悩む暇があるならルアーを海に投げ続けろ

ルアーフィッシングは実は自分との戦いなのです!

( ˘•ω•˘ )
もう朝マズメ終わったしどうせ釣れないなー
どうせ釣れないから帰ろうかなー

一人で釣りをしていると、どこからか聞こえてくる心の声!?聞こえてますよね?

ルアーフィッシングに限らず、人間の脳と言うのは、どこかで何かを否定したり、諦めようと、楽な方に誘いがちです。

魚が釣りたくてルアーフィッシングをやっていたはずなのに、疲れてしまって、飽きてしまって、頭はもうルアーフィッシングをやりたくない、釣りをやりたくない。

頭の中は、既にギブアップ!

ルアーフィッシングをやっていて釣れない人の一番だめなパターンは実はこれなのです。

餌釣りは、魚が寄ってきてくれるのを待ちます。攻めのチヌ、攻めのヘラブナなど、攻めの餌釣りもありますが、ちょい投げやサビキなど、魚側が掛かるのを待つ釣りに慣れていると、そういう考えが出てきてもしかたないのかもしれません。

ルアーを投げるのを辞めたらゲームオーバー

ヤル気がなくなってしまったときの、ルアーの位置は例えば上のような状態になっている可能性があります。

本当は、5メートル下に魚が泳いでいるのかもしれないのに、そのレンジにルアーが通せていない。

それに気づければ、釣れるのだけれども、海の深さは感覚でしかわからないし、魚探がなければそこに魚がいることにも気づけません。

だからこそ、ルアーを投げ続けなければいけません

釣りを続けるか、続けないのか悩んでませんか?

それは、絶対につれません。

次はどこにルアーを投げて、魚を誘うのか、そこを悩まなければいけません。

もう、諦めようという気持ちが沸き上がったら、このことを思い出してください。

悩む暇があるならルアーを海に投げ続けろ

私はこの言葉で、釣果を伸ばしてきました。参考になれば幸いです。

 

ルアーで釣れない人への処方箋

釣れるとされる場所でルアーを投げ続けなさい
悩む暇があるならルアーを海に投げ続けろ
歩いて投げろ
ルアー50投ローテーション
潮位の異なる時間に再トライ
待ってから巻け
巻くスピードを毎回変えろ

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト