「釣りコラム」カテゴリーアーカイブ

【バス・ギル】東京拘置所前の釣り禁止の水路付近でルアーを投げている人が( ゚Д゚)「魚いるの!?」

五反野親水緑道や五反野コミュニティ公園などコイが泳いでいる公園の先にある、東京拘置所の前の用水路。この用水路は小菅万葉公園まで続いています。明確に釣り禁止と書かれているところが多いのですが、小菅万葉公園あたりはグレーゾーンということもありなんとルアーを投げている人がいました。果たして釣れる魚がいるんでしょうか?

続きを読む 【バス・ギル】東京拘置所前の釣り禁止の水路付近でルアーを投げている人が( ゚Д゚)「魚いるの!?」

私もルアーで魚を釣れなかった【釣るためのポイント】

ルアーフィッシングをやっていない釣り人さんとお話をするとよく聞いたのは「ルアーは釣れないからエサ釣りの方がいいよ」という言葉でした。いまでこそ私もルアーで釣ることができますが、まったく釣れなかったころは「プラスチックでできたルアーで魚が釣れるとは思えませんでした

そんな私が、どうやって釣れるようになっていったかを書きます。私も釣れるぞって人を増やしたいです!(*´ω`*)

続きを読む 私もルアーで魚を釣れなかった【釣るためのポイント】

確実に釣果に差がでるルアーフィッシングの基本【特別公開】

ここ連日荒川リバーフィッシングをやってみての思い込みではなく、これまで様々なルアーフィッシングをやってきて自画自賛で恐縮ですが、人よりも数多くの魚をとってきた自負があります。

そうなれた理由は数多くやってきたからでもあるし、経験という部分もあるわけですが、それが無くても「確実に釣果に差が出るルアーフィッシングの基本」があると思っています。

初心者でもすぐにできる、その基本をお伝えしたく、今回は記事にしたいと思います。

釣果に差がでるルアーフィッシングの基本とは?

これから私が伝えようとしていること「釣果に差が出るルアーフィッシングの基本」ですが、これは当たり前のことなのですが、できていない人が実は多いです。

連日ルアーフィッシングをやっていて釣れていない人の様子をうかがっていると、確実にそれが当てはまるなと思って私は見ています。

その基本が、どんなものなのか少し考えてみてください。

どんなものだと思われますか?

おそらく釣れている人にとっては、あたりまえの常識なので、面白い話ではありません。しかし「釣れない、ルアーは釣れないのでは?」と考えている人には、ぜひとも知っておいてもらいたいと思っています。

釣果に差がでるルアーフィッシングの基本を特別公開

私はルアーフィッシングを始めたばかりの10代では、釣果に差が出てしまうので、この基本を誰かに教える気にもなりませんでしたが、今やたくさんの魚をルアーで釣ってきたこともあり、むしろ皆さんに釣ってもらいたいと思っています。

それでは、特別に基本をお伝えしましょう。

それは、これです。

アー製作者が意図したとおりのルアーの使い方を実践する

です。たいしたことはありません。たったこれだけのことなのです。

できてますか!?、できてる?、それとも意味がわからない!?

なぜ、こんなことを書くかというと、ルアーを投げて同じスピードでリールを巻くだけの人が、あまりにも多すぎるからです。

パッケージの裏側や説明をよく読み、ルアー製作者がどんな意図をもってルアーをデザインしたか確認していますか?

ルアーチェンジをしても、同じ場所にルアーを投げ、同じルアーの動かし方を続けるという人がたくさんいます。これは、ルアーが持っている特徴を殺してしまっているのと同じだと私は感じています。

どんなルアーでも同じ動かし方では、釣れないに決まっています。同じようなパターンで釣れる魚を狙うことになるのですから・・・

ルアーチェンジ行ったのに、ちがうパターンで釣れる魚を逃してしまいます。

しかし、この基本が、できていない人があまりにも多いのです。おそらくわかっていない人ほど、この話がピンとこないだろうと思っています。

ミノーのリトリーブスピード

ミノーは表層を狙っている魚を釣るためのルアーです。そのため、泳いでいる魚たちのスピード、あるいは弱った魚を演出するスピードが、一番よいのです。

しかし、これだけではありません。その製作者が、どんなターゲットの釣ることを目指し、そのルアーをデザインしたかが重要なポイントになります。

ミノーにはもれなくリップがついています。これは若干水面下に潜るための効果も生み出しますが、水の抵抗を受けて、バイブレーションのように振えるアクションも合わせて行っています。このリップの大きさは、メーカーによって異なります。また、ルアーの形状も様々あります。

そのため、ルアーのスピードを製作者の意図にあわせるなら、この水の中での振えが適度にかかるスピードがベストになります。

制作者が意図したスピードにマッチしたスピードでミノーが動かせると、その振動はラインを伝わって、ロッドの先端に伝わってきます。それを感じることができるはずです。

バイブレーションのリトリーブスピード

バイブレーションほど振動がロッドに伝わるハードルアーはありませんが、適切なルアースピードというのを学ぶのには、最適なルアーでもあります。

バイブレーションプラグの振動はスピードによって変わってきます。リトリーブスピードが早いと、振動も早くなり、より小刻みに振るえます。一方、リトリーブスピードが早すぎると、この振動の安定感がなくなってきたり、遅すぎると今度はうまく振動しなかったりということがでてきます。

リトリーブスピードが釣果に確実に影響します

釣れてる人と釣れていない人の差は、どのコースで、どのように魚を誘惑したのかがポイントになります。

魚の目の前で、より魅力的な演出ができたルアーには、間違いなく魚は飛びついてくることでしょう!

もしも、釣れないという悩みを持っている方がおりましたら、リトリーブスピードを考え直してみてください。

よいリトリーブスピードでは、ロッドに伝わる情報が、よりよいことが多いです。

子供は何歳から魚釣りに行けるか?

私が釣りを始めたのは、記憶がある限りで、保育園の年長のときで、6歳の時です。お爺ちゃんとコイ釣りの釣り掘りに行ったのが始まりで、小ハヤやフナ、コイ釣りを楽しみました。

今回は、子供は何歳から魚釣りに行けるのかを考えてみました。

続きを読む 子供は何歳から魚釣りに行けるか?