塩焼き

しょっぱい海の魚に塩をふる それだけなのに旨い! 塩焼き♪

魚の伝統的な料理は、串を刺して、塩焼きか?

どんな魚を食べるにしても、必ずある料理法は、塩焼きではないでしょうか?

私が初めて塩焼きを知ったのは、露店のアユの塩焼き。

ニジマス、イワナ、淡水魚しか塩焼きはやらないのかと思って今したが、実は海の魚もOK。

アジの塩焼き、タイの塩焼き、上の写真はイシモチの塩焼きですが、たいていの魚は塩焼きでいけます。

というか全部の魚が塩焼きでいける気がします。

それくらい定番の塩焼きです。

塩焼きのポイント

塩焼きのポイントは長時間かけて焼き水分を飛ばすことです。

たいていの家庭はガスコンロで、鮭の切り身を焼くように数分で魚を焼くと思いますが、その焼き方では、美味しい塩焼きはできません。

水分が少なくなることで、骨まで食べれる塩焼きになります。

水分が多いと味も良くなく、あまりおいしいと言える塩焼きにはなりません。

コラム

キャンプで簡単に魚の塩焼きを作る方法

釣れるルアーフィッシングで食べて楽しむ情報サイト