本当は教えたくないルアー釣りテクニック-メバル編

メバルを釣るのは、簡単です。私は簡単だと思います。ですが、初めて、それも指導してくれる人が周りにいないなかで釣りを始めたとしたら、難しいと思います。

そんな人のために、本当は教えたくないルアー釣りテクニック-メバル編を書いていきます。

夜釣り一択です

メバルを一度も釣ったことのないあなたが本気で釣りたいのなら、夜釣りを選んでください。圧倒的につれるのは夜ですから、夜しかありません。

実績のある場所を選びましょう

メバルはそこにメバルが住んでいれば、ものすごく簡単に釣れる魚です。しかしいなければ絶対に釣れません。寝魚ですから、底が砂地では、釣れる魚も、いないので、絶対に釣れません。

また、魚影が濃い場所であれば夕方など、メバルが泳いでいるのが見えるでしょう。

ゆっくり一定で癖なくリトリーブできるように練習をしておきましょう

メバルは、ルアーを見切ります。慣れると食わなくなります。本番で、リトリーブの練習をするとルアーだとバレ、食わなくなるのが早まります。夜になる直前に練習をしておきましょう。

レンジを意識して巻きましょう

メバルが反応する水深は、その日の状態つまり潮の満ち引きで毎日違っていると思ってください。キャストして、どのくらい待って、リトリーブスピードはどのくらいで、ルアーを泳がせているレンジがどのくらいなのかを、自分の感覚でいいので、意識しながらリトリーブをしてください。一匹釣れれば、そのレンジがその日のあたりレンジになる可能性があります。

レンジを想像しながらリトリーブをしましょう。

釣れなくなったら移動する

メバルは、岩場に(根に)いついている魚です。もしいないのであれば、どんなに粘っても釣れません。また、数も多くはありません。釣れなくなったら、色を変えるか、数メートル移動してみましょう。

移動面倒くさいという人もいるかと思いますが、移動が釣果アップの秘訣に必ずなります。動ける量の道具で釣りに行きましょう。

以上で、かならず釣れるポイントは書きました。

あとは、あきらめずやるだけです!

がんばってください!かならず釣れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト