ルアーフィッシングのリール

ルアーフィッシングにおけるリールはどのように選んだらよいのでしょうか。そのヒントが見つかるようにお手伝いさせてください。

リールの種類を知る

スピニングリール

ソルトウォーター(海)のルアーフィッシングをやるなら基本的には、スピニングリール一択と言っていいです。次に紹介するベイトリールと比較しても、トラブルの少ない使いやすさNo1のリールです。

ルアーフィッシング用リール
http://chigyo.net/fishing/?page_id=1691

とりあえずこれを選べば、間違うことはないのですが、他のリールも解説しておきましょう。

ベイトリール

ブラックバスのルアーフィッシングで、よく使われるベイトリールです。遠投性能は、スピニングリール。軽いルアーを飛ばすならスピニングリールで、出番がすくなめですが、スピニングリールにはある、スプールがないということがメリットであるリールです。

スピニングリールは、ベールをおこすと糸がフリーになって飛んでいくのですが、フリーであるために制御ができません。そのために、飛距離を調整したり、巻き上げ量を制御することが難しくなります。

その部分を補う形で、ベイトリールはありますが、スピニングリールでも使い方でカバーできるところも多く、ベイトリールを使う場面はあまりないのが現状です。

タイラバを使って、船から巻き上げるような釣り方にはマッチします。

クローズドフェイスリール

スピニングリールより飛距離は出ないが、ライントラブルが少ない隠れたリール、それがクローズドフェイスリールです。

実際にルアーフィッシングをやっている人から見れば、ライントラブルこそが一番嫌なことです。それを低減できるリールがあるとすれば、そこにニーズがある。

そんなリールです。あまり一般的ではありませんが、根強い人気があり、今も販売されているリールです。

コラム

なぜルアーフィッシングを長くやっている人は高額なリールを使うのか?

アマゾンリンク

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト