「カレイ」カテゴリーアーカイブ

柳カレイを一夜干しで、塩焼きに! 最高です!

お店で買った「柳カレイ」

正式名称は、「ヤナギムシガレイ」というそうですが、ムシはちょっと食べ物には使ってほしくないワードですね。だからスーパーのパックの表記も、柳カレイなんでしょうね!

まぁそれは置いておいて、この柳カレイは、とても安価に購入することができます。

今回は1匹150円という破格の値段でした。2匹一パックだったので、今回は、1匹は煮付け。そして、もう一匹は一夜干しにしてからの、塩焼きにしました。

簡単なので、作り方を紹介しておきます。

カレイの準備

柳カレイの下処理ですが、基本的には、他の魚と同じです。えらの部分に切り込みを入れて内臓をとります。

・鱗をとる(両面)
・内臓を搾り取る
・軽くぬめりをとる

※上の写真では、体にも切れ目が入っていますが、これは写真を撮り忘れたので、入ってしまっています。一夜干しの場合は不要です。

塩水に漬け込む

海の海水程度の塩水に漬け込みます。

私は30分~1時間程度の漬け込みで終わらせていますが、お好みでよいかと思います。

一夜干しの場合は、長期保存が目的ではないので、こだわってやる必要はないと思っています。

カレイを干す

私の場合は、台所のレンジのフードに引っ掛けますが、ハエなどの虫が飛んでこない場所で、干していきます。

ハエが要る場合は、次のようなネットにいれて干すとよいとおもいます。

一夜干しというくらいなので、夜に干しはじめ、翌日まで干します。

一夜干しの焼き

干しあがった干物は、そのままガスコンロで焼いて完成です。

最初の下処理と塩漬けくらいが手間ですが、あとは干すだけで簡単なので、誰でも楽しめる調理方法だと思います。

お試しあれ!

 

 

柳カレイの煮付けを作りました

先日、銚子港で釣った、柳カレイで、カレイの煮つけを作りました。

いやいや。そんなことは、できません!

だって、水深100メートル級に生息しているカレイなんですから、ルアーフィッシングの対象魚ではないんですね。

しかし、イシガレイであれば、ルアーで釣ることもできます。

その話は、別のサイトにお任せして、今回はカレイの煮つけを作りましたので、書いておきたいと思います。

カレイの下処理

カレイの下処理は、基本的には、他の魚とかわりません。

・鱗をとる
・えらに沿って切り込みを入れ内臓をだす
・身に切り込みを1本入れる

ただし、内臓が片側にある状態になっているので、上の写真のように切り込みを入れ、そこから内臓を絞り出すように出すのが他の魚と違うところです。

内臓を絞り出すのは、身を無駄に加工しないためです。

カレイの煮汁作り

カレイの煮汁は、次のような感じです。

・みず 1カップ
・しょうゆ おおさじ1.5
・みりん おおさじ1
・酒 おおさじ1
・さとう おおさじ1

この割合は目安で、より甘みが欲しい人は、砂糖やみりんを多めにいれるとよいでしょう。

カレイを投入

煮汁を火にかけ、泡がぶくぶくいいはじめ、沸騰してきたら、カレイを入れます。

上の写真では、煮汁が若干すくない感じでしたので、もうちょっと被る感じでもよいと思います。

落としブタをして、7~8分煮る

落としブタ=アルミ箔を魚にかぶせて、7分から8分ほどにて、身に火を入れていきます。

火は強火ではなく、中火以下がよいでしょう。

落としブタをとって煮詰める

アルミ箔をとって、後は、弱火で煮汁を煮詰めていくだけです。

片栗粉を使っていないのに、煮汁がとろーっとした状態になるのには、びっくりします!

カレイの煮つけの完成です!

形がくずれないように大きめのお皿によそえば、カレイの煮つけの完成です!

ほくほくとした煮つけに、程よいタレ!

最高の一品でした!

150円くらいのカレイが、最高の煮魚になります。

お店で食べたら800円はしますから、高級品ですよね!

お試しあれ!