【自宅旨飯】やってびっくり!牛丼の汁でひたひたのご飯も焼きめしになるんですよ!

グルメ

先日、牛丼を自宅で作りまして、子供が残したあまり牛丼がありました。もちろん牛丼ですから、御飯は汁でひたひた状態。そのまま食べても美味しくはないですよね!というところで、どうしたら美味しくいただけるのかな!?ってことで、チャレンジ焼きめしです!

クッキング日:2019年12月1日

目次

  • あまった牛丼をフライパンに投入してみた
  • 超弱火でじっくり焼き揚げてみた
  • するとあら不思議、それっぽくなってきた
  • キムチを添えておいしそうな焼きめし完成

あまった牛丼をフライパンに投入してみた

牛丼の汁を吸ってしまい、おまけに冷えてしまったご飯をどうしたら美味しく食べられるか?とりあえずレンチンして食べるのはありかもしれないけど、おいしくないよね!?

ということでとりあえずフライパンに投入してみました。

まさに、牛丼のあまりということで、玉ねぎとあまり肉が含まれてますよね。

これが美味しいものになるのか?

当然信じられませんでした。

超弱火でじっくり焼き揚げてみた

とりあえずの思い付き。

じっくり焼いたら、チャーハンみたいになるのではないか?ということで、焦げない様にじっくり弱火で焼き続けました。

するとあら不思議、それっぽくなってきた

最弱の弱火でゆっくり焼いていたので、焼き面だけにおこげができた御飯みたいなのが、顔を見せ始めました。

この瞬間に、これは、絶対いけると思いました。

そして焼きつづけること10分程度。

キムチを添えておいしそうな焼きめし完成

じっくりやくと、おこげもしっかりできて、御飯も固めになり、とっても美味しそうな焼きめしに仕上がりました。

それでは、完成というところで!

ちょっと寂しい!

冷蔵庫にあったキムチを添えて完成です

実食してみた感想ですか!?

それはもう、あまり牛丼とは思えない、おいしい、おいしい、おいしい焼きめしになっておりました!

最初から、これ食べたいと思える日があると思えるくらいです!

牛丼があまったときには、じっくり焼きめしにしてみる!

ぜひ、おためしくださいm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました