Macの日本語入力をGoogleに変えてみた

インマシンをマイニング用途に使いに始めたのと、最近もちろん電気代を気にしていまして、ノートパソコンでブログを書いているのですが、ひさしぶりにMacBook Airで記事を書いているんですね。

ここのところずっとWindows10で記事を書いていて、日本語変換も昔よりはいいかもなんて感じたこともあったのですが、日常になりすぎていて、その良さを特に気にしていなかったんですが、久しぶりにMacBook Airを触りだしてみると、こんなに、Macって馬鹿だったの?というくらいに日本語ができない。

というところで、早速ググっちゃいました。お世話になったのは下記サイトでございます。管理人様、お世話になりました。

https://www.kotsu2life.com/entry/170401-google-ime-kansou

ここまでグーグルの日本語変換で来ましたが、一気にストレスがなくなりました。グーグルの日本語変換は頭良すぎるよーってところまで来ています。

無料ですし・・・すごすぎです。

そもそもグーグルで働いている友人も、Mac使いだったし、グーグルの中にもMacユーザーは少なくないと思っているので、こんなに便利な日本語入力をグーグルが用意しているのも想像に難くないし、Androidにだって応用できるはずなので、日本語が流暢なのも当然とも思えます。

しかし、なんでアイフォンがあるというのに、Macは日本語が下手くそなんだろうかぁ?

最近私の中でもMac最強伝説は終わったような感じがしていて、アイフォン売れているのも日本だけだというのに、日本語下手だとか。。。やっぱり、ジョブズがいなくなってだめになってる!?という印象がでてきてしまいますね。

MacBook Airには衝撃だったけど、そのあとのあたらしいMacBookもあまり興味なかったし、大丈夫なんでしょうか

グーグルの日本語入力は最高です!というところで、今回の記事はここまでです。

https://www.google.co.jp/intl/ja/ime/

 

itunesでUVIGrandPianoを勢いで買ったけど、音がでなかった

itunesでUVIGrandPianoを勢いで買ったけど、音がでなかったんですね。

同じようなコメント、使い物にならん、どうやって音を出すかがわからないというコメントが、評価にあって、一方で使えている人がいる。

ということで、悩むこと3時間と翌日。

iLOKのアカウントまでとって、UVIのマネージャーまでインストールして、よけいなツールまでインストールしたけど、当日はまったくもって、3000円も出して買ったアプリの音が、スタインウェイの音がでなかった。

無駄金になった?という思いのまま疲れて寝ました。

翌日。

答えはとても簡単な所にあった。

“itunesでUVIGrandPianoを勢いで買ったけど、音がでなかった” の続きを読む

外での文章作成には、iPad mini + キーボードという選択!

 

MacBook Airでパソコンもいいですが、アウトドアでパソコンをする際にはちょっと大きいんですよね。

昼休みにちょっと外に持ち出して、文章を書くとかそういう目的で使うんだったら、iPad + キーボードだと思います。

数年前までは、Sony の Vaio Type Pなどでを利用していましたが、文章作成に使うのなら絶対にiPadが使いやすいと思います。

起動も早く、画面も手でいじれる、そこに早く文章の打てるキーボードがあれば、限りない創作活動が外でも行えるようになります。

これは、ぜったいにおすすめのモバイルですね。

MacBook Airに合わないカバンTUMI !? 奥様には不評です

ビジネススーツには、とんでもなく似合う、TUMIのカバンですが、週末には恐ろしく、妻の機嫌がわるくなるカバンなのである。

まぁ、そりゃそうだ、真っ黒のカバンんなんて、重いよね。

それと、仕事に行くときに持っているのだから、仕事のイメージが定着しちゃってんだろうな。

私的には、程よくポケットがあり、プライベートもビジネスも兼用で使えるので、良いと思って買ったカバンだけに、きにならないのだけど、おねがいだから辞めて欲しいということです。

“MacBook Airに合わないカバンTUMI !? 奥様には不評です” の続きを読む

XperiaとMacBook Airをつなげてみたぁ 簡単ですなぁ

xperiaXperiaは、Windowsパソコンで使うことが多かったので、Macで、という発想がなかったんですが、昨年MacBook Airを買ってからというもの、MacBookばかりをつかうようになったわけですね。

最近までは、Mass Strage Mode(MSM)、ただのファイル転送ということで、専用ソフトをつかわずに使ってきましたが、XperiaとMacをつなげたほうが使いやすいだろうということで、やってみました。

ということで、メモメモ。

まずは、ソフトがあるのか?

