満員電車を抜け出し、ストレスフリーな人生を送る方法

人生

仕事、仕事、仕事…

東京や名古屋、大阪等、首都圏で働く限り、満員電車との生活は避けられません。しかし、この満員電車いつから続いているのでしょうか、調べてみると、1910年頃からという話がでてきました。(交通コンサルタント阿部等さんの著書『満員電車がなくなる日』)

そもそも満員電車の原因は?

どなたでも、満員電車の原因はわかっているとは思いますが、あえて挙げてみると

 会社で働く場合、就業時間が同じため
首都圏の人口が増える一方のため(路線を増やしてもさらに増えるだけ)
代替手段がない(車では大量輸送できない)

これらが原因であることはなんとなくわかります。

けれど、

そもそも『鉄道のはじまり=満員電車』と上記の本で語られているように、満員電車は永遠になくならないようです。

運賃がやすい
そもそも交通費の支給は電車のみ
タクシー(車)に比べ、到着時刻が確実

これらが電車が選ばれる理由にもなっています。

つまり、会社で働く人がいる限り、満員電車はなくなりません

満員電車から逃れる方法

満員電車を逃れる方法は、いくつかあります。

地方で働く、地元密着で働く(そもそも仕事がないor賃金が安い傾向)
車で通う(非経済的)
都心に住む(不動産が高すぎる)
自営業になる
働き方を変える

地方で働く、地元密着で働く

東京に向かうのではなく、東京から地方に下る電車を選べば、満員電車はさけることができます。ただし、東京から離れるほどに仕事は減っていきます。また、地元密着型の仕事となると、車での移動となり、今度は渋滞の問題もでてきます。

⇒選択できる人がすくない

車で通う

都内とは言っても駐車料金が、月額10,000円~30,000円くらいまでなら、出すことは可能だと思います。しかし、ガソリン代もかかりますから、車で通うといっても、やはり費用の面で現実的ではありません。会社の役員クラスになれば、話は変わってくるとは思いますが、それでも今度は、渋滞の問題に悩まされます。

⇒費用に比べ、メリットが少ない

都心に住む

満員電車を避けるために東京都内、それも丸の内や新宿、渋谷あたりに住むという選択肢もあります。しかし、家賃が高いばかりか、生活のためのスペースがなくなります。

また、そもそも仕事のために生きているのか?というくらいに、そもそも少ない給与からの不動産支出です。家賃ではなく、不動産を買って、売却益でという頭があったとしても、投資するだけのお金がなければ、都心に住むことにメリットはありません。

⇒満員電車から逃れるために、普段から混雑しているところに住むなんて趣旨がずれてきます

自営業になる

自営業になれば自宅、あるいは自分のオフィスに好きな時間に行けばよいので、満員電車になる時間帯を避け出社することも可能です。しかし、最初から自営業を選択した人であれば、自営業を選ぶこともできますが、サラリーマンを一度選択した人にとっては、厳しいという思いが強いと思います。また、自営業といっても取引先に朝から向かうようであれば、結局は満員電車を使うことになります。

⇒サラリーマンからのハードルは高い

働き方を変える

最後の選択肢として挙げたのは働き方を変えるです。これは、変わってくれない社会に対する、労働者たちの変革です。

フリーランス、ホームオフィス、自宅を利用する働き方への変更です。会社まで移動するということが、満員電車の原因です。その方法が、一番経済的にも時間的にも合理的なのですから。

しかし、多くの人が基本は自宅を利用し、必要な時だけ電車を使う社会となれば、間違いなく電車を利用することが不要になります。

ただし、これができるのはパソコンを使った仕事だけです。しかし、東京都内の大半の仕事は、既にパソコンの仕事になっているはずです。会社に行ってまずメールをチェックする。そんなことが、日常の当たり前になっているはずです。

であれば、会社でなくても、作業はできますよね?セキュリティの問題も、やろうと思えば対策できるのですから。

それでも、会社が変わってくれないのなら、フリーランスやブロガー、アフィリエイターなどの仕事だってあります。選択肢は増えています。

私は、満員電車で会社に通っていた時間は16年と長い期間となってしまいましたが、就職してすぐに10年は無理だと直感的に感じていました。しかし、現在、会社をやめて、新しい働き方を選んだところ、多くのメリットがあることに気づいています。

移動時間がないことで、労働時間をふやすことができる
自宅の家事が平行してできる
家族との時間が持てる

移動時間がないことで、労働時間をふやすことができる

移動時間がないことは非常に大きなメリットでした。満員電車で会社についたときには、少し疲れているのが基本です。それがないとなると、非常に効率よく仕事にはいれます。

疲れがあると、無理をしなければいけませんが、無理をすると結局よけいに疲れがたまります。満員電車か否かで、まったく逆のことがおこります。

自宅の家事が平行してできる

家事ができることも重要なポイントです。仕事をしているとどうしても疲れます。疲れると、休憩をとることになりますが、その10分の間にやれることは、自宅ならたくさんあります。

ちょっとした掃除・かたずけ
宅急便の確認
オークションの出品の対応
ゲームなどなど

家族との時間が持てる

自宅での仕事になると一番のメリットはこれかもしれません。家族との時間がとれる。子供達の成長をサポートできるのは、親しかいません。しかし、満員電車に追われ、仕事をしていると、子供との時間がとれなくなります。

自宅に帰ってきた時に疲れ切っています。しかし、自宅で仕事していれば、ちょっとした作業の間に、子供と会話することもできます。

また、宿題をやっているのか、内容は正しいのか。何が得意で、何が得意ではないのか。しっかりと、子供への指導をすることが可能になります。

まとめ

満員電車を抜け出し、ストレスフリーな人生を送る方法については、結局のところ、人それぞれの判断になります。

いくつか満員電車から抜け出す方法を上げましたが、これらの中から、メリットやデメリットを考慮して、あなた自身にとって、価値ある判断をすることになると思います。

満員電車が平気だという方もいると思いますので、その方にとってはどうでもよい悩みかと思いますが、満員電車がもう無理だという方の一助になれれば幸いです。

最後までお読みいただき誠、にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました