格安ルアーセットを購入しますか?しませんか?

私は学生時代からルアーフィッシングをやっているので、激安品から最高級品まで、様々なロッド、リール、ルアーを手に取って利用してきました。

そんな経験から、格安ルアーについて感じていることを書いてみたいと思い、今回は記事にしてみました。

格安ルアーは釣れるのか?

まずは、格安ルアーは釣れるのかです。

そのままでも魚はヒットする可能性は普通にあります。もちろん格安ルアーでの釣果もあります。

実際、ユーチューブなどでも、ダイソーのルアーを使った動画が続々アップロードされています。

私の知っている昔よりも品質が良くなっているし、カラーもよくなり、種類も豊富です。

しかし気になるところがあります。

まずは、フック、そして、次が欠陥品にあたる確率です。

格安ルアーのフック

日本製のフックはOKで、中華製のフックはNGだ。なんてことは書きませんが、安いフックはやはりだめなところがあります。

それは耐久性です。ソルトルアーフィッシングをやる場合、相手は海です。塩水です。扱いが悪いと、すぐに錆びます

また、シーバスは40センチを超えるとかなり引きが強くなります。すると、思わぬ力がかかった時に、べろーんとフックが曲がってしまうということがあります。

フックが曲がったことで、根がかりが外れるということもあるので、針が曲がりやすいことががメリットの場合もあるのですが、魚を釣るという目的には、デメリットとなります。

そのため、針だけは良質なものを使用したいところです。

格安ルアーの欠陥率

格安ルアーをお店で見ていても、気になるところがあります。

塗装のムラはまだ許せるとしても、ルアーにラインを巻く針金部分の曲がりなどが、均一でないことがあります。

また、泳ぎも均一でないことが多いです。ルアー自体に穴が開いていて、使っているうちに水が浸入し動きがわるくなることもあります。

そのため、ルアーをメンテナンスすることが必要になります。

全部一から作るよりも便利な格安ルアー

品質が悪い、使えない、買うべきじゃない!?

確かに最高品質の高級品と比べれば、格安ルアーは見劣りがするわけですが、考え方を変えると見え方が違ってきます。

それは、成長させるルアーであるという理解です。

1500円を超すようなルアーにドリルで穴をあけて改造したり、おもりを貼ってウエイトを調整したりと、改造するのは、ためらいがあったとしても、100円のルアーだったら、躊躇なくできる。

例えば、先ほどのフックが悪いなら、フックを交換するカスタマイズ。

穴が開いているなら、穴が開いている場所を見つけて補修するカスタマイズ。

アイを変える。塗料を塗りなおす。カラーをいじる。

そもそもルアーの至高はハンドメイドルアーですから、そこに至るまでの過程に、完璧でないルアーでメンテナンスに慣れるということは、悪い話ではありません。

そう思うと、格安ルアーは、非常に魅力的な製品になってくると思います。

アマゾンリンク 格安ルアー

よろしければシェアをお願いします!m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です