千葉県銚子市の「一山 いけす」に新鮮な海鮮を求めに行ってきました!【写真掲載】

先日、子供が開校記念日でお休みというので、家族で千葉県の銚子市に行ってまいりました。新鮮な海鮮を食べたいという家族の強い希望で、一山 いけすさんを訪れました。その時のグルメレポートいたします。

一山 いけすの場所

今回、おじゃましたお店「一山 いけす」さんの場所について書きます。地図を見ると一山いけすさんの場所にびっくりします。千葉県の右端である銚子市でも、右端にあるお店です。これは、日本で一番東と言えるのではないか?という場所に立っています。

一山 いけすの外観について

一山 いけすの建物は、きれいに整備されており、観光に訪れた家族連れも十分満足できる雰囲気があるお店でした。

一山 いけす からの景色について

座席は、テーブル席とお座敷があります。銚子の右端ということで、ここから先は海しかないそんな景色を眺めることができました。

多くは座敷ですが、いけすの前にはカウンター席もありました。

一山 いけすの特徴

一山 いけすさんのお店の中央には、生きた伊勢海老、アワビ、貝、魚がおよぐ「いけす」が、設置されており、まさに、活魚・鮮魚を楽しむ飲食店となっています。

水槽に鮮魚が泳いでいるお店はたくさんありますが、ここは巨大ないけすがあるので、規模が違いすぎます。

いけすの撮影はしておりませんが、店の真ん中にどーんと巨大ないけすがあるなんて、初めての光景です。一見の価値はあります。

鮮魚の値段は、やはりそれなりにしますが、新鮮なお刺身を楽しめるとあって、価格は気にはなりません。

一山 いけす での今回の注文

上チラシ

一山 いけすさんで今回私が注文したのは、上チラシ寿司です。

価格は、1480円(記憶です)で、写真のようにウニがのった、ぜいたくなちらし寿司に、伊勢海老のお味噌汁までもがついてました。

一山 いけすさんには、他にもたくさんの料理があったのですが、ランチということで、あまりお腹が空いていなかったこともあり、上チラシに決めました。

お刺身は、もちろん新鮮で、まったく臭みはありません。えびも甘みがあり、ここまで来たかいがあった、お味を楽しむことができました。

一山 いけす のキンメダイの煮つけ

この日のおすすめは、キンメダイの煮つけだったので、頼んでみました。

こちらの煮つけは、砂糖の甘みが強く、ご飯にあう、お味でした。こちらは半身です。

注文してから作っているのか?時間を少々いただくとありましたが、注文から、10分以内には、運ばれてきていたので、私は気にはなりませんでした。

一山 いけすの隣は海

「一山 いけす」さんのすぐ横には、海が広がり、高速道路で2時間半かかったこともあり、海に来た!という開放感がありました。

近くには立ち入り禁止の防波堤がありましたが、釣り客は4~5人はいらっしゃいました。

こんなところに魚いるかなぁと覗き込んだら、小さい魚がたくさんいました。

一山 いけすのまとめ

「一山 いけす」さんは、ネットであった情報から、訪問することになりました。評価はまずまずで、評価通りの味に、私も満足しました。

ただ、今回は、ぷらっといった千葉。刺身の盛り合わせや、伊勢海老のおつくりといった、まさに鮮魚と呼べる、高級料理は頼みませんでしたが、軽くいただいた、チラシ寿司でも、伊勢海老のお味噌汁が付くなど、コストバリューの良いお店だと感じました。

東京から行くと、渋滞がなくても、3時間かからないくらいの時間がかかるので、行くのは大変ですが、その価値のある、食事をいただけました。

銚子港に行くことは、今後もあると思うので、銚子に行く際には、お邪魔するお店の一つとなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です