濁らないアイスコーヒーの作り方

クッキング

スターバックスなどのお店のようなアイスコーヒーを見ると濁りがあまりないと思うのは、自宅でアイスコーヒーを作ってみたことがある人だけであろう。

自宅でアイスコーヒーを作ると、たいてい濁る。なんで、お店のようにできないのだろうか?

その濁るコーヒーの作り方は、いつものコーヒーの作り方と同じで、すぐに氷で冷やすくらいである。これだと、濁る

そこで、「濁らないアイスコーヒー」で検索をしてみると、濁らないアイスコーヒーの作り方レシピがでてきたので、今回チャレンジしてみた。

道具:

やかん、コーヒーのドリッパー、ポット、保存用の水筒、料理用の温度計

作り方:

いくつかのサイトや、知恵袋、クックパッドを拝見したが、まとめると次のようなことがわかりました。

ポイント
濁りの成分を除く
・最初のむらしの時に出る抽出液は、濁りがあるので除く
・85℃の低温で入れて、急冷を早め、濁り(成分の固形化)を防ぐ

つまりは、濁りの成分は除去するように作るということです。しかし、気になるのは、味ですね。

1.ポイントにあるように85℃まで、ヤカンでお湯を温めます。

温度計は自宅にあったので、助かりました。

2.アイスコーヒーなので、いつの2倍の量のコーヒー豆を使いました。ドリッパーにお湯を注ぎ、1分むらし。

出てきた、濁りは飲んでみました。ちょっと、まずいです。

3.あとは、氷をいれたポットに、ドリッパーをうつし、いつものようにコーヒーを抽出しました。

そして、出来上がったのはこちらです。

濃いめですが、濁りが圧倒的にすくない、アイスコーヒー液です。こちらに氷をいれて、いつものようにアイスコーヒーを入れると。。。

いつものように濁りがあまりない、アイスコーヒーができあがりました!!

今回は自宅にあった、挽いた後のコーヒーを使ってしまいましたが、今度はコーヒー豆を挽くところからやって、最高の状態のアイスコーヒーを作ってみたいと思いました。

お試しあれ♪~

タイトルとURLをコピーしました