川をのぼる魚の姿を見れる埼玉県にある「大堰自然の観察室」って知ってます!?

知る人ぞ知る埼玉県にある利根川の「利根大堰」そこには「大堰自然の観察室」という川をのぼっていく魚を自然の状態で観察できる場所があります。今回は、その「大堰自然の観察室」に行ってきましたので、レポートいたします。

訪問日:2019/6/21

目次

大堰自然の観察室の場所

利根大堰は、利根川にあります。利根川の幅は広く、堰も広いです。

武蔵水路・見沼代用水・埼玉用水路・葛西用水路への取水口の川の水の量はかなり多く、びっくりします。

大堰自然の観察室の入り口

利根川にある利根大堰そこに「大堰自然の観察室」はあります。これが入り口です。

大堰自然の観察室の様子

大堰自然の観察室には、上の写真のようにアユのそじょうの調査結果などが掲載されています。

大堰自然の観察室の遡上風景

大堰自然の観察室からは魚道に沿って大きなガラス窓が3か所あります。そこには、たくさんの泡が波立ってます。

この窓を覗いていると、魚のそじょうをみることができます。

少し観察していると、1匹いました。

これは何でしょうね?私にはわかりませんでした。

行けば必ず魚を見れる、水族館とは違いますが、自然の川を観察しているので、長時間観察を続けていれば、かならずいずれかの魚に遭遇することができると思います。

大堰自然の観察室の公式情報

Wikipedia利根大堰
公式情報独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です