肝となる、画質の設定に関してです。設定2でも動作可能でしたが、クエストにおいて突然落ちるなど、他の参加者の迷惑にならない働き(戦い)ができるように、画質は設定1にした方がよいでしょう。

実際に設定した設定内容は下記画像を参照ください。

PSO2の設定

set1 set2 set3 set4

設定1では、MacBook Airのファンの音を聞くかぎり、ちょっぴり余力はありますが、設定1から設定2にしたとたんファンがうるさく回りだし、MacBook本体の熱がすごいことになるので、上の設定1がベターかと私は思います。

“MacBook Air 2013 メモリ4G でも、PSO2もFF14も動いたぜ!” の続きを読む

妖怪ウィッチ2 元祖って、まだ予約できるところもあるみたいな

うちの小学生の息子も、ハマっている妖怪ウォッチなんだけど

マンションのすべての男の子がハマりだしてて、お店行ってもメダルを買うのにならんでるよね

仮面ライダーを超えているじゃないかな

もしかすると、ポケモンを超えてくんじゃないかと思えるくらいの人気っぷりだけど、欲しい人はもう予約できたのかね?

7月10日が発売日だというのに、予約締めが早いことはやいこと。

ジョーシンだと、まだ予約はできるみたいだから、欲しいのなら急いでおいたほうがいいかもね

PS4でWarframeをやらないか?

すぐに否定から入る日本人と認知されてしまったのか、結局、世界で一番最後に日本販売されたプレイステーション4を、私は、ネットで予約して買いました、ちゃんと。

結果オーライというか、毎日、そして現在も稼働中です。

当初は、何やるかな、付属のナックが楽しいらしいゾと、なんて実際のところ、「ネットの友達に後悔するだけだ」なんて言われたとおりの結果になりそうだったのですが、結果オーライでした。

私はパソコンとVitaでSEGAのPSO2を1年以上楽しんでいたので、新生FF14にも最初は手をだしてみたのですが、やっぱりこれはPS4でやるもんじゃないなぁと思っていた頃に、βが終わってしまって、PS4ではインディースと呼ばれる、ブランドなゲーム会社ではないゲーム、基本無料のゲームとして、Warframeがあって、それをダウンロードしたんですね。

ところがどっこいこれが楽しめる。

PSO2の操作のリアル感のなさ、銃の音のリアル感のなさ、いえいえ当時はそれを楽しんでいたので、それは言うことではないのですが、もうWarframeの面白さにハマりにはまってしまい、プレミアムパックご購入となって毎日楽しんでいる訳ですね。

もともとパソコンで生まれたゲームなのであるが、PS4版とサーバーが別れていたので、みんなで最初から感があったのがよかったのかもしれないですが、これぞネットゲーム的なノリもあって、3月くらいからいまのいままで楽しめてきています。

宣伝とか全くないので、まだまだ認知度は低いと思いますが、戦闘のリアル感、それでもって課金しなくてもかなり遊べるサービスはとても両親的でもあります。