ヤカンではなく、ケトルがコーヒー用のイメージ

ヤカン、ヤカンと私も書いてしまっていますが、ケトルという言い方が英語なので、コーヒー用のヤカンは、そのカタカナ表記である、ケトルが一般的になってます。

なので、お店で探すときは、ケトルと言った方が、店員さんにコーヒーをイメージしてもらいやすい道具になっていると思います。

このヤカン、じゃなかったケトル、現代人のライフスタイルでは日常的にお湯は使いますので、頻繁に使うキッチンツールの一つですね

  • カップラーメン
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 即席スープ

etc…

現代人の生活においては、お湯は常に欠かせないものです。毎日のように使うキッチン道具の一つです。

それもあってかケトルにはたくさんの種類があり、たくさんのメーカーから販売されていますが、私が選んでいるのは、先ほど絵を紹介した、クラシックケトルです。

私が、現在利用しているケトルは、次の、レッドカラーの物です。

コーヒー専用にするのなら、できるだけ注ぎ口は小さい方が、細かなテクニックを利かせることができるのでいいのですが、先ほど書いたように、自宅の場合は、

カップラーメンや即席スープのような、とくにテクニックを必要としないお湯利用があるので、注ぐスピードが遅くなってしまう細口よりも、やや太目くらいがちょうどいいと感じて、先ほどのクラシックケトルを私は選択しています。

既に、10年くらい愛用していますが、まだまだ現役ですね。

ガスコンロの近くにあることで、油料理の油が側面についてしまうので、汚れはややありますが、定期的に掃除することで、あと5年以上は使えると思っています。

アマゾンで定番商品として売られていますので、興味のある方はご覧ください。

コーヒーフィルタは、ペーパーフィルタ不要の時代です

コーヒーを自宅で自分で作る時、手順をざっと書くと次のような感じが、少し前の時代でした。

ヤカンでお湯を沸かし

ペーパーフィルタをコーヒーフィルタにセットし

コーヒー豆を入れて

ヤカンのお湯を注ぐ

コーヒーを愉しむ

豆ごとペーパーフィルタを捨てて

フィルタを洗う

ペパーフィルタという存在が当たり前のようにありました。

しかし、現在、この当たり前だったペーパーフィルタがない時代が当たり前のように到来しています。

次のような、ペーパーフィルタを必要としないコーヒーフィルタが増えています。

私は田舎に育った関係で、近くのスーパーでは、ペーパーフィルタは常識でした。しかし、今では、アマゾンなどで、当たり前のように、専門店で利用されているアイテムを比較的安価で購入することができるので、大変便利な時代になりました。

ペーパーレスフィルタのデメリット?

ペーパーフィルタを使うことで、デメリット?があるとすれば、豆を捨てるのがややめんどうというところでしょうかね。

私の自宅には、ディスポーザーがあるので、逆さにしてディスポーザーに入れるだけで、まったくデメリットではないのですが、ゴミ出しを必要とする家庭では、もしかしたらそこが、若干不便になるかもしれません。

ペーパーレスになったあとの手順は?

ヤカンでお湯を沸かし

コーヒーフィルタにコーヒー豆を入れて

ヤカンのお湯を注ぐ

コーヒーを愉しむ

豆をディスポーザーに捨てフィルタを洗う

7ステップもあったコーヒーの作成手順が、たったの5ステップに変わりました。私は、ペーパーレスにして2年~3年になりますが、デメリットを感じたことはありません。

コーヒーを良くのむひとには、おすすめの一品です。

コーヒー

コーヒーを飲むのは大人のゆとりの時間を愉しむためですよね。

本を読む、おしゃべりをする、スマホをいじいじ…

スターバックス、ドトールコーヒー、コメダコーヒー、星野珈琲、etc

様々な喫茶店、コーヒーショップがあることからも、大人にとって、ゆとりの時間が大事なこと、またそんな時間を、大切にしていることは明らかですよね。

コーヒーの入れ方

そんなコーヒーですが、私は、自宅で自分で入れることが多いです。

コーヒーの入れ方には複数あって、通常のお湯によるコーヒーから、専用道具を使ってのもの、水だしのダッチコーヒーなんかまでを含めると多数のやり方が存在していますが、家庭でやる場合には、掃除やメンテナンスのことを考えると、最終的には定番のフィルタを使った入れ方になりました。

私も、サイフォン式や水だしなど、いろいろ試しましたが、手間などを考えると、最終的には、ヤカンでお湯を沸かして、注ぐ、定番のやり方で落ち着いています。

サイフォンは子供の頃の自宅で、親が使っていて、おもしろい理科の実験道具のような感じでした。

味にこだわるなら、豆とその挽き方、いつ挽いたのかあたりも重要ですから、コーヒーの入れ方にだけこだわっても、限界があるというのは見えています。

ブラックコーヒーが好きです

コーヒーを愉しむとき、最終的にはブラックコーヒーなんじゃないかと私は思っています。

子供の頃は、砂糖たっぷり、ミルクたっぷりが好きでしたし、そこから、カフェオレ、ラテと世の中の流行に合わせて、加糖、ミルク入りを愉しみました。

しかし、本当の意味で、コーヒーの味を楽しむのであれば、ブラックコーヒーかなぁと私は思っています。

渋み、酸味、そして、豆の味。

そこを感じるためには、やはりブラックコーヒーかなぁと思います。

缶コーヒーはだめ?

私から少し上の年代だと、当時の新製品として広めた万博の影響もあってか、缶コーヒーを毎日飲んでいる人が少なくありません。

私も、サラリーマン時代には、缶コーヒーを飲むことは多かったですが、缶コーヒーは時間がない時に飲む飲み物だと、今は感じています。

朝の目覚めのため、昼休み後の目覚めのため、深夜作業の目覚めのため、車の運転中の眠気覚ましなど、結局コーヒーを愉しむためではなく、目を覚ます飲み物(くすり)として、コーヒーを飲むときだけ、缶コーヒーを選択します。

そのため、私は缶コーヒーを自宅で飲むことはありません。

自販機では120円程度で売られている缶コーヒーですが、私の自宅近くの業務スーパーでは、どんな銘柄であれ70円程度以下で買えたりもします。それもあり、私は、仕事都合以外では、缶コーヒーは選択しないですね。

缶コーヒーがダメな理由は、やはり容器のにおいだったり、砂糖を加糖したことによる味の変化、そしてなんといっても、今ではコーヒーマシンがあることで、手軽に新鮮なコーヒーが手に入るからですね。

セブンイレブンなどの100円のコーヒーがあるなら、缶コーヒーを選ぶ理由はないわけです。

コーヒー豆

最高級のコーヒー豆といえば、ブルーマウンテンですが、いろいろな味があった方が、おもしろいということもあり、私は、毎回異なる銘柄を選ぶようにしています。

種類が少なければ、こんなことはできないですが、市販されている有名メーカーから、個人店舗まで様々なものがありますので、種類は限りありません。

確かに安いものは、味がよくないものもあり、失敗したなというものにもあたることがありますが、それもそれでおもしろいなぁと感じるのが今の私の段階です。

コーヒーを焙煎する

私が到達していなコーヒーの領域は、自家焙煎です。

いつかは自分で焙煎とは、思ってますが、まだそこには至っていません。

フライパンでも、できるらしいので、今回のこの記事を書いた後に、はじめるかもしれません。

http://1310.jp/?p=522

コーヒーを愉しむ器

コーヒーを飲むときの容器も、こだわりがないつもりなのですが、どうやら私には選ぶものの傾向があります。

ヤカンについては、やはり口が細長いものですね。使いやすいですからね。

ミルは、手動のモノを私は使っていますが、これは自動でもよい気がします。

まとめ

今回コーヒーをテーマに記事を書いたのは、コーヒーをテーマとした記事を書いていきたいと思ったからです。

日常にありふれた、ごく普通の飲み物、コーヒーではありますが、だからこそテーマにして記事にするとどうなるか?の興味を持ちました。

冬になると、毎週何度もというか、毎日何度も飲んでしまうコーヒーだからこそ、様々な記事がかけるようになる気がしました。

最後まで、お読みいただき、誠にありがとうございました。