GeekCashの値動きが面白くなってきた! 4日で3倍(300%)

新しすぎて草コインとも呼ばれないだろう仮想通貨「GeekCash8」ですが、最近変動が激しくなってきました。

一度は、3satまで落ちたのが、9satにフレたりするようになってきて、乱高下激しい状態になってます。

誰が買っているの?

でも、こんなマイナー通貨誰が買っているのって話です。需要は基本ないんですね。

価格を上げたいマイナー達が買っているとも予測できますが、もしかしたら、Aiodex基軸通貨の一つになることを見越して、買いが入っているような気もします。ただ、具体的な買い要素はこれくらいな気がしています。

通貨の発行(増加)量に変化はあるか

マイニングによる通貨の供給量は変わりありません。マスターノード設置に伴う報酬については、約2~3週間で、430から364まで激減しています。ただ、マスターノード数が増えているので、トータルでは、まだまだ、供給量は多いと思っています。ただ、思ったよりも値が付かなかったことで、マイナーが増えている感じもしません。

低位株のような動きになっている

株式投資をやったことがある人であれば、低位株というのをご存知かと思いますが、値段が一けたになっているGEEKは、そのような状況になっています。

1satが2satになるだけで、2倍です。100万が200万になります。これは極端な例ですが、10月2日に3satだったのが、10月5日には9satという流れがありましたから、4日で3倍という例が事実達成されています。

実は、私は、これ少額ですが、試しにやっていて、

3satで仕入れた約5000枚を9satで売りました。

0.00015BTCで買ったものを、0.00045BTCで売ったので、額にして、0.0003BTCの利益ですから約210円の利益。あまりにも少額すぎて、自慢など到底できない利益ですが、100万単位でやれば、200倍なので、4万2千円の利益だったということになるわけで、魅力が出てきますよね。

もちろん取引量が多いとそこまで簡単に取引が成立しないので、簡単ではありませんが。

取引所の成長

Aiodexは、無事に9月末にリリースされました。そして、続々と新しい仮想通貨のリスティングが成功しています。

AEG: 1 Oct 2018
META: 3 Oct 2018
LPC: 6 Oct 2018
MMO: 9 Oct 2018
TRTT: 10 Oct 2018
XSN: 11 Oct 2018
NORT: 12 Oct 2018
SCC: 13 Oct 2018

今日は、LPCの上場ですね。

まだまだ、何が起こるかわからない、新しい取引所のリスティング。大金を突っ込むと、ビビってしまって身動きとれませんが、少額で、投資するなら、結構面白いですよ。

もちろん自己責任ですが、興味のある方はお楽しみください。

 

新しい仮想通貨取引所「Aiodex」での取引が成立するようになってきました

先月からベータ版で稼働を始めた新しい仮想通貨取引所である「Aiodex」ですが、こちらは新しい仮想通貨「GeekCash」との関連のプロジェクトです。

この全然名前が知られていない新しい仮想通貨であるGeekCashについては、私の中では、長期的な投資先として、今年の7月からマイニングを続けています。

新しく、無名な仮想通貨が、今後どうなるかはわからないので、皆様には現時点ではお勧めはしないのですが、私は、とても魅力的に感じたので、現在もマイニングを続けています。

また、マスターノードを使った報酬制度も同時に存在するので、先月からマスターノード報酬によるGEEKを日々受け取っている状態です。

さて、この新しい取引所。「Aiodex」ですが、現在3銘柄の仮想通貨の取引が可能です。

おそらく既に日本で仮想通貨をやっていても知らないであろう、草コイン。

AEG
META
GEEK

上記が、ビットコイン(BTC)にて交換可能です。

で、この仮想通貨取引所ですが、新しい仮想通貨取引所ということで、ここ数日まったく取引が成立していなかったのですが、遂に取引が成立するようになってきました。

もしかしたら、関係者のテスト取引のようなものかもしれませんが、売り板、買い板が見えるようになってきたので、徐々に取引量が増えてきているようです。

安心しました。

これから、この仮想通貨取引所が安定稼働をつづけ、GEEKの価格もあがってくれることを期待しています。

今回の投資に関しては、1年や2年はかかると思っているので、私はしばらくは売りません。興味のある方は、Aiodexに行ってみてください。

また、GeekCash8のホームページなどで、詳細を確認してみてください。

いこうぜ!GEEK ロケットトゥザムーンだ!!