当然ありました。

早速インストールしました。

Bridge for Mac software

上記サイトで、ダウンロードして、ダウンロードファイルを開き、Macならではのアイコン操作でのインストールをして、アプリを起動。

“XperiaとMacBook Airをつなげてみたぁ 簡単ですなぁ” の続きを読む

今更聞けないかも? MacBook Airでのスクリーンショット取り方

xperia

Windowsパソコンに慣れてきたけれど、Macの素晴らしさにやっと気づき、Macを使い始めた私は、今更ながらスクリーンショットの取り方を知りませんでした。あー、恥ずかしい(> <;)

ということで、スクリーンショットの取り方をネットで学びましたので、メモメモです。

“今更聞けないかも? MacBook Airでのスクリーンショット取り方” の続きを読む

MacBook Air 2013 メモリ4G でも、PSO2もFF14も動いたぜ!

screenshot

日本語、英語問わずインターネットで、MacBook AirでPSO2を動かした記事やブログがないかググって調べてみましたが、MacBook AirでPSO2を動かしたという実績はありませんでした。

スペックから判断すると、動作は無理っぽいのでは?という意見記事しかみつからず、実際にやってみたという報告がかったので、それなら自分でやってやろうじゃないか、ということで自分のMacBook Airでやってみました。

ちなみにスペックは一番低いもので、メモリもハードディスクも少ないです。

  • Processor 1.3 GHz Intel Core i5
  • Memory 4GB
  • Graphics Intel HD Graphics 5000
  • Software OS X 10.9.4
  • Macintosh HD 121GB

その結果、MacBook Air(2013)に仮想ソフトParallels Desktop 9をインストールした環境で無事にPSO2とFF14が動作し、緊急クエストもクリアできたので、報告いたします。

ネットではMacにWindowsを入れる場合、ブートキャンプによるWindowsの導入報告が多いですが、Parallels Desktopのようなソフトウェア的な解決アプローチの方が、安全だと思います。

PSO2についてのみ具体的に報告していきます。安定動作させるため肝となる、画質の設定に関してです。設定2でも動作可能でしたが、クエストにおいて突然落ちるなど、他の参加者の迷惑にならない働き(戦い)ができるように、画質は設定1にした方がよいでしょう。

実際に設定した設定内容は下記画像を参照ください。

PSO2の設定

set1 set2 set3 set4

設定1では、MacBook Airのファンの音を聞くかぎり、ちょっぴり余力はありますが、設定1から設定2にしたとたんファンがうるさく回りだし、MacBook本体の熱がすごいことになるので、上の設定1がベターかと私は思います。

“MacBook Air 2013 メモリ4G でも、PSO2もFF14も動いたぜ!” の続きを読む

モバイルで使いたくなった唯一のノートパソコンMacBook Air

 

学生の頃からパソコンを10台以上保有してきたし、モバイルという名のパソコンを何台も買ってきたけれど、結果的にモバイルできたのは、これだけなんだよね。

どれだけ「モバイルノート」という言葉にだまされてきたか。

ソニーのモバイルパソコンといえば、type Pとか、カメラの付いていたVaio ノートC1シリーズとかあったけど、結局電池の持ちが悪いし、立ち上げ中に電池がなくなるとか、まったくもって外でなんて使えるパソコンじゃなかったんだよね。

外で使う場合、パソコンの開く、スイッチを押す、立ち上がりを待つ、だけで5分もかかったら、もう移動することだってあるわけで、そんなの使い物にならんちゅーの。

会社から家に持ち帰って使えるパソコンが、モバイルっていう詐欺みたいなイメージで売られていた感じだな。

いまとなっては、まったくもって「モバイルノート」ではないといえる。

そこにきて、ハードディスクが回転式からSSDと静的な方式になったり、電池の持ちもよくなり、OSもスリープ機能の充実などの、技術が上がってきて、たまたま熟成してきたところにMacBook Airがあるのかもしれないけれど、今現会社から渡されたPCなんてもあるけど、はっきり言って持ち歩いて使いたいとも思えない代物なのである。

パソコンを取り出して3分以上も起動を待ち、だらだらやる作業なら、家に帰ってから作業したほうが都合がよかったな。

モバイルノートを机の上において作業をすることになっていて、結局持ち歩きしやすいノートパソコンがモバイルパソコンでしかなかった。

そして、ずっとだまされていたような物である。

まぁ、それもあって、結局は、ソニーさんもパソコン市場から退場することになっているのかもしれないですな。

金があれば、良いものが作れるなんて発想で、やれ株だ投資だなんて、やって、ゴージャスな言葉を選んで、ろくでもないものを作るのが、いわゆる大企業の仕事になってきてるけど、結局、きちんとした理想を持って仕事をして、きちんとした物を提供する人々がでてくれば、金がつくったものなんて、おさらばということですわな。