ゲームやネット上の悪口

ゲームやインターネットをやっていると必ず出くわすのが悪口で、それに過剰に反応したり、それらを見たことで、非常にネガティブな思いをしている人たちがいて、あのゲームは怖いとか、やっているやつ最低とか、また違う悪口を書いているという現象がある。

まぁ、どちらも同じであるのですが・・・

目次

「口は災いの元」は現代も変わらない

すべての口から出た人間の言葉(反応)は、誰かにとっての批判に通じるということを、私たちは理解しておく必要がある

とはいえ、30代以上のシニアな世代にとっても、また若い世代にとって、ネット上の悪口というか陰口というのが、目に見えるようになったのは、ここ10年程度で、それまでは、「日記」や「自宅の復讐メモ」に書かれていたり、どうしょうもなく悪くて公園に批判の紙がばら撒かれる程度で、表に出てくることがなかったものなのである

ただ、ネットができることによって、愚痴や悪口が表にでちゃうようになっただけのことなのである。

あなたの愚痴はあなた自身を表しています

みーんな、自分とは違う誰かをみると、悪口というか、自分との比較での感情を口走るのが、人間なのである

廃人・・・

書いた人の心理:ゲームばっかりでずるい、俺ももっとやりたいよー

レア中・・・

書いた人の心理: あいつばっかりレアアイテムばかりもっててサイテーなやつ!!でも、俺も欲しいんだよー!まけねー!

ガチ勢・・・

書いた人の心理: 俺だっていっぱいゲームしたいけど、勉強(仕事)があるし、そんなことやってられない。いっそ俺も、そうなりたい

などなど

実は何かを発言したとき、それはあなたが見透かされてるんです

批判は伝わらないよーん

批判には、批判を言ったそれぞれの人間の側にのみ、何かしらの思いがあるのであって、実は言われた方は何も考えていないのである。

ということで、まぁ、ネットでは、今までの付き合いでは表に出なかったような、人間の本音がポロっとでてしまうことがあり、それを真に受けると大変なんだけど、そんなのゲームやネットが生まれる前から、すべての人間が行っている批判なのだから、あまり反応する必要はないのである

突然、2chに国会議事堂の爆破予告があったとしても、別に反応すらする必要は基本ないのである

昔からあった、人の妄想なので・・・

確かに、秋葉原の無差別殺人のようなひどい事件も起こることがあるが、航空機事故に比べたら、発生する頻度は少ないし、そもそも車の交通事故に比べたら、航空機事故だってとんでもなく低い確率なのであるから、ネットの脅迫や悪口なんて、相手にする必要なんてないのである

来月には悪口や批判はきれいさっぱりなくなってる

また、昔の人はよく知ったもので、「人の噂も75日」という言葉があるくらい、数ヶ月もたてば忘れられてしまうのである

そんな、無駄なことに反応する必要は、ないのであるからして、批判や悪口は、空気と思っていいのである

The following two tabs change content below.
2000年頃からオンライゲームをやってきているちょっとコアなゲーマーです。PSO2をプレイするようになったころから、パソコンに標準でないプレイ環境を作るようになったり、最近ではスマホゲームをエミュレーターでやるなど、ちょっとコアなプレイヤーになっているので、そんなコアでレアな情報を提供しています。 最近やってるゲームは、ファンタジーアースジェネシスです。 自由人編隊:発起人でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 本サイトで利用されている画像の転載・配布は禁止いたします。