Geekcashよ! いざ、ロケット トゥ ザムーンじゃ!

2018年5月に公開された新しい仮想通貨、GeekCash。当サイトでは、初めて知った7月からずっとマイニングを続けてきておりました。

どのくらいの価値になるかわからずに掘ってきましたが、取引所Aiodexを自ら作ってしまうという、やる気のあるプロジェクトで、期待しておりました。

ということで、最近、他の通貨の上場も始まり、いろいろ動きがあるところで、ついに、GEEKの値段が上がってきました。

一時期3satまで下落していたのですが、先ほど7satでの売買が成立していました。

はっきりいって、2倍なので、100%超えの上昇となるわけです。

新しい通貨で、市場の取引量がすくないことが、こんなことを生む原因のとなるわけですが、こういうときが、私は一番おもしろいなと感じます。

以前紹介している通り、これから続々と新しい通貨が25銘柄は上場される予定です。

新しい仮想通貨取引所 AIODEXにAegeusが本日上場します

既に多くの取引所が世界中にあるわけなので、なかなか人気がつくとは思えませんが、1年後、2年後と考えてみれば、今が一番注目されていない取引所でもあると思うので、今から目をつけておけば、何かしら面白いことが起きるんじゃないかと思っています。

興味があるかたは、Aiodexにアクセスしてみてください。

また、口座も簡単に開けますよ。

 

新しい仮想通貨取引所 AIODEXにAegeusが本日上場します

本日、2018年10月1日は、仮想通貨『Aegeus(AEG)』のあたらしい取引所Aiodexへの上場日です。

取引が開始される正確な時刻は、09:00 AM UTC。
日本時間で言うと19時ですね。

この新しい取引所Aiodexは、現在ベータ版でのリリース状態です。はじめて上場した仮想通貨「GEEK」の上場タイミングでも少しトラブルがあり、すぐにはWEBサイト上の取引が安定しなかったので、今回も取引開始は予定時刻を少し前後するかもしれません。

このAEGの上場に関し、を本日記事にした理由は、私が注目している新しい仮想通貨取引所Aiodex

現状ベータオープン状態であること
本格的な別プロジェクト通貨の上場となること

という2つの状況からです。現時点でAiodexで取引できる通貨はGEEKのみです。この取引所について認識しているのは、必然的に多くはGEEK関係者のみとなっています。逆に言うと、それ以外の参加者はあまり興味を持っていないとも言えるでしょう。

つまり、GEEK関係者という閉じられた状況の場所に、異端が入り込むタイミングが今起ころうとしています。こういう新しいことが起きる際には、何かが起きる可能性が高いと私は感じています。

例えば、

急にGEEKの取引価格が上がりだす、あるいは、下がりだす
アービトラージによる取引所間の差益収入が見込める

何が起きるかは参加者達の動き次第ですからわかりませんが、資本主義において取引のギャップを狙うのは常。そのため、私は気にかけいるということです。

現在Aiodexは、オープンに向け準備中で、ログインや新規登録が少し安定しておりませんが、本日のAEG上場タイミング以降には、安定するかと思います。AEGを既に保有している方、また、この取引所Aiodexに興味を持たれた方は、登録は無料ですし、また、手数料無料キャンペーンもあるので、登録してみてください。

※英語のみ対応ですので、英語が苦手な方には、おすすめしません。

Aegeus (AEG)

ホームページ:https://aegeus.io/

既に上場済みの取引所のチャート:
Coinexchange
CryptoBridge
Graviex.net
Crex24

あたらしい仮想通貨の開発チーム、開発者と直接対話はできたりします

仮想通貨のビッグネーム

ビットコイン、ライトコイン、リップル、ダッシュ、ネム、etc…

超有名コインの開発チームのメンバーにコンタクトをとることができるかと問われれば、それは今や難しいというのは、あるとおもいますが、草コイン、アルトコイン、と呼ばれる、駆け出しの仮想通貨であれば、まったくもって可能です。

私が記事を書いているGEEKやLinuxPayなど、草コイン、弱小コインと呼ばれるような仮想通貨は、市場でも無名の存在であり、比較的容易にというか、かなり簡単に声をかけることができます。

声をかけるといっても、チャットベースですが。

もちろん、英語です。

じゃあ、どこで、それが可能かというと、Discord(ディスコード)というサイトもしくはチャットアプリです。

これまでの記事でも引用しているこの画面が、そのチャットです。

WEBからもアクセスすることができますし、スマホアプリでも、パソコンにソフトをインストールしても利用できます。

https://discordapp.com/

日本語コミュニティを作ってもらった

このような開発者たちとコミュニケーションをとるというのは面白いだけではなく、これから何をするのか、何を開発するのかを、発信する場にもなっていて、実はそれが仮想通貨の価格に直接影響したりします。

この発信から上昇の流れは、今もビッグネーム通貨でも起きていることです。

私は、仮想通貨に参加したのが遅れたため、今メジャーになっている通貨の開発者とコミュニケーションをとるということは、ありませんでしたが、このようなコミュニティを通じて仮想通貨に携わるのは、とてもおもしろいと私は感じています。

先日は、LinuxPayという仮想通貨のコミュニティで、日本語が使えるコミュニティスレッドを作ってもらったりしましたし、トラブルがあったときの修正方法も教えてもらえたりもします。

仮想通貨は個々のスタイルで楽しめる

仮想通貨に参加するひとのスタイルはそれぞれでしょうが、このようなコミュニティサイトを使って仕手集団があらわれたりもしたり、人間臭い部分が多分にあります。

株式市場やFXは、すでに政府配下の官庁や一部富豪の関係者によって牛耳られ、コントロール下におかれ、面白いことは何一つなく、AIを使ったロボットが投機をしているだけのような世界になってしまっていると感じます。

そういう意味では、まだまだ、楽しめるのが、仮想通貨なのではないかと、仮想通貨にどっぷりつかってしみじみと感じているこの頃です。

興味があったら、何かしらあたらしい仮想通貨を見て、参加してみるとよいと思います。

しかし、仮想通貨の95%は詐欺であるという、ネットで転がっているワードは意識してください。

それでは、よい、仮想通貨ライフを!

負け犬から買い始めるホルダー達<仮想通貨戦争>@GeekCash

今年の5月新しく生まれたばかりの仮想通貨であるGeekCashの道のりは当然のごとく長い。ビットコインとて、ここまでくるのに、既に10年近い月日が経過しているのである。

とはいえ、このプロジェクトは、Aiodexという仮想通貨取引所を作ってしまうなど、精力的な活動を見せているプロジェクトなのである。

当然、注目するに値するプロジェクトである。

ところが、現時点の取引所Aiodexは、9月24日から運用が開始されたばかりのベータ版リリース状態であり、トレードできるのは、GEEK-BTCの1ペアしかない。

ベータ版とはいえ、実際にGEEKの取引が始まってしまっていて、売りに出ているのは、当然GEEKのみ。参加者もGEEKホルダーのみであろう。

GEEKは新しい仮想通貨であるため、無名の新人である。当然、人気などはなく、知っているのは、ホルダーのみ。買い手は現れる状態にはない

ということで、当然のように値段がつかないのである。

そんな状況で、起きるのは、既存ホルダー達の投げ売りである。

GEEKCashは、かなりの枚数をマイニングできる仮想通貨であり、おそらくは投資とは思わず、パソコンでゲームをしない間にと軽い気持ちでマイニングした人もかなりいたはずである。

そんな人にとってみれば、数百円や数千円でも早く売って欲しいものを買いたいというのは、当然の動きである。

なので、想定外に安い売りが多数出ている。

そんな状況に嫌気がさしたのか、ついに、この安売りに対する、既存ホルダーの買いが始まったようです。

いや、実は、私は先行してやっていたのですが、どうやら他にも始まったようです。

もしきみらがね、5sat以下で売るんだったらね、

いいよはじめちゃっても。

Aiodexで、俺は買い続けるからな!”

