「ユーザー企画」カテゴリーアーカイブ

ユーザーイベント「闇の中の流れ星」

2018年12月12日は、総力戦シーズン2の最終日でしたが、この日ファンタジーアースジェネシス史上初めてであろう、同盟を超えたユーザーが自ら企画するイベントが開催されました。

天使の流れ星のキラキラ仕様

総力戦シーズン2後半で販売された「総力戦ガチャ」の排出アイテムである、天使の流れ星には☆が光る演出がありました。

この光る演出なのですが、事前にユーザーが心配した通り、レイスの闇や、アサシンのスキル「ハイド」中でも、光り輝くという演出をやってしまっていました。

これが、運営の意図通りなのかそうでないかは、わかりませんが、闇があっても光るという仕様から、様々なツイがありました。

ということで、じわじわと「天使の流れ星」企画ができあがっていったのです。

企画が発表される

そんな流れ星やりたい企画のツィートが発信されていくなか、最初私は、虫さん経由でイベントを聞いていたのですが、ツイッターでも告知がでるなど、はじめてのユーザー企画イベントとなるであろう流れ星イベントの、告知が発信されたのでした。

流れ星企画の動画

事前に誰が何をやるかの準備をそこまで綿密にやっていなかったのに、この流れ星企画の動画までが、有志により作成されました。

今回のユーザー自らが自主的にゲームを盛り上げようと企画が動いていく姿は、鳥肌もののすばらしい流れだったと私は感じています。

もちろん、多くのユーザーにとっては知らされていない非公式な企画になるので、総力戦の邪魔になってしまったというところもあったかと思いますが、参加した一人として、今回は、ご容赦いただけたらなと考えております。

ファンタジーアースジェネシスを盛り上げていきたいという思いが強いメンバーがやった企画ですので、悪意はありませんでした。

撮影された流れ星の写真たち

流星群

メテオ的カボチャ

流れ星

レイスの闇の中で、各種スキル攻撃の光を避けながら撮影した流れ星の写真です。なかなか良いスクショはとれないのですが、その一部が上記の写真となります。

レイスの闇のなかで、燦燦と輝く星たちは、戦争ゲームという対人しかないファンタジーアースジェネシスを癒しの空間へといざなっていました。