やりたかった絶品料理にトライ!【いくらの醤油漬け】

母親がまだ生きていた頃、友人からもらったという鮭一匹から、いくらの醤油漬けを作りました。そのおいしさは当時海なし県埼玉に住んでいた私にとっては、いままで食べたことのない、最高の味であり、最高の思い出として、心の中に刻まれています。それから何十年も経ってしまいましたが、久しぶりにいくらの醤油漬けをやってみようということで、挑戦してみました!

挑戦日:2019年10月19日

目次

  • 近くの激安スーパーで、生筋子をゲットしてきました!
  • すじこをいくらにする最難関を攻略する!
  • 調味料を混ぜて、絶品の醤油漬けを作るぞ
  • 本日完成「絶品のいくらの醤油漬け」

近くの激安スーパーで、生筋子をゲットしてきました!

いくらのお寿司を頼むと最近のお寿司屋さんだと、一皿300円から600円もする高級なネタとなったいくらですが、これをつくるために、お店で買わないといけないものは何でしょうか?

写真を見ていただければわかっていただけるとは思いますが、そう、生筋子です。すじこというと、いくらに比べるとグレードが下がる食材ではありますが、なんとこのすじこが、いくらの材料なのです。

すじこをいくらにする最難関を攻略する!

さてさて、すじこがいくらになるとわかったところで、どうすれば、いくらになるのか?

答えは簡単です。

この卵巣状態のすじこを膜から取り外し、ばらせばいいのです。が、この作業、いくらの値段が上がる原因でもある、ちょっとめんどくさい作業なのです。

がしかし、これさえやれば、最高のいくらが待っているのです!

頑張って生きましょう。

道具を用意する

  • ボール
  • ざる
  • タッパー
  • 温度計

ボールに水をはり、さらにお湯を混ぜて約40度のぬるま湯を作ります。

そこに3%程度の塩をいれます。塩の量を間違えても、あまり失敗はしないので、小さじ半分から1杯くらいいれれば十分です。

あとはゆっくり膜からイクラをはずしていくだけです。意外といくらの膜は丈夫なので、新鮮だと結構適当にやっても大半の卵は、簡単にはずれてくれます。

ただ初めての時はちょっとめんどいし、普段から生魚の調理などになれていないと、苦手な作業なのは間違いないですね。

さてさて、膜から卵をとりだし、ざるにあけると!!

こんなきれいないくら状態になっています!!

オレンジ色の宝石や!!(*´▽`*)

調味料を混ぜて、絶品の醤油漬けを作るぞ

さていくらができたら、ここから醤油漬けにしていきます。

調味料は、みりん、さけ、醤油です。

分量は、1対1対1

簡単ですよね!

おおさじ1、おおさじ1、おおさじ1

適当に鍋に入れて、沸騰させ、酒のアルコール分を飛ばします。

そして、その鍋の調味料を冷やして、あとはいくらを入れるだけです!

超簡単ですよ!!

本日完成「絶品のいくらの醤油漬け」

さて、いくらの醤油漬けができたら、食べなきゃいけませんよね!!

ということで、今回は、いくら醤油漬けの軍艦にしてみました。

いかがでしょうか?

おいしそうでしょ!素人なので、見た目は悪いですが!!めちゃくちゃおいしかったです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です