このアカウントネームが緑色の人達は、「hakaishin」という役職を持っており、早くからGEEKのコミュニティで活発なサポートを続けている人たちです。

で、この発言の後に、実際に、5sat以上の買いが入るようになってきました。

10月には、多数の通貨が上場し、GEEKがメインの取引通貨として扱うようになるまで、待てないという人。特に学生で、マイニングをしてきたような人は、安くても売りに出すという状況はあるとは思います。

このようなホルダーの一定の買いがあるというのは、仮想通貨での面白いポイントかと思います。

あの、ビットコインですら、60万円~70万円以下にさがらない現状があるとおもいますが、ああいった、下限があるのも、おそらくこのような、既存ホルダー達のサポートがあるのだと、私は見ています。

当面は5satが、GEEKの下限だと思って、投資をしていい気がしてきましたね。

 

GEEKCashはこれからですよ マジで でも、本気では信じないでくださいね

昨日、GEEKCashの話題で、「3satで売られて、ひでーめにあってる」っていうホルダー、マイナーの書き込みをご紹介させていただきましたが、このGeeKCashは、

新しい仮想通貨取引所である、Aiodexの取引通貨

として、使うことが、強制的に決まっております(関連プロジェクトですからね・・・)

ので、GEEKは、まだまだ、これからのよい仮想通貨なんだと、私は思っていますし、このように紹介記事も書いています。

https://aiodex.com/

また、GEEK以外にも当然のごとく、BTC, USDT, ETHが取引通貨になるようです。

つまりは、仮想通貨取引所CBのSMARTのような感じでしょうか。バイナンスであれば、BNB。graviexであればGIO。取引のペアです。

どういう話でしたっけ? 唐突にもほどがある? だから、GEEKはね!!

いやいや、ここまで読んで、わかる人には、それ以上言う必要はないとおもいますが、取引で使うということは、使い道がある通貨ということで、過去の例を見ると一歩先んじることが多いのです。

バイナンスのBNBなんて、憧れますよね!!昨年は、こんなでしたよ

昨年、どんだけBNBが上昇したんでしょうね!!って話です。そんな道筋の途中にあるGEEKに、期待しない人はいないのではないか。という話なんです。

確かに、去年は、異常なバブルだったのかもしれません・・・そして、もうやってこない???

また、GeeKCashの開発元は、どうやらヨーロッパのようなんですね。(これまでDiscordを読んできての私の感覚的な認識なので、間違っていたらごめんなさい。)

これまでもアジアは仮想通貨のメッカ的に盛り上がってきましたが、ヨーロッパはまだまだこれからのような気がしているので、そういった点でも、GEEKを私は注目して見ていました。

また、GEEKは言葉の通り、洗練された技術集団のようで、これまであまり宣伝をしてきていません。細々とやってきました。もう、宣伝しなくて、やきもきしちゃうくらいでした。

しかし、ここからPR活動が予定されています。

そのPRの本格化がこれからなのです。

詳しくは、サイトのロードマップを読んでみてください。

皆さん、気づいてますか???

2018年のQ3~Q4で、変わっていく、そのに、GEEKCashも取引所AIODEXもあるんですよ。今日は、9月26日ではないですか・・・チャンスかもしれませんよ。

この記事を読んで、ちょっとでも、興味を持たれた方がいたら幸いです。

GEEKをどうやって手に入れるのか?

現時点でGEEKを手に入れる手段は2つあります。

マイニングもしくは、AIODEXで買うの2つです。

また、AIODEXもしくはマイニングで手に入れれば、マスターノード報酬として増やすことができます。

手順は、当サイトでも書いている通りです。

マイニングをする場合は、GTX1080Tiで、1時間に100~200枚くらいは掘れてる気がします。ですが、マイニングやるには、知識と機材が必要です。

AIODEXで買う場合は、現在0.00000007BTCで売られていますから、1万枚でも、0.0007BTC、つまり現時点では500円程度の出資でマスターノード運営を開始できます。もっとも、上昇を期待するなら、買うだけでもいい気もします。

次のリンクで、買いたい方はいってください。

https://aiodex.com/

ただ、昨日から売り注文が急激に増えることがない現状を見ると、どこかで買われ値上がるかもしれませんので、急いだほうがいい気もします。BTCの送金は遅すぎですし・・・

ネクストアクションにも注目してください

また、取引所AIODEXに関しては、現在GEEK-BTCのペアしか取引できない、ベータテストの状態ですが、次の日程が大事です。

9月30日には、AEG
10月3日には、META
10月6日には、LPC
10月9日には、MMO
10月10日には、TRTT
10月11日には、XSN
10月12日には、NORT
10月13日には、SCC
・・・

続々と、仮想通貨取引が開始され、取引所としての本格稼働が始まってしまいます

来月には、はじまっちゃうんですよー。

ということで、まったくもって信じては欲しくないですが、私は、そう思い込んでいますので、来月GEEKがどうなるか楽しみでいます。

人気に火が付いたら、マイニングも、マスターノードも報酬下がってしまいますが、人気に火が付かなければ、そのままです。

信じる信じないはあなた次第でございます。

完全なGEEKCashの宣伝記事になってしまいましたが、ホルダーであり、マイナーであるため、お許しください。

「めでてーな!お前は、自滅してるんだぜ」新しい仮想通貨GeeKCash

昨日から記事に書いております通り、新しい仮想通貨GEEKCashの取引所ので取引が開始されました。

Aiodexという取引所ですね。現在は無料で登録できます。

コミュニティの話を読んでいると、これまでの期待では、1枚当たり、30sat(0.00000030BTC)くらいにはなるんじゃないかと私は思っていたわけですが、1000sat(0.00001000BTC)にはなると思っていた人もいて、現在のトレード価格で、やきもきしている人がふえているようです。

なんといっても、現在の価格は、8sat(0.00000008BTC)ですし、
先ほど私は、3satでも買ってますから、現実問題、投げ売り状態です。

そんななかで、Discordに下記のような投稿がありました。

最後のナイフと、赤字のバツ印がなんとも、自殺を思い起こさせます。

自滅したのか?

おまえら、GeekCashは、「ふぁんたすてぃっく」じゃなかったのか?

なにやってんだ?

やすくうりたいのか?ごみみたいにか?

てめえの銭をばらまきやがって、おめでてーよな?

Geekは取り引きの基軸通貨になるんじゃなかったんだっけ?

投票やソーシャルネットワーク、決済につかうんじゃなかったんだっけ?

いいだろう やすくうっちまえ、おめえ自分傷づけておめでてーな。

どうやら、やけになっているご様子です。こういう時は、マイナスに考えるべきではないと私は思います。安く、ゴミみたいに売られているなら、その値段で買ってしまえばいいと思ってます。

Discordを見ていると、このように価格が安くなると、なんで売るの?という投稿をする人が、多いわけですが、本当に安い、うるべきではない、そう思うのなら、安いのだから私は買うべきだと思うのです。

もし、買えないのでしたら、自分も期待していない通貨であるとも言えます。

私は、GEEKには期待していますので、安くなったところで、買いを入れるようにしています。1satで、買えたらとてもラッキーです。

GEEKを発行して、取引所まで作り始めてるプロジェクトですからね。時間はかかるかと思いますが、当然化けるでしょうと、私は思っています。

もちろん、これは私が思っているだけです。投資は自己判断でお願いします。

私は、世界で5番目に新しい仮想通貨「GEEK」を買った人物になれました!

新しい仮想通貨「GEEKCash」と、その関連プロジェクトとなる新しい仮想通貨の取引所「Aiodex」があります。

https://geekcash.org/

https://aiodex.com/

当サイトは、この2つのプロジェクトをリリース当時から追っかけてきているのですが、昨日、見事に新しい取引所「Aiodex」がベータ版リリースとなりました。

おめでとうございます。心より御礼申し上げます。
元金融機関のプログラマーが、参画しているらしく、さすが伊達じゃありませんね。

ということで、GEEKとBTCでの取引が開始されています。繋がらない、オープンの時間が明確じゃなかったなど、トラブルは、ちょこちょこありますが、無事稼働しております。

