温泉で裸の状態で、階段ですべって背中から落ちました…

先日とある温泉に行っていたのですが、露天風呂までの道に階段がありまして、慎重にいこうと思ったわけですが、思いのほかすべって姿勢のバランスを崩し、なんと背中から階段にこけてしまいました。

息が一瞬できなくなりました

背中から落ちるっていうのは、普通の生活ではありませんですよね。私の人生では、キックボードでこけたときと、雨ですべったときの2回がこれまででしたが、ついに3回目でした。

一瞬息ができなくなり、やばいとおもいましたが、これは大丈夫な範囲だと10秒後に気づいてました。

声が一瞬でなくなりました

階段から落下した後、一緒に露天風呂に入っていた家族に声を掛けたのですが、なんと声がでない。背中から落下したときに肺にもぶつかったので、一瞬力がはいらなくなっていたからのようです。

3分後には声がでるようになりました。 

後頭部をぶつけなかった奇跡がありました

おそらく後頭部から落下したら、最悪死という危険があったかとおもいます。背中の肉があるところから、落下したので、骨もおれずにすみました。

ただ、これ気づいたら腕も傷がありまして、思いのほかダメージはありました。

夜はあおむけで寝るのがきつかった

自宅に帰ってからの話ですが、背中をつけて寝るのが正直きつかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です