【焼く枝豆】枝豆は茹でるではなく、焼くという新発想「やってみました」激安100円

最近テレビなどで、栄養士さん調理師さんが、枝豆は茹でるんではなく焼くと栄養価も高く、味が濃厚ですということをおっしゃってるので、本当かよ!?ということで実際に、枝豆を焼いて作ってみました。はたして、おいしくできたんでしょうか?

実戦日:2019年9月30日

目次

  • 焼いて作れるってどういうこと?
  • とりあえずのやり方でやってみることに!
  • 今回の枝豆レシピ
  • 焼き枝豆完成でーす
  • さて、気になるお味は?

焼いて作れるってどういうこと?

テレビで紹介されていた焼き枝豆は、フライパンというよりもストーブとか何やらオーブンで、アルミ箔で焼くというものだったのですが、我が家のメイン火力はガスコンロなので、うーむと思っていたのですが、ものは試しと言うことで、フライパンでつくれないだろうか?

やってみよう!と思い立ちました。

フライパンにアルミホイルを敷いて、焼く、うーんトライだ!

とりあえずのやり方でやってみることに!

うちにはティファールのテフロン加工フライパンがあります。テレビではアルミ箔で焼いていたのですが、そもそもアルミ箔なんていらないんじゃないのということで、フライパンにじかにおいて、枝豆を焼くという、横暴にでました。

さぁ、やっていくぞ!!

今回の枝豆レシピ

材料

  • 激安スーパーで買った一袋100円の枝豆
  • 塩少々 おそらく手で4つかみ

作り方

枝豆をボールなどで水洗いして、ごみを落とします。

スーパーで買った枝豆は色がわるいですが、これは着色していないからであり、着色されたものより、むしろ状態が良いといえると思います。

フライパンにあらったままの水分がある状態の枝豆をならべ、軽く塩を振ります。

火をつけて、一番弱い状態にして5分ほど放置(10分くらいまでOKです)

焼き枝豆完成でーす

着色料がないので、やや黄色ががかっているので、スーパーや冷凍食品、セブンイレブンのものとは、色が悪いように感じられますが、逆においしそうな枝豆が完成しました。

時短料理で、10分程度でつくった枝豆とは思えない見た目で巣。

さて、気になるお味は?

さて、枝豆ちゃんをつかんで、豆をだすと、きれいな緑色のおまめがでてきました。

そいつを、つまんで、パクリ(*’ω’*)

うまー( ゚Д゚)

実は焼いて作る枝豆は2回目だったのですが、今回は大成功のようで、固くなく、甘みがあり、塩分がちょうどいい、すごくうまい枝豆ができました。

勝因は前回は3分しか焼かなかったところ、今回は8分くらい焼いていたというのがあると思います。

とても、100円で売られていたものとは思えない(*’ω’*)

家族には超大好評で・・・私は10個程食べて、後は消えました・・・

水を使う量が減り、お湯を沸かす量も減る ということで、ガスの使用量もすくなくなる、時短料理。

ぜひトライしてみてください! 数回は失敗するかもしれませんが、やれば上手になりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です