で、実際の取引の方ですが、しばらくは、取引手数料が無料ということで、完全手数料無料の取引が可能です。

というところで、思いついたのですが。

新しい取引所で、関係者は◎GEEK関係者のみということは、ビットコインを入金するやつなんてほとんどいないだろう

つまり、GEEKが飽和状態が続くだろう。

GEEKの売りしかない状態がしばらく続くだろう。

というところ。

で、じゃあ逆に、買ってやろうと思うのが、当サイトの考え方です。

で、買っている人を実際みてみたのですが、その時点では、2つほど取引が行われていました。

ということで、私が、世界で3番目のGEEK購入者になってやろう!!とBTCを送金したんですが、送金手続きをしたのが朝の3時。1時間経っても、ビットコインが承認されないので。。。遅すぎです。。。

遅すぎて、寝てしまいました。

というところで、先ほど、起きたところ。無事にビットコインの送金ができていました。

で、すぐさまにGEEKを買ってみました。

証拠のスクショはこちら。

どうですから、どうやら私は、世界で3番目にではなく

めでたく、
世界で5番目にGEEKを買った人物
になれました。

これから、買い手がどんどん増えて、このGEEKが倍以上の値段で売れることを、期待して、しばらく待とうと思います。

といっても、テストの1万GEEK。

価格は1GEEK=0.00000005BTC (5sat)

1万で、10k=0.0005 BTC

日本円にして、350円程度でしょうかね。

もちろん、私が5番目に買ったということは、対岸には、世界で5番目にGEEKを売った人物がいるわけです。

どうせなら、世界で3番目になりたかった。いや、むしろ、世界で最初にGEEKを売った人になりたかったです。

これから、化けることを期待して、今回の記事を終わります。

お読みいただき誠にありがとうございました。

【GeekCash】始まったばかりの通貨のマスターノード報酬はザクザクといただける

新しい仮想通貨:GeekCash
報酬:マイニング+マスターノード
取引所:未上場(2018年9月23日前後)

新しい仮想通貨であるGeekCashは、まもなく取引所に上場するというタイミングですが、マイニングのみだった時期がおわり、マイニング+マスターノード報酬の期間が始まっています。

マイニングの話をこのブログでも取り上げたことがありますが、枚数が稼げる通貨としてお知らせしてきたかと思います。

GPUマイニングであれば、1時間に300枚程度まで稼げ、1日で10000枚近くまで稼げていた計算です。

そんな枚数が稼げるGeekCashでございますが、マスターノード報酬はどうかというところで、本日の記事を書いています。

MN報酬の状況としては、1日に1回、430Geekから毎日約2.3Geek減少というところでしょうか。

初日は、430枚、次の日は427枚、、、と減ってますね

この枚数が多いか少ないかについては、微妙ですが、

年間1500円程度のVPSで430枚
50万円程度のマシンで10000枚

と仮定すると、現時点のマスターノード報酬はかなりよい状況にあると言えそうです。ただ、毎日2.3Geek減少ですから、この期間は長く続かないでしょう。

取引所の価格予測

1 geek= 30 satoshi

1M = 0.3BTC

という売り注文がGeekCashのコミュニティで飛んでいたりします。ただ、これは売り手の提示価格なので、半分だと見積もってみると

15Sat

1M=0.15BTC

になるわけですね。この価格で430枚を計算すると、1BTC=70万円と仮定して、毎日45円程度になるということになります。毎日45円、月1,350円となります。

月約1350円(収入) – 月約200円(VPS費用) = 1,150円(利益)

というのが、あくまでも予想ですが、見えてきます。ただ、設定の作業時間を考えると、10分から20分かかりますから、これを時給で考えると、商売になるところまではきていないという感じでしょうか。

やはり、価格が上昇しないと、大きな利益とはならない、現状が見えてはきます。ただし、これは、私が、控えめに見積もった状況での話です。

GeekCashの開発およびコミュニティメンバーは、比較的多い印象があります。それが、正しければ、今後何かのブレークスルーにより、人気に火が付き、10倍や100倍の可能性が無きにしもあらずです。

冒険される方にとっては、やはり面白い通貨の一つかと思います。

https://geekcash.org/