突っ張り棒がぶっ壊れ、それでも使ってたけどやっぱり買いなおしのお話【棒に濡れたものが…】

私はマンションという名前のアパート住宅を区分所有しておりますが、洗濯物はベランダに干すのが基本のシステムです。しかし、共働きで家を空けることも多く、最近は強風だったり、花粉もあったりで、結局は室内干しメインで、突っ張り棒を愛用していましたが、こいつを使うのには苦労があり・・・というお話しの一部を語ってみたいと思います。

目次

  • 突っ張り棒で洗濯物を干さざるを得ない生活
  • 突っ張り棒の耐荷重は実はそれほどでもなかった
  • 突っ張り棒が壊れた!どうして?
  • 突っ張り棒あるある・・・
  • 突っ張り棒を買い替えるしか方法がなくなった

突っ張り棒で洗濯物を干さざるを得ない生活

私のマンションにはベランダがあり、そこで洗濯物を干すのが基本的なシステムです。しかし、そこには問題があります。

  • 共働きで家を空ける時間が長い
  • 強風で洗濯物が飛ぶ
  • 花粉症であり春は干せない
  • 梅雨には使えない
  • ベランダに出るのは時間ロス

主夫や主婦がいて、洗濯物をていねいに時間を掛けて干せる人がいれば、ベランダシステムが最高で、洗濯物を干すシステムは、太陽光でパリッとし、殺菌もできて一石二鳥なわけですが、すでに庶民は共働きをしないと生活が成り立たない、税負担が異常な日本社会。

庶民の私の自宅は、共働きで、ベランダシステムがうまく機能しません。

雨が降ってきても家に人がいませんし、強風が吹けば飛んで行ってしまいます。

さらには都会の生活をしていると、花粉症というやっかいな病に侵されますから、おのずと室内干しが増えていくということになります。

かといって室内には物干しざおはありません。そこで、突っ張り棒というアイテムを利用しています。みなさんもご存知ですよね!

突っ張り棒の耐荷重は実はそれほどでもなかった

突っ張り棒を使えば、どんなものでも室内で干せるようになり、物干しざおの替わりになるぜ!!って、利用していたわけですが、使い続けてみると、実際にはいろいろとトラブルがありました。

  • 最大長で利用すると落ちやすい
  • 気候の変化で緩む
  • 落ちた時に破損する

30㎏も耐荷重があれば、十分じゃないかなぁ!というあいまいなイメージを持って使っていた突っ張り棒。おそらく2.5メートルくらいで使っていたんですが、20キロっていうのは、ペットボトル10本程。

余裕はあると思って使い始めたのですが、洗濯物は濡れていますし、ハンガーも金属製だと意外と重いらしく、使っているとズレていることがありました。

突っ張り棒が壊れた!どうして?

そんな突っ張り棒ですが、使っていると壊れて今いました。接続部分であり、突っ張るための主要機能を実現する部分が壊れてしまってました。

これは突っ張り棒に異常な重みが重なってしまったからです。

耐荷重10キロ程度のところに、15キロから20キロの洗濯物が干されたことが原因です。

なんで、こんなことになったかというと、洗濯物を干す人は私だけではないとうことですね。これ以上やったら落下するな!と私は気を使いますが、子供まで洗濯物を干すことがありますから、乗る限り容赦なく、干してきます。

すると限界を超えて利用されるということが、当然起こってしまうわけです。

まぁ、しかたありませんね。

突っ張り棒あるある・・・

  • 冬になったら落下した
  • 落ちてきた突っ張り棒に当たった
  • 難しくて突っ張ってくれない
  • 生活感が出る・・・

突っ張り棒で突っ張ってモノを載せているわけですが、壁の接地面の抵抗力で突っ張っているわけです。

日本は湿気があったり、なくなったりと建物が膨張したり縮小したりするので、つまり、冬になると、壁と壁の距離が短くなって、突っ張る力がよわまります。また、突っ張り棒の材質も縮まります。

ということで、冬になると落下することが多発します。

落下することが増えると、ぶつかるリスクが増えてきます。10キロのものが上から降ってくるんですよ、こいつにあたったら、数メートルないとはいえ危険です。

頭に当たったことはまだないですが、これヤバいっすw

また、そもそもの話なのですが、突っ張り棒をきちんと設置できない人もたくさんいると思います。

説明書もけっこう簡易的なんで難しいですよね。

突っ張り棒を買い替えるしか方法がなくなった

突っ張り棒ではない何か・・・それを、いくつか探してみました。耐荷重のあるものも探しました。

いっそのこと部屋にフックをかけて物干しざおを室内で運用というのも考えましたが、部屋の壁を加工するのは、ちょっと嫌だなぁということで、結局は突っ張り棒に戻ってきました。

アイリスオーヤマのものを使っていたのですが、これの替わりになるものがないかと、探してみたのですが、耐荷重が一番あるのは、結果的にアイリスオーヤマでした。

これまで私が使っていたのは280センチで8キロのものだったとおもいますが、280センチで12キロの耐荷重があるものを見つけました。

これで、もう一度、突っ張り棒生活をやってみたいと思います。

今回買ったのはこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です