さぁ、ルアーフィッシングを始めよう!~おすすめのターゲットは?~

訪問ありがとうございます。

海(ソルト)のルアーフィッシングの初心者の方に向けて、

ルアーフィッシングの世界をどう楽しんでいけば良いのか

についてお手伝いできたらと思います。

おそらく、魚を釣ることすらはじめての方には、魚を釣るために何を準備して、何から始め、どうやったら釣れるかもわからないと思いますので、丁寧に書いていきたいと思います。

はじまり

「釣りって面白そう!とりあえず道具を持ってないからお店にでもいってみるか?」

「今度釣りにいかない!?すげー楽しいよ!」

そんな感じが、まずは最初ですよね!何事も道具がなくちゃ始まらない。

でも、釣具店に行くと様々な釣り道具があるので、なんとなく魚釣りをしたいと思ってお店にいったとしても、道具の種類・数がありすぎて何を買ってよいのか迷ってしまうことでしょう。

ターゲットとなる魚によりルアーが異なる

これは、釣り道具(ルアー)が、対象の魚にあわせて多種多様に存在しているからになります。

そのため、どんな魚をターゲットに釣りを始めるかというところが、釣りを始めるためのスタートとなり道具選びのスタート地点にもなります。

このサイトでは、ルアーフィッシングに絞っていますので、扱う対象魚が限定されていますが、それでもたくさんの魚がターゲットになります。

まずは釣る魚を決めましょう

釣りの経験有無によるターゲット判断

上記のチャートで、どの海釣りからスタートがおすすめかを書いています。

全くの釣り初心者さんには、とりあえずエサで魚を釣ることに慣れてもらうところからスタートしていただき、そこから少しづつルアーに切り替えていくのが、楽しめるのではないかと本サイトでは考えております。

初心者におすすめのソルトルアーフィッシング対象魚

私が初心者におすすめしたいソルトルアーフィッシングの対象魚

それは…

漁港で簡単に狙えるメバルです。

ソルトルアーフィッシングを実際にやっている人にとっては無難な回答であり、多くの人が納得してくれると思っています。

メバルをおすすめする1つ目の理由

メバルをおすすめする1つ目の理由は…

簡単に道具が手に入る

からです。メバルを専門に狙うルアーフィッシングをメバリングと呼んで釣りをやる人には長年ブームとなっていますので、道具の種類が豊富で簡単に手に入ります。

また、メバリングと同じ道具を使って、アジやカサゴといったほぼ同じサイズの対象魚の釣りにも、メバリングと同じ道具が使えるため同じ道具で、複数の魚種が楽しめます。

メバルをおすすめする2つ目の理由

メバルをおすすめする2つ目の理由は…

釣りやすい

からです。小さいメバルは港に係留してある護岸、テトラポッド、ゴロタ、船の隙間といった暗がりに隠れる習性があるため常に回遊している魚に比べて魚のいるポイントが絞りやすく、ソフトルアーに対する反応も良いため、あたりがわかりやすく釣りやすいです。

また、船をレンタルして釣りをすることなく、漁港に車で行ってその足で釣りを始められますから、車に道具さえ積んであれば、いつでも釣りを始めることができます。

メバルの数がたくさんいる場所に限っての話になりますが、釣り人があまりいない場所では、数もたくさん釣れます。

メバルをおすすめする3つ目の理由

メバルをおすすめする3つ目の理由は…

費用が安い

からです。竿とリールは別として考えた場合、必要となるルアー(疑似餌)は、ワームとジグヘッドを中心とするソフトルアーの釣りとなるので、ルアーに費やす費用が1000円以下に収まります。

ルアーフィッシングに限ったことではないですが、釣り全般では地球を釣ってしまう(=そう、根がかり)が避けられません。

カラフルなハードルアーは、1つ1000円以上するので、根がかりでルアーが回収できなかった時には、涙がでそうになります。

一方のソフトルアーであれば、ルアー1つの単価は100円以下になるので根がかってもほとんど苦にならないでしょう。

東京都内(東京湾)の場合は・・・

東京都内でルアーフィッシングを始めるというのであれば、おのずと東京湾となります。

東京湾でルアーフィッシングを始める場合のおすすめのターゲットは…

シーバス(スズキ、フッコ、セイゴ)

になります。

東京湾の釣りで、メバルがおすすめにならない理由は、メバルが釣れる場所が少ないからです。

東京都内の湾の沿岸部は工場の敷地や商業施設、倉庫になっている場所がほとんどで、

釣り人が竿を出せる場所が本当に少ない

のです。

※東京湾にメバルは多くいますが、都内の領域がすくないのです

メバルは、海水のエリアでないとほとんど釣れませんが、シーバスであれば海水ではい、川の水か混じっている汽水域で釣ることが可能になってきますので、都内の荒川など川沿いの釣り公園からも狙いやすいターゲットとなります。

また、東京湾のシーバスの魚影は濃く

日本で一番シーバスが釣れる場所は東京湾

というくらいの魚影の濃さが知られています。ただし、シーバスは回遊している魚ですので、根に付くメバルに比べると簡単には釣れません。探すことになります。

また、シーバスを狙っている人が多いので、ハイプレッシャーでもあり、有名な釣り場での釣りは、魚がルアーに慣れてしまって、やや釣りの難易度はあがります。

まとめ

東京湾以外の場合は、メバルやアジから始め、都内であれば、シーバスから始めるのが、私のおすすめです。

まずは始めてみる。

しかし、どんな道具を選べばいいかわからない。

でも、道具を選ぶには、まずは、釣りの対象を絞ってからということで、このサイトではメバルをおすすめのターゲットとしています。

しかし、住んでいる地域により、手軽に釣れる魚も違いますし、海へのアクセスも違いますから、関東圏に住んでいる方向けに、メバルとしているだけであり、読者の皆さまの地域で、よく釣れる魚がいるのであれば、それをターゲットとするのが、間違いないのは、書くまでもありません。

ルアーフィッシングメニュー

楽しい海のルアーフィッシング
~ルアーフィッシングの魅力とは~

さぁ、ルアーフィッシングを始めよう!
~おすすめのターゲットは?~

ルアーで魚を釣った後どのように扱えばいいのか?
-魚の扱い-

ルアーで魚を釣った後どのように扱えばいいのか?
-持ち帰る場合-

ルアーフィッシングで守るべきルール
毒に気をつけなければいけない魚

釣るための秘訣

はじめての海・はじめての釣り場で、
釣果を引き出す方法

ルアーで釣れない人への処方箋

勘違いしていませんか

かけだしルアーマンのよくある勘違い
ルアーフィッシングにおける勘違い
~そのやり方で釣れてますか?~

魚の食いを待つ餌釣りでのリリースはあり得ない

初めての方必見

釣行 -シミュレーション-

電車

東京湾 電車釣行のすすめ